« 男のご飯−1249 | トップページ | 男のご飯−1251 »

2012年8月10日 (金)

男のご飯−1250

今日はフレンチ。先ずはスモークサーモンのサラダ、シンプルにベビーリーフを敷き詰めてトラウトサーモンにレモンとレーズンをトッピングしてオリーブオイルとワインビネガーにブラックペッパーを振り掛けていただく。脂の乗ったサーモンとビネガーの酸味が程よくスモーキーで美味しい。次はコーンクリームスープ、コンソメ・ガーリックと白ワインでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げて人肌に冷ましブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。コーンは甘くてクリーミーで暑い夏にはこの温度は口当たりも良く旨い。三品目は鮎のバルサミコソースのポアレ、良く育った大振りの鮎に塩胡椒・ガーリック・タイム・ローズマリーと小麦粉をまぶしてバターでカリッとソテーして白ワインで蒸してレモンの上に盛り、ミックスビーズンとベビーリーフを添え焼き汁に白ワイン・バター・バルサミコ・ガーリックと塩胡椒で仕上げたソースを掛けレモンをたっぷり搾っていただく。鮎ーオーライと聞き返したくなる位ルサミコとレモンの酸味がマッッチしてだて酢とは一味違って美味しーい。四品目はイベリコ豚のラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリック・タイムとオレガノを利かせて軽くソテーし玉ネギ・セロリ・人参・カボチャ・ズッキーニ・茸と一緒に圧力鍋で赤ワイン・ブイヨン・ガーリック・オレガノ・ホールトマトと塩胡椒で仕上げベビーリーフを添えレモンを搾っていただく。何もかもがトロットロでオレガノが利いたトマトの酸味が絶妙で蕩ける位旨ーい。最後はバケットとドイツソーセージのフォカッチャ、開いたバケットにバター・ケチャップ・オニオン・ピーマン・パプリカ・マッシュルーム・アボがド・トマト・クリームチーズとたっぷりのチーズで焼いてブラックペッパー・パプリカ・パセリ・バジルとパルミジャーノを振り掛けていただく。パキ々でジューシーなソーセージと具沢山な野菜とチーズが良いあんばいで仕上げには申し分無く美味しい。今日の〆のデザートは特大ピオーネとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、スモークサーモンのサラダ
2、コーンクリームスープ
3、鮎のバルサミコソースのポアレ
4、イベリコ豚のラタトゥイユ煮込み
5、バケットとドイツソーセージのフォカッッチャ
6、特大ピオーネとコーヒー

Img_929412_2

|

« 男のご飯−1249 | トップページ | 男のご飯−1251 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1250:

« 男のご飯−1249 | トップページ | 男のご飯−1251 »