« 男のご飯−1276 | トップページ | 男のご飯−1278 »

2012年9月13日 (木)

男のご飯−1277

今日は創作日本料理。先ずはイカの唐揚げと野菜の胡麻サラダ、ミツバ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・アボガド・トマトと一緒に塩胡椒と片栗粉をまぶしてカリッと揚げたイカリングを盛ってイクラをトッピングし炒り胡麻をたっぷり掛け、白ワイン・黒酢・ブラックペッパーを利かせたマヨドレでいただく。イカはカリプリで胡麻かしようの無い位美味しい。次は焼き秋野菜と厚揚げの盛り合わせ、超シンプルに厚めに割いた松茸・満願寺唐辛子に茄子と厚揚げを網焼きにして酢橘をたっぷり搾り、松茸と満願寺唐辛子は岩塩で茄子と厚揚げは鰹節と生醤油でいただく。抜群の香りと軸のしっかりした松茸は歯応えも良くショキ々で夫々の持ち味が活きて秋満載で旨ーい。三品目は筋じゃが、黒毛和牛の筋に塩胡椒とガーリックを振り掛けて玉ねぎと一緒に軽く炒め圧力鍋に丸ままのじゃがいも・人参とこんにゃくを加え、だし・酒・蜂蜜・醤油と味醂で仕上げ、山椒の葉を飾っていただく。何時もながらお肉は超柔らかくじゃがいもはホク々で言う事無く美味しい。四品目は鶏カツの玉子綴じ、地鶏は塩胡椒・ガーリックを振り掛け手溶き卵に潜らせパン粉をしっかりつけて揚げ、だし・酒・醤油・味醂にたっぷりの溶き卵でミツバと一緒に半熟に綴じていただく。地鶏はプリ々卵はフワ々で親孝行としか言いようが無い位旨い。最後は松茸のお吸い物、超シンプルに割いた松茸を一番だし・酒・味醂と薄めの醤油で仕上げてミツバをトッピングし酢橘をたっぷり搾っていただく。松茸の香りと風味が抜群で仕上にはこの上が無い位滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートは梨とコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、イカの唐揚げと野菜の胡麻サラダ
2、焼き秋野菜と厚揚げの盛り合わせ
3、筋じゃが
4、鶏カツの玉子綴じ
5、松茸のお吸い物
6、梨とコーヒー

9134012


|

« 男のご飯−1276 | トップページ | 男のご飯−1278 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1277:

« 男のご飯−1276 | トップページ | 男のご飯−1278 »