« 男のご飯−1241 | トップページ | 男のご飯−1243 »

2012年8月 1日 (水)

男のご飯−1242

今日はフレンチ。先ずは生ハムメロン、超冷え々熟れ々の夕張メロンの果肉を生ハムで巻いてレモンとチャービルをトッピングしてブラックペッパーを振り掛けていただく。思わずスタートにダッシュが掛かる位真夏には冷やっこい生ハムメロンが旨い。次はカボチャの冷製クリームスープ、コンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げ人肌に冷やしていただく。甘くてクリーミーで人肌の冷え頃が喉越しも良くて美味しい。三品目は黒毛和牛とフォアグラのバルサミコソース、フォアグラは塩胡椒・ガーリックと強力粉をまぶしてソテーし塩胡椒とガーリックで超レアーに仕上げた黒毛和牛の上に盛りカボチャ・人参・パプリカ・ピーマンにチャービルを添えレモンを搾って焼き汁にバターとバルサミコ酢を煮詰めたソースでいただく。フワ々のフォアグラと超ジューシーな黒毛和牛に酸味の利いたバルサミコソースがバッチし決まって幸福感いっぱいで旨ーい。四品目はシュリンプの香草焼きマスタードソース、ブラックタイガーは殻を剥いて塩胡椒・ガーリック・溶き卵にバジルとパン粉をしっかりつけてポアレにしワイン蒸しのチンゲンサイ・人参とアスパラガスにチャービルを飾りレモンを搾って粒マスタード・マヨネーズ・生クリーム・白ワインと塩胡椒で仕上げたソースでいただく。海老だけに反り繰り替える位美味しーい。最後は卵と野菜のオープンサンド、ディンケルローゲンブロートの上にトマトソース・玉ネギ・ピーマン・パプリカ・ズッキーニ・茸・セロリ・茹で卵とカラートマトにたっぷりのチーズで焼いてブラックペッパー・バジルとパプリカを振り掛けていただく。気持ち酸味の利いたドイツパンとカリトロのチーズにたっぷりの具が溢れんばかりで仕上げには申し分無く旨い。今日の〆のデザートは抹茶のチョコアイスとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムメロン
2、カボチャの冷製クリームスープ
3、黒毛和牛とフォアグラのバルサミコソース
4、シュリンプの香草焼きマスタードソース
5、卵と野菜のオープンサンド
6、抹茶のチョコアイスとコーヒー

Img_89572_2

|

« 男のご飯−1241 | トップページ | 男のご飯−1243 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1242:

« 男のご飯−1241 | トップページ | 男のご飯−1243 »