« 男のご飯−1256 | トップページ | 男のご飯−1258 »

2012年8月17日 (金)

男のご飯−1257

今日はイタリアン。先ずは魚貝のマリネ、玉ネギ・カボチャ・ズッキーニ・茸・トマト・セロリ・パプリカ・ピーマンを塩胡椒・ガーリック・タイムとバターで軽く炒めて冷ましイカとトロサーモンを加え赤ワイン・クリームチーズ・ブルーチーズ・生クリームと塩胡椒でマリネにしイクラとレモンをトッピングしチャービルを飾っていただく。クリームとブルーチーズ特有の風味が全体に広がって具沢山で美味しい。次は生ワカメの冷製スープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けて人肌に冷まし白ワインにたっぷりの生クリムで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。生ワカメのネットリしたトロミに生クリームのコクが加わって口当たりが良いあんばいで旨い。三品目は生ハムと野菜のミニピザ、いつもの餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・パプリカ・茸・茄子・トマトとパルミジャーノで焼いてブラックペッパー・パプリカとバジルを振り掛けていただく。いつ食べてもカリ々・トロ々餅々で美味しい。四品目は地鶏のポアレマスタードソース、塩胡椒・ガーリック・タイムにバターに白ワインでポアレにし人参・カボチャ・パプリカにチャービルを添えレモンを搾って白ワイン・生クリーム・マヨネーズ・ワインビネガーと粒マスタードのソースでいただく。身分厚な地鶏はフックラしてジューシーでマスタードのソースで身が引き締まってチキンとして旨ーい。最後は久しぶりのイカスミのスパゲティー、玉ネギ・ニンニク・セロリ・人参と一緒に活け海老とイカを炒め白ワイン・コンソメ・ホールトマト・オレガノ・ナンプラー・塩胡椒・パルミジャーノにイカスミを加えたソースを超アルデンテのリングイネに絡め活けイカとイクラをトッピングしてチャービルで彩りパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。仕上げにはイカしてるとしか言いようが無い位お歯黒になって美味しーい。今日の〆のデザートはフルーツのババロアのヨーグルトソースとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、魚貝のマリネ
2、生ワカメの冷製スープ
3、生ハムと野菜のミニピザ
4、地鶏のポアレマスタードソース
5、イカスミのスパゲティー
6、フルーツのババロアのヨーグルトソースとコーヒー

_612


|

« 男のご飯−1256 | トップページ | 男のご飯−1258 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1257:

« 男のご飯−1256 | トップページ | 男のご飯−1258 »