« 男のご飯−1173 | トップページ | 男のご飯−1175 »

2012年5月 6日 (日)

男のご飯−1174

今日はイタリアン。先ずは貝柱と生ハムのアンティパスト、シンプルに活け々の貝柱を焙って生ハムを乗せてマスカットと苺を添えてイタリアンパセリを飾りブラックペッパーにレモンを搾っていただく。スタートには申し分無く旬鮮で美味しい。次ぎはキャロットのクリームスープ、コンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。キャロットはとても甘くてトロ々でクリーム