« 男のご飯−1273 | トップページ | 男のご飯−1275 »

2012年9月 9日 (日)

男のご飯−1274

今日はフレンチ。先ずは魚貝のマリネ、玉ネギ・セロリ・ズッキーニ・茸・人参・カボチャを軽く炒め活け海老・イカ・帆立貝・アボガドを加え、クリームチーズ・ゴルゴンゾーラ・白ワイン・生クリームと塩胡椒で仕上げたマリネ液で仕上げて成形し、レモン・ブラックペッパーにイクラとチャービルをトッピングしていただく。ゴルゴンゾーラの効いたマリネ液が具沢山の素材と相まってスタートが掛かって旨い。次は枝豆のクリームスープ、超シンプルにコンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。枝豆の持ち味が生きてクリーミーで美味しい。三品目はキングサーモンのポワレ、脂のしっかり乗った腹身に塩胡椒・ガーリック・タイム・ローズマリーと小麦粉をまぶしてバターでソテーし白ワインで蒸しカボチャ・人参・パプリカ・ピーマン・セロリ・筍・ミニトマトとチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。キングらしく脂の乗りも良いあんばいで言う事無く旨い。四品目は地鶏のマスタードソース、塩胡椒・ガーリック・強力粉をまぶしてタイムの葉でソテーしカボチャ・人参・パプリカ・レモンとチャービルを添え粒マスタード・白ワイン・マヨネーズ・生クリームと塩胡椒で仕上げたソースでいただく。地鶏はホク々ジューシーでチキンとして美味しーい。最後はポークピカタ、イベリコ豚に塩胡椒・ガーリック・タイムを振り掛けたっぷりの溶き卵でで仕上げズッキーニ・人参・パプリカ・蓮根とチャービルを添えレモンを搾って特製トマトソースでバケットと一緒にいただく。お肉は卵で優しく包まれてレモンとトマトソースの酸味がバッチし決まって仕上には申し分無く旨ーい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、魚貝のマリネ
2、枝豆のクリームスープ
3、キングサーモンのポワレ
4、地鶏のマスタードソース
5、ポークピカタ
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

992112


|

« 男のご飯−1273 | トップページ | 男のご飯−1275 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1274:

« 男のご飯−1273 | トップページ | 男のご飯−1275 »