« 男のご飯−1277 | トップページ | 男のご飯−1279 »

2012年9月14日 (金)

男のご飯−1278

今日はフレンチ。先ずはホワイトアスパラのパンチェッタと生ハムのサラダ、白ワインで蒸して冷やしたアスパラにパンチェッタと生ハムを乗せてチャービルを飾りブラックペッパーにレモンを搾っていただく。超柔らかいアスパラと夫々のハムがが良いあんばいにマッチしてスタートには申し分無く美味しい。次はオニオングラタンスープ、玉ネギとニンニクを炒めてコンソメ・白ワインとチーズを加えパイ生地で包んでオーブンで焼きブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。スープに蕩けたパイ生地とオニオンチーズが火傷しそうな位熱々で残暑の厳しい時でも旨い。三品目はトロサーモンのバルサミコのマリネ、たっぷりの玉ネギと赤黄パプリカをニンニクと一緒に炒め白ワイン・バルサミコ酢・コンソメ・タイムと塩胡椒で仕上げたマリネソースを、塩胡椒・ガーリックと片栗粉で揚げたトロサーモンにたっぷり掛けてイクラとチャービルをトッピングしレモンを搾っていただく。脂乗り々のトロサーモンにバルサミコの酸味が絶妙なハーモニーを演出して言う事無く美味しい。四品目は手羽元のラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリック・タイム・オレガノと玉ネギで炒めカボチャ・人参・ズッキーニ・ピーマン・パプリカ・茸とセロリを加え白ワイン・オレガノ・ホールトマトと塩胡椒で仕上げてチャービルを添えレモンを搾っていただく。手羽元は身離れも良くトマトの酸味とオレガノの風味が利いて羽ばたきたくなる位旨ーい。最後はバケットのフォカッチャ、二分割したバケットにホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピーマン・パプリカ・茸・サラミとたっぷりのモッツァレラで焼いてパプリカ・ブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。コンガリカリッと焼けたバケットにトロ々のチーズが絡んだ具と相まって仕上には言う事無く美味しーい。今日の〆のデザートはピオーネとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、ホワイトアスパラのパンチェッタと生ハムのサラダ
2、オニオングラタンスープ
3、トロサーモンのバルサミコのマリネ
4、手羽元のラタトゥイユ煮込み
5、バケットのフォカッチャ
6、ピオーネとコーヒー

9144512


|

« 男のご飯−1277 | トップページ | 男のご飯−1279 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1278:

« 男のご飯−1277 | トップページ | 男のご飯−1279 »