« 男のご飯−1270 | トップページ | 男のご飯−1272 »

2012年9月 6日 (木)

男のご飯−1271

今日は創作日本料理。先ずはシーチキンとコーンのサラダ、ミツバ・大葉・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・アボガド・トマトと一緒に炒り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。スタートには言う事無く美味しい。次は若鶏の黒胡椒焼き、もも肉を塩胡椒・ガーリックとブラックペッパーだけでじっくり焼き上げ千切りキャベツと獅子唐辛子を添えレモンをたっぷり搾っていただく。焼き加減は抜群で滅茶苦茶ジューシーでチキンとして旨い。三品目は天然鯛の塩麹焼き、只々シンプルに塩麹を丁寧に満遍なく塗って網焼きにし焼き獅子唐辛子と金平ごぼうを添え酢橘を搾っていただく。申し分無く鯛へん美味しゅうございます。四品目は豚の角煮、餅豚を塩胡椒とガーリックで焼き目をつけ圧力鍋で大根と一緒にだし・酒・蜂蜜と醤油でじっくり煮込み山椒の葉を飾り粒マスタードでいただく。噛む事も無い位超柔らかくてトロ々で蜂蜜の上品な甘さが良いあんばいで旨ーい。最後は具沢山の豚汁、一口大に切った餅豚と大根・人参・カボチャ・しめじ・玉ネギ・白ネギと厚揚げと一緒にだし・酒・味醂と白味噌で仕上げミツバをトッピングしていただく。残暑の暑いこんな時期でも熱々の味噌仕立ての豚汁は言う事無く美味しーい。今日の〆のデザートは巨峰とコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、シーチキンとコーンのサラダ
2、若鶏の黒胡椒焼き
3、天然鯛の塩麹焼き
4、豚の角煮
5、具沢山の豚汁
6、巨峰とコーヒー

963512


|

« 男のご飯−1270 | トップページ | 男のご飯−1272 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1271:

« 男のご飯−1270 | トップページ | 男のご飯−1272 »