フレンチ

2012年12月25日 (火)

男のご飯−1335

今日はクリスマスでフレンチ、先ずは魚介ののマリネ、貝柱をスモークサーモンと生ハムで巻いてイクラとウニにレモンをトッピングしてベビーリーフを飾りブラックペッパーを振り掛けていただく。スモークサーモンと生ハムの塩気にレモンの酸味が一体となって滅茶旨い。次はパンプキンのポタージュ、コンソメ・ガーリック・白ワインと塩胡椒でじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。甘くてクリーミーで美味しい。三品目はラムチョップのガーリックバター、塩胡椒・ガーリック・タイムとローズマリーを振り掛けてソテーして人参・パプリカとベビーリーフを飾りバター・ガーリック・パセリ・白ワイン・生クリームと塩胡椒で仕上げたガーリックバターをたっぷり塗ってレモンを搾っていただく。ラムはコンガリと香ばしくてジューシーでガーリックバターが利いてほんまに旨い。四品目は鯛のアクアパッツァ、鯛は塩胡椒・ガーリック・タイム・オレガノを振り掛けて焼き目を付け玉ネギ・人参・セロリ・茸・カボチャ・パプリカ・ピーマン・インゲンとアサリを加えてたっぷりの白ワイン・オレガノとブイヨン・塩胡椒でじっくり煮込みベビーリーフで彩りレモンをたっぷり搾っていただく。鯛は身離れも良くホク々で大変美味しーではおまへんか。最後はオマール海老のクリームソース、活け々のオマールは丸まま真っ二つに開いて玉ネギ・ニンニクとバターで軽く焼き目を付けアサリ・カボチャ・ピーマン・パプリカ・コーン・セロリと茸を加え、白ワイン・コンソメ・タイム・ミルクと塩胡椒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げレモンを搾っていただく。身はプリ々でクリーミーなクリームソースが良いあんばいでバケットに染み込んだソースがこれまた旨ーい。今日の〆のデザートは手作りのクリスマスケーキとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、魚介ののマリネ

2、パンプキンのポタージュ

3、ラムチョップのガーリックバター

4、鯛のアクアパッツァ

5、オマール海老のクリームソース

6、手作りのクリスマスケーキとコーヒー


Img_158312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

男のご飯−1334

今日はフレンチ。先ずはスモークサーモンのマリネ、脂のしっかり乗ったサーモンを薄切りにして花びら状の盛りベビーリーフとオニオンとレモンを添えブラックペッパーを振り掛けワインビネガーとオリーブオイルをほんの少し垂らしていただく。いきなりスタートが掛かって美味しい。次はほうれん草のクリームスープ、コンソメ・白ワイン・ガーリックと塩胡椒で煮込んでミキサーに掛けてたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ポパイのように力盛り々で旨い。三品目はローストチキン、骨付きのもも肉に塩胡椒・ガーリック・タイムとローズマリーを振り掛けてじっくりソテーして白ワインと蜂蜜で煮込んだコンポートを添えベビーリーフにレモンを搾っていただく。チキンは身離れも良くボリュームもありジューシーでコンポートの甘さがバッチし決まって鳥肌が立つ位美味しい。四品目はラムロースのマスカルポーネソース、ラムは塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてポワレにしカリ々の蓮根とカボチャ・人参にイタリアンパセリを添え、マスカルポーネ・白ワイン・生クリームと塩胡椒で仕上げたソースをたっぷりかけレモンを搾っていただく。只一言旨ーい。最後はマカロニグラタン、バター・ガーリックと塩胡椒でオニオン・マッシュルームパプリカ・ピーマンとほうれん草を炒めてアボガドに湯がいたマカロニを加え、ベシャメルソース・生クリームとたっぷりのチーズで焼きブラックペッパー・パプリカとバジルを振り掛けていただく。ボリュームもたっぷりで仕上げには言うこと無く美味しーい。今日の〆のデザートは特大苺とコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、スモークサーモンのマリネ、

