« 男のご飯−1294 | トップページ | 男のご飯−1296 »

2012年10月16日 (火)

男のご飯−1295

今日はフレンチ。先ずは赤海老とウニのマリネ、赤海老は塩胡椒・ガーリック・タイムとバターでポワレにし肉汁に腸・エシャロット・セロリ・人参・アボがドと白ワイン・生クリーム・レモン汁と塩胡椒のマリネソースで和えウニとイクラにチャービルを飾りレモンと一緒にいただく。プリ々の身が腸の利いたソースと相まってスタートには申し分無く美味しい。次はパンプキンのポタージュ、シンプルにコンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。旨いとしか言いようがない。三品目は黒毛和牛のフォアグラソース、シンプルに牛フィレは塩胡椒とニンニクでレアーにグリエして強力粉・ガーリック・ワインビネガーとバターで仕上げたフォアグラソースを掛けて人参・里芋・パプリカとベビーリーフを添えレモンを搾っていただく。ただ一言美味しーい。四品目は鮪の香草焼き、赤身の鮪は塩胡椒をして溶き卵に潜らせガーリック・パセリ・パン粉をしっかりつけてソテーし焼きニンニク・カボチャ・人参・トマトにチャービルを飾り、白ワイン・バルサミコ・生クリーム・マヨネースと塩胡椒のソースでいただく。カリ々の香草の利いた衣をまとったホク々の鮪が程よい酸味のソースと相まって滅茶苦茶旨ーい。最後はチキンのオープントースト、イギリスパンにホールトマトをたっぷり塗りオニオン・ピーマン・パプリカ・茸・トマトとたっぷりのチーズで焼いてブラックペッパーとパプリカにバジルを振り掛けてレモンを搾ってジャガ芋と一緒にいただく。仕上げにはボリュームも満点でカリトロ餅々で美味しい。今日の〆のデザートはラ・フランスとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、赤海老とウニのマリネ

2、パンプキンのポタージュ

3、黒毛和牛のフォアグラソース

4、鮪の香草焼き

5、チキンのオープントースト

6、ラ・フランスとコーヒー


2_2

|

« 男のご飯−1294 | トップページ | 男のご飯−1296 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1295:

« 男のご飯−1294 | トップページ | 男のご飯−1296 »