« 男のご飯−1288 | トップページ | 男のご飯−1290 »

2012年10月 5日 (金)

男のご飯−1289

今日は創作中華料理。先ずは戻り鰹の皇帝風サラダ、たっぷりのパクチー・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカにミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。戻り鰹は脂もしっかり乗っていてスタートには言う事無く美味しい。次はサンラータンのワンタンスープ、筍・しめじ・木耳・人参・セロリと合い挽きを包んだワンタンと一緒に鶏ガラスープ・酒・ホールトマト・五香粉・ゴマ油・お酢と塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。ワンタンはトロットロで胡麻の風味とトマトとお酢の酸味が何とも言えず旨い。三品目は焼き餃子のレタス巻き、合い挽きと白菜で包んだ餃子を天使の羽をつけて焼きレタスでパクチー・キューリ・白髪ネギにテンメンジャン・コチジャンとレモンを搾っていただく。カリ々でジューシーな肉汁の餃子とパリ々のレタスが甘辛いタレとバッチしあって滅茶苦茶美味しい。四品目は中華の王道青椒肉絲、今回は餅豚の細切りに塩胡椒・ガーリック・五香粉とセモリナ粉で炒め筍・ピーマン・パプリカと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・ガーリック・オイスターソースと塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。ただ一言旨ーい。最後は活け帆立と白菜のクリーム煮、鶏ガラスープ・ガーリック・五香粉と塩胡椒で白菜とプナピーをじっくり煮込んでたっぷりの生クリームで仕上げ活け帆立とパクチーと一緒にいただく。白菜はトロ々クリーミーで活け帆立の柔らかで絶妙な甘さが帆立ってしまう位美味しーい。今日の〆のデザートはピオーネとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、戻り鰹の皇帝風サラダ

2、サンラータンのワンタンスープ

3、焼き餃子のレタス巻き

4、青椒肉絲

5、活け帆立と白菜のクリーム煮

6、ピオーネとコーヒー


10592_4

|

« 男のご飯−1288 | トップページ | 男のご飯−1290 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1289:

« 男のご飯−1288 | トップページ | 男のご飯−1290 »