« 男のご飯−1254 | トップページ | 男のご飯−1256 »

2012年8月15日 (水)

男のご飯−1255

今日は創作日本料理。先ずは鯛刺しとアボガドのサラダ、ミツバ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーを振り掛けてマヨネーズでいただく。今日も鯛へんおいしゅうございます。次はゴーヤと鰻の炒め物、ゴーヤは棒切りにして塩でしっかり揉み筍・玉ねぎ・しめじに鰻の蒲焼きと一緒に胡麻油で炒め、ミョウガを加えて蒲焼きのたれで和えいりごまをたっぷり振り掛け山椒の葉を飾っていただく。いちにい山椒にいにい山椒と思わず言いたくなる位このコンビは相性良く卵が無くてもチャンプルに勝るとは劣らすて美味しい。三品目ホッケの一夜干し、シンプルに脂乗り々のホッケをそのまま網焼きにして大葉の上に盛りミョウガと一緒に巣立ちを搾っていただく。一夜干し特有の凝縮された濃厚な旨味が増してホク々の食感が何とも言えず魚好きにはたまらなく旨い。四品目は肉じゃが、黒毛和牛のスジを塩胡椒・ガーリックと玉ねぎで軽く炒め丸ままのじゃがいも・人参・ごぼう・こんにゃくと一緒にだし・酒・砂糖・味醂・醤油と塩胡椒で圧力鍋で煮込み山椒の葉を飾っていただく。牛スジは噛む必要がない位トロットロでじゃがいもはホク々で甘さ控えめで美味しーい。最後は生わかめと京豆腐のお澄まし、シンプルに炒り粉だし・酒・醤油と味醂で京薄揚げと一緒に仕上げ刻みネギとミョウガをトッピングし酢橘を搾っていただく。生わかめは身分厚でトロ々コリ々で仕上げには申し分無くさっぱりして旨い。今日の〆のデザートはピオーネとチョコバナナにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、鯛刺しとアボガドのサラダ
2、ゴーヤと鰻の炒め物
3、ホッケの一夜干し
4、肉じゃが
5、生わかめと京豆腐のお澄まし
6、ピオーネとチョコバナナにコーヒー

Img912


|

« 男のご飯−1254 | トップページ | 男のご飯−1256 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1255:

« 男のご飯−1254 | トップページ | 男のご飯−1256 »