2、ほうれん草のクリームスープ

3、ローストチキン

4、ラムロースのマスカルポーネソース

5、マカロニグラタン

6、特大苺とコーヒー


Img_155712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

男のご飯−1332

今日はフレンチ。先ずは赤海老のマスカルポーネソース、超シンプルに塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてバターでソテーして白ワインで軽く蒸しレモンをたっぷり搾ってマスカルポーネ・生クリームと塩胡椒で仕上げたソースでいただく。香ばしい海老とクリーミーなマスカルポーネがバッチしあってシンプルイズベストで美味しい。次は栗のクリームスープ、コンソメ・白ワイン・ミルクと塩胡椒で煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。甘くて栗ーミーで旨い。三品目は牛フィレの胡椒焼き、塩胡椒とガーリックにたっぷりのブラックペッパーをまぶしてグリエにし玉ネギ・ピーマン・パプリカ・茸とパセリを添えレモンを搾って再度マスカルポーネのソースでいただく。ミディアムなお肉はとても柔らかくてジューシーでブラックペッパーの辛さも良いあんばいで肉らしい位美味しーい。四品目は手羽先のワイン煮込み、塩胡椒・ガーリック・タイムとローリエで軽く焼き目を付け圧力鍋で玉ネギ・人参・セロリ・カボチャ・茸と一緒に白ワイン・赤ワイン・ブイヨンと塩胡椒で煮込みパセリを添えてレモンを搾っていただく。羽ばたきたくなる位とロットロでワインのソースがしっかり染み込んで笑ける位旨ーい。最後はキルシュブロートのオープンサンド、ホールトマト・オニオン・ピーマン・パプリカ・茸・トマトと生ハムにたっぷりのチーズで焼きパプリカ・ブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。只一言美味しい。今日の〆のデザートは超々熟れ々のメロンとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、赤海老のマスカルポーネソース

2、栗のクリームスープ

3、牛フィレの胡椒焼き

4、手羽先のワイン煮込み

5、キルシュブロートのオープンサンド

6、メロンとコーヒー


Img_147212_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

男のご飯−1325

今日はフレンチ。先ずは生ハムマスカルポーネのサラダ、シンプルにマスカルポーネを生ハムで巻いてベビーリーフとトマトにイクラを散らしレモンを搾っていただく。マスカルポーネと生ハムにイクラがバッチし合って美味しい。次はオニオンスープ、オニオン・ニンニク・茸・ブロッコリー・セロリとベーコンを軽くいためてコンソメと白ワインで煮込みブラックペッパーとパセリを振り掛けクラッカーを割り入れていただく。クラッカーにコンソメが良いあんばいに染み込んでオニオンもトロ々で温かくて旨い。三品目はラムロースとブルーチーズのポワレ、ラムは塩胡椒・ガーリック・ローズマリーでポワレにしてブルーチーズを乗せて仕上げカボチャ・人参・パプリカとベビーリーフで彩りレモンを搾っていただく。ラムの柔らかくてジューシーな中に濃厚なブルーチーズの風味が加わって文句なく美味しい。四品目はズッパディペッシェ、アーリオーリオで海老・アサリ・蛤・イカ・鯛に茸とセロリを加え白ワイン・ブイヨン・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で煮込みベビーリーフを散しレモンをたっぷり搾っていただく。海の幸の香りがトマトスープに溶け込んで魚貝が旬鮮で旨ーい。最後はマカロニグラタン、玉ネギ・ニンニク・セロリ・ピーマン・パプリカ・茸・カボチャとパンチェッタを軽く炒め、アルデンテのマカロニとベシャメルソースを加えたっぷりのチーズで焼き上げパプリカ・ブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。コンガリトロ々でマカロニの歯応えの良い食感もバッチし決まって仕上げには言うこと無く美味しーい。今日の〆のデザートはレモンケーキとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムマスカルポーネのサラダ

