« 男のご飯−1232 | トップページ | 男のご飯−1234 »

2012年7月21日 (土)

男のご飯−1233

今日は創作日本料理。先ずは縮緬雑魚とアボがドと半熟卵のサラダ、シンプルにミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。アボがドと卵のトロミがショキ々の野菜とソフトな縮緬雑魚と一体となって旨い。次は筑前煮、地鶏は一口大に切って塩胡椒とガーリックで軽く炒め筍・蓮根・人参・ブロッコリー・椎茸・スナップエンドウを加え、だし・酒・砂糖・醤油と味醂で仕上げ山椒の葉を飾っていただく。筑前煮は薄めの仕上げが鶏の色々な野菜がたっぷり楽しめて美味しい。三品目は鯛の兜煮、塩胡椒と酒だけでごぼうと一緒にじっくり煮込みだし・砂糖・醤油と味醂で照りをつけ山椒の葉をトッピングし酢橘を搾っていただく。お目目はドコサヘキサンして骨の周りについた身は脂乗り々で言う事無く魚好きにはたまらなく旨ーい。四品目は白焼きの鰻巻き、二八のだしで溶いた多め卵でフワ々の白焼きをグル々に巻いて山椒の葉をトッピングし酢橘を搾ってワサビでいただく。フワ々の白焼きにトロ々の卵とワサビが良いあんばいに利いてタレの風味とは一味違って美味しーい。最後はアッサリと京薄揚げと京豆腐のお吸い物、炒り粉だし・酒・醤油と味醂で仕上げミツバをたっぷり入れ酢橘を搾っていただく。モッチリした京薄揚げと超滑らかな京豆腐は仕上げには申し分無く旨い。今日の〆のデザートはオレンジとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、縮緬雑魚とアボがドと半熟卵のサラダ
2、筑前煮
3、鯛の兜煮
4、白焼きの鰻巻き
5、京豆腐のお吸い物
6、オレンジとコーヒー

Img_85172

|

« 男のご飯−1232 | トップページ | 男のご飯−1234 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1233:

« 男のご飯−1232 | トップページ | 男のご飯−1234 »