« 男のご飯−1278 | トップページ | 男のご飯−1280 »

2012年9月15日 (土)

男のご飯−1279

今日はイタリアン。先ずは生ハムとイチジクのサラダ、シンプルに完熟のイチジクを生ハムで巻いてベビーリーフの上に盛りレモンとトマトを添えてブラックペッパーを振り掛けていただく。イチジクがイチジュク々になって超甘く生ハムの塩気とバッチし決まって滅茶旨い。次はソーセージと野菜のコンソメスープ。玉ネギ・茸・セロリ・ブロッコリーと一緒にコンソメと白ワインで煮込んで塩胡椒で仕上クラッカーを割り入れてパルミジャーノ・ブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。コンソメスープの染み込んだクラッカーにチーズと野菜が良いあんばいに絡まって美味しい。三品目はタンシチュー、牛タンは塩胡椒・ガーリック・タイム・オレガノと強力粉をまぶして軽く炒め玉ネギ・人参・セロリ・マッシュルーム・ポルチーニ茸を加え、ブイヨン・白ワイン・赤ワイン・ホールトマト・タイム・オレガノと塩胡椒でじっくり煮込みベビーリーフで彩り生クリームを軽く回し掛けていただく。思わずしたを噛みそうな位超柔らかくてトロットロでソースもバケットで残らず平らげてしまう位旨ーい。四品目はマグロのムニエル、マグロは塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶして玉ネギと三色パプリカと一緒にたっぷりのバターでソテーしベビーリーフとチャービルを飾りレモンを搾っていただく。周りは焦しバターでカリッとして身はフワ々で言う事無く美味しい。最後は秋と来ればポルチーニ茸と栗のクリームパスタ、戻したたっぷりのポルチーニ茸と一緒にマッシュルームと栗を加え玉ネギ・ニンニクとタイムで炒め白ワイン・コンソメ・戻し汁・パルミジャーノ・生クリームと塩胡椒で煮詰めたソースを超アルデンテのフェデリーニに絡め生クリームを回し掛けパルミジャーノ・ブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ポルチーニの香りと風味にホク々した栗が加わって秋満載で滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートはイチジクとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムとイチジクのサラダ
2、ソーセージと野菜のコンソメスープ
3、タンシチュー
4、マグロのムニエル
5、ポルチーニ茸と栗のクリームパスタ
6、イチジクとコーヒー

9155212


|

« 男のご飯−1278 | トップページ | 男のご飯−1280 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1279:

« 男のご飯−1278 | トップページ | 男のご飯−1280 »