« 男のご飯−1208 | トップページ | 男のご飯−1210 »

2012年6月20日 (水)

男のご飯−1209

今日はフレンチ。先ずは生ハムピオーネ、シンプルに生ハムで巻いてレモンとチャービルを乗せブラックペッパーを振り掛けていただく。生ハムの塩気と超甘いピオーネがレモンの酸味に引き立てられて美味しい。次はコーンポタージュ、コンソメ・ガーリクと白ワインで煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。トロミの中にクリーミーさが際立って滅茶旨い。三品目は手羽元のラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリックとオレガノで焼き目をつけて白ワイン・コンソメ・ガーリック・オレガノ・ホールトマト・塩胡椒で玉ネギ・人参・カボチャ・ズッキーニ・セロリ・茸と一緒に圧力鍋で煮込みチャービルを添えレモンを搾っていただく。手羽元は身離れも良くトロ々に柔らかくトマトの酸味にオレガノが利いて美味しい。四品目は車海老のポアレ、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてバターでソテーして白ワインで蒸し焼きカボチャ・人参・パプリカとチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。バターの香ばしさがプリ々の身を引き立てて反り繰り替える位旨ーい。最後はマカロニのグラタン、玉ネギ・カボチャ時の個をバターで軽く炒めアルデンテに湯がいたマカロニにコーンと生クリームを加え、たっぷりのチーズ・パンチエッタ・ピーマン・トマトとパン粉を乗せて焼きブラックペッパー・パルミジャーノとパプリカを振り掛けていただく。カリッとトロッと具沢山で仕上げには申し分なく美味しーい。今日の〆のデザートはチョコソースのバナナとピオーネにコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムピオーネ
2、コーンポタージュ
3、手羽元のラタトゥイユ煮込み
4、車海老のポアレ
5、マカロニのグラタン
6、チョコソースのバナナとピオーネにコーヒー

Img_75112

|

« 男のご飯−1208 | トップページ | 男のご飯−1210 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1209:

« 男のご飯−1208 | トップページ | 男のご飯−1210 »