« 男のご飯−1234 | トップページ | 男のご飯−1236 »

2012年7月23日 (月)

男のご飯−1235

今日は創作中華料理。先ずはスモークサーモンとイクラの皇帝風サラダ、たっぷりのパクチーとミツバ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。何時もながらスモーキーなサーモンとイクラの親子がショキ々のたっぷりの野菜と相まって煙に巻かれた位旨い。次は野菜と半熟卵のスープ麺、ネギ・筍・人参・セロリ・茸・ズッキーニ・トマトと細麺を鶏ガラスープ・酒・味醂・下ろし生姜・五香粉と塩胡椒で仕上げブラックペッパーを振り掛けてパクチーをトッピングしていただく。野菜のだしが良く出た鶏ガラスープのあっさりしたスープが細麺と良く合って美味しい。三品目はカレー焼き餃子の甘酢あん掛け、合い挽きとひじき煮カレー粉で包んだ餃子を天使の羽をつけて焼き玉ネギ・人参・しめじ・キューリ・セロリ・ピーマン・パプリカと鷹の爪を軽く炒め、鶏ガラスープ・酒・味醂・ガーリック・五香粉・下ろし生姜・ホールトマト・胡麻油・砂糖・黒酢・塩胡椒と片栗粉で仕上げたあんをたっぷり掛け刻みネギとパクチーをトッピングしレモンを搾っていただく。カリパリの餃子の皮に甘酸っぱい野菜のあんがしっかり絡んでカレーの風味と一体となって旨い。四品目は海老チリ、ネギ・ニンニク・花椒と鷹の爪で活け赤海老を丸まま炒め鶏ガラ・酒・味醂・ホールトマト・下ろし生姜・胡麻油・テンメンジャン・豆板醤・塩胡椒ト片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。殻つきの海老は香ばしくて身はプリ々でピリッとパンチが利いてこの暑い夏にはピッタリ決まって美味しーい。最後は青椒肉絲、イベリコ豚は塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶしてカリッと炒めピーマンとパプリカの細切りと筍を加え鶏ガラ・ガーリック・酒・味醂・下ろし生姜・胡麻油・オイスターソースと塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。中華の王道とも言える青椒肉絲は何時食べても旨ーい。今日の〆のデザートは昨日に続いて熟れ々メロンとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、スモークサーモンとイクラの皇帝風サラダ
2、野菜と半熟卵のスープ麺
3、カレー焼き餃子の甘酢あん掛け
4、海老チリ
5、青椒肉絲
6、熟れ々メロンとコーヒー

Img_861212_2

|

« 男のご飯−1234 | トップページ | 男のご飯−1236 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1235:

« 男のご飯−1234 | トップページ | 男のご飯−1236 »