2、オニオンスープ

3、ラムロースとブルーチーズのポワレ

4、ズッパディペッシェ

5、マカロニグラタン

6、レモンケーキとコーヒー


Img_108112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

男のご飯−1323

今日はフレンチ。先ずは牡蠣のポワレ、シンプルに大粒の牡蠣に塩胡椒・ガーリック・タイムと小麦粉をまぶしてバターでポワレにしレモンをたっぷり搾っていただく。大きくて食べ応えがあってプリン々で美味しい。次はオニオンスープ、これもシンプルにオニオンとニンニクをソテーしてコンソメ・白ワイン・タイムと塩胡椒で仕上げてバケットを浸してブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。オニオンは蕩けて麩化したバケットはフワ々で寒い日には暖かくて旨い。三品目は黒毛和牛のソテー、これまたシンプルに塩胡椒とガーリックだけで超レアーにソテーし焼き人参・パプリカ・ベビーリーフとチャービルを添えてライムを搾りブラックペッパーと岩塩でいただく。ただ一言美味しーい。四品目は鰤のラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリック・オレガノ・タイムと小麦粉をまぶして軽く焼き目をつけ玉ネギ・人参・茸・カボチャ・ズッキーニ・ピーマン・パプリカ・セロリと一緒に、ブイヨン・赤白ワイン・ホールトマト・ガーリック・オレガノと塩胡椒でじっくり煮込んでチャービルを添えレモンを搾っていただく。脂の乗りと言い柔らかさと言いトマトの酸味とバッチし決まって鰤の上を行くだけあって旨ーい。最後はバケットのオープンサンド、バケットの上にピザソース・オニオン・ピーマン・パプリカ・茸・ケッパー・サラミ・オイルサーデンとたっぷりのチーズで焼きベビーリーフを散しブラックペッパー・パプリカとバジルを振り掛けていただく。カリトロモッチリで仕上げには申し分無く美味しい。今日の〆のデザートはロイヤルタッチのカップケーキとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、牡蠣のポワレ

2、オニオンスープ

3、黒毛和牛のソテー

4、鰤のラタトゥイユ煮込み

5、バケットのオープンサンド

6、ロイヤルタッチのカップケーキとコーヒー


Img_057412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

男のご飯−1320

今日はフレンチ。先ずは生ハムと苺とラ・フランスのサラダ、超シンプルに熟れ々の苺とラ・フランスを生ハムで巻いてブラックペッパーを振り掛けチャービルを飾っていただく。果物の甘さが生ハムの塩気で際立ってシンプルイズベストで旨い。次はパンプキンのクリームスープ、コンソメ・白ワイン・タイムと塩胡椒でじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。これがまたクリーミーで温まって美味しい。三品目は鰤のラタトゥイユ煮込み、鰤は塩胡椒・タイム・玉ネギとニンニクで炒めカボチャ・人参・セロリ・ズッキーニ・茸を加え、白ワイン・ホールトマト・オレガノと塩胡椒でじっくり煮込んでチャービルを添えレモンを搾っていただく。鰤は脂乗り々で甘くトマトの酸味とマッチして鰤々言わしたくなる位旨い。四品目はイベリコ豚のブルーチーズ風味、イベリコ豚は塩胡椒・ガーリックとローズマリーでポワレにしてブルーチーズを乗せカボチャ・人参・パプリカとチャービルを添えレモンを搾っていただく。餅々でジューシーなイベリコ豚とブルーチーズがバッチしマッチして豚れる位美味しーい。最後は魚貝のマカロニグラタン、玉ネギ・茸・ピーマン・パプリカに海老とアサリを加えて炒めマカロニ・ベシャメルソースと一緒にたっぷりのチーズで焼いてパプリカ・ブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。ただ一言旨ーい。今日の〆のデザートはフルーツミックスとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムと苺とラ・フランスのサラダ

