« 男のご飯−1295 | トップページ | 男のご飯−1297 »

2012年10月18日 (木)

男のご飯−1296

今日はイタリアン。先ずは生ハム苺、只ただイチゴを生ハムで巻いてベビーリーフを散らしブラックペッパーを振り掛けていただく。甘さと塩気が丁度良い具合でシンプルイズベストで旨い。次はパンプキンのクリームスープ、ブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けてたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。トロミとクリーミーさが相まってこれがまた美味しい。三品目はラムロースのガーリックソテー、これもシンプルに塩胡椒とタイムを振り掛けオリーブオイルでニンニクと一緒にソテーして白ワインで蒸し上げカボチャ・人参・ブロッコリーとチャービルを添えてレモンを搾りニンニクと一緒にいただく。とても柔らかなラムがホク々のニンニクとマッチして言う事無く旨い。四品目は地鶏のサルティンボッカ、胸肉に塩胡椒・ガーリック・ローリエ・タイムの葉で生ハムと一緒にソテーしてパルミジャーノをたっぷり削り掛けベビーリーフとトマトを添えレモンをたっぷり搾っていただく。生ハムとパルミジャーノとバジルの葉が絡まったチキンにレモンの酸味が加わって鳥肌が立つ位美味しーい。最後はベーコンとトマトのペペロンチーノ、アーリオーリオでベーコンを炒めてホールトマト・オレガノ・パルミジャーノ・塩胡椒とバジルの葉で仕上げたソースを超アルデンテのリングイネに絡めパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。味もボリュームも満点で仕上げには申し分無く旨ーい。今日の〆のデザートは苺とバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハム苺

2、パンプキンのクリームスープ

3、ラムロースのガーリックソテー

4、地鶏のサルティンボッカ

5、ベーコンとトマトのペペロンチーノ

6、苺とバニラのアイスクリームにコーヒー


10162

|

« 男のご飯−1295 | トップページ | 男のご飯−1297 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1296:

« 男のご飯−1295 | トップページ | 男のご飯−1297 »