« 男のご飯−1290 | トップページ | 男のご飯−1292 »

2012年10月 7日 (日)

男のご飯−1291

今日はフレンチ。先ずは生ハムピーチ、シンプルに熟れ々のピーチを生ハムで巻いてレモンとチャービルを添えブラックペッパーを振り掛けていただく。ピーチ々チャプ々ランランランて浮かれる位美味しい。次はトマトの冷静スープ、これもまた超シンプルに完熟トマトと玉ネギ・セロリ・キューリに生クリームとブイヨンでミキサーに掛けチャービルを浮かしブラックペッパーを振り掛けていただく。トマトの酸味と生クリームの配合が絶妙で色鮮やかで美味しい。三品目は戻り鰹のパン粉揚げ、塩胡椒・ガーリック・ミックスハーブを振り掛け小麦粉・溶き卵・パセリとガーリックを加えたパン粉で揚げ、カボチャ・人参・トマトとチャービルを添えてレモンを搾り焼きニンニクと一緒にいただく。戻り鰹の脂の乗りと焼きニンニクがバッチしあって香ばしくて位旨ーい。四品目は若鶏のソテー香草風味、胸肉に塩胡椒・ガーリック・タイムとローズマリーの葉でソテーして白ワインで軽く蒸し上げパルミジャーノをたっぷり削り掛けてレモンを搾りベビーリーフ・ブロッコリーと一緒にいただく。お肉は超ジューシーでローズマリーとパルミジャーノの何とも言えないコラボレーションが鳥肌が立つ位美味しーい。最後はバケットのオープンサンド、バケットにエスカルゴバターとホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピーマン・パプリカ・茸・セロリ・ブロッコリー・バジルの葉とモッツァレラで焼いてパプリカとブラックペッパーを振り掛けていただく。カリ々餅々トロ々で仕上げには言う事無く旨い。今日の〆のデザートは久しぶりのロールケーキとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムピーチ

2、トマトの冷静スープ

3、戻り鰹のパン粉揚げ

4、若鶏のソテー香草風味

5、バケットのオープンサンド

6、ロールケーキとコーヒー


2

|

« 男のご飯−1290 | トップページ | 男のご飯−1292 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1291:

« 男のご飯−1290 | トップページ | 男のご飯−1292 »