2、パンプキンのクリームスープ

3、鰤のラタトゥイユ煮込み

4、イベリコ豚のブルーチーズ風味

5、魚貝のマカロニグラタン

6、フルーツミックスとコーヒー


Img_075912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

男のご飯−1317

今日はフレンチ。先ずは生ハムと牡蠣のムニエル、大粒の牡蠣に塩胡椒・ガーリック・タイム・塩胡椒と小麦粉をまぶしてバターでソテーし、生ハムで巻いてイクラとチャービルを乗せブラックペッパーを振り掛けていただく。香ばしいプリ々牡蠣と塩気の利いた生ハムとイクラが決まって滅茶旨い。次はパンプキンのポタージュ、コンソメ・白ワイン・ガーリック・タイムと塩胡椒でじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ポタ々でクリーミーで温かくて美味しい。三品目はチヌのラタトゥイユ煮込み、チヌは塩胡椒・ガーリック・タイムとオレガノで焼き目を付け玉ネギ・セロリ・人参・茸・カボチャ・ズッキーニとパプリカを加え白ワイン・ブイヨン・ホールトマトと塩胡椒にオレガノを利かせてじっくり煮込みチャービルで彩りレモンを搾っていただく。チヌは身離れも良くホク々で程よい酸味の利いたたっぷりのラタトゥイユとソースで鯛へん美味しゅうございます。四品目は黒毛和牛のフィレのポワレ、シンプルに塩胡椒をしてソテーしブランデーでフランベして人参・パプリカにアジアンレッドマスタードとチャービルを添えレモンを搾り岩塩でいただく。超レアーで超ジューシーな牛フィレはシンプルイズベストが何より旨ーい。最後はキルシュブロートのオープンサンド、ホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・茸・ピーマン・パプリカ・ズッキーニ・アボガド・パンチェッタとチーズでで焼いてパプリカとブラックペッパーを振り掛けていただく。カリッと餅々で何てったってパンチェッタって旨ーい。今日の〆のデザートはシュトーレンとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムと牡蠣のムニエル

2、パンプキンのポタージュ

3、チヌのラタトゥイユ煮込み

4、黒毛和牛のフィレのポワレ

5、キルシュブロートのオープンサンド

6、シュトーレンとコーヒー


Img_056812_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

男のご飯−1312

今日はフレンチ。先ずはパンチェッタと柿のサラダ、シンプルに熟れ々の柿を花びら状に盛ってパンチェッタを乗せてチャービルを飾りレモンを搾っていただく。柿の甘さとパンチェッタの塩気がマッチしてスタートには申し分無く美味しい。次はアホスープ、スペインの家庭料理ニンニクのスープにショウガをたっぷり入れコンソメ・白ワイン・タイムと塩胡椒で煮込みバケットを浮かせブラックペッパーを振り掛けていただく。ニンニクにたっぷりの生姜が加わって寒い冬には温まって滅茶旨い。三品目はラムロースとブルーチーズのポワレ、ラムは塩胡椒とタイムを振り掛けてニンニクと白ワインでポワレにしブルーチーズとニンニクを乗せ人参と栗にチャービルを添えてレモンを搾っていただく。ラムロースはとても柔らかくてジューシーでブルーチーズの風味が活きて美味しーい。四品目はオマール海老のクリームソース、オマール海老は丁寧に尾の身を取り出して頭は真っ二つに切りニンニク・エシャロットでソテーしてパプリカ・茸・パプリカ・ズッキーニを加えブイヨン・白ワイン・タイムと塩胡椒で煮込みたっぷりの生クリームで仕上げチャービルを飾りレモンを搾っていただく。身はプリ々でエビの香ばしさがでた超クリーミーなソースが絶妙で見た目のように万歳したくなる位旨ーい。最後はキルシュブリューテのオープンサンド、厚めに切ってホールトマトをたっぷり塗りオニオン・マッシュルーム・ピーマン・パプリカ・アボガド・生ハムとモッツァレラで焼きブラックペッパーとパプリカを振り掛けベビーリーフをトッピングしていただく。仕上げには言うこと無く丁度いいボリュームで美味しい。今日の〆のデザートは熟れ柿と栗にコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、パンチェッタと柿のサラダ

2、アホスープ

3、ラムロースとブルーチーズのポワレ

4、オマール海老のクリームソース

5、キルシュブリューテのオープンサンド

6、熟れ柿と栗にコーヒー


Img_042212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

男のご飯−1308

今日はフレンチ。先ずは生ハムロティ松茸、超シンプルに松茸を厚めにスライスして焙り焼きにし生ハムとベビーリーフを乗せレモンを搾ってブラックペッパーとオリーブオイルでいただく。身がしっかり詰まったショキ々の焼き松茸と生ハムがバッチし決まってメチャ旨い。次はキャロットのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。急に冷え込んだこの時期には温かくてクリーミーで美味しい。三品目は名古屋コーチンのポワレ、塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶしてオリーブオイルと白ワインでポワレにしヴァプールした人参・ブロッコリー・パプリカとレッドマスタードを添えレモンをたっぷり搾っていただく。皮はカリッと身は超ジューシーで言う事無く旨い。四品目は鰤カマのムニエル、脂の乗った鰤カマに塩胡椒・ガーリック・ローズマリーの葉と小麦粉を軽く振ってバターでソテーし焼き汁に白ワイン・バターと塩胡椒をしてエシャロット・しめじ・人参で仕上げたソースをたっぷり掛けベビーリーフとトマトを添えレモンを搾っていただく。鰤々食べてる時はカマわんとってと言いたくなる位脂ノリ々で美味しーい。最後はディンケルブロートのオープンサンド、ホールトマト・オニオン・マッシュルーム・セロリ・パプリカ・ピーマンとたっぷりのチーズで焼いて生ハムとベビーリーフをトッピングしブラックペッパーとパプリカを振り掛けていただく。ボリュームも丁度良い感じで仕上げには申し分無く旨ーい。今日の〆のデザートはカヌレとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムロティ松茸

2、キャロットのクリームスープ

3、名古屋コーチンのポワレ

4、鰤カマのムニエル

5、ディンケルブロートのオープンサンド

6、カヌレとコーヒー


Img_84142_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

男のご飯−1304

今日はフレンチ。先ずは生ハムとアスパラとクリームチーズのサラダ、シンプルに白ワインで蒸したアスパラガスに生ハムとクリームチーズを乗せてチャービルを飾りブラックペッパーと岩塩でいただく。柔らかくて甘いアスパラと生ハムの塩気にクリームチーズが相まって滅茶旨い。次はアスパラガスのポタージュ、コンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。美味しいとしか言いようが無い。三品目はラムロースのポワレバルサミコソース、塩胡椒・ガーリックとミックスハーブでポワレにしてカボチャ・人参・パプリカ・茸とチャービルを添え、肉汁にバター・赤ワイン・バルサミコと塩胡椒で煮詰めたソースでいただく。お肉はとても柔らかくてジューシーでバルサミコの酸味がバッチし決まって旨ーい。四品目は牡蠣のベニエ香草風味、牡蠣は片栗粉で滑りを取って小麦粉・卵白・ミックスハーブをまぶしてバターでソテーし焼き栗・パプリカ・ブロッコリー・プチトマトとレッドマスタードを添えレモンをたっぷり搾っていただく。牡蠣の衣はカリッと身はプリップリで香ばしいバターと香草の風味良いあんばいでこの時期の牡蠣は文句無く美味しーい。最後はバケットのオープンサンド、二つ割りしたバケットにホールトマト・オニオン・マッシュルーム・ピーマン・パプリカ・サラミとたっぷりのチーズで焼いてブラックペッパーとパプリカを振り掛けていただく。カリトロ餅々で仕上げは丁度良いボリューム感で旨い。今日の〆のデザートは梨とコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムとアスパラとクリームチーズのサラダ

2、アスパラガスのポタージュ

3、ラムロースのポワレバルサミコソース

4、牡蠣のベニエ香草風味

5、バケットのオープンサンド

6、梨とコーヒー


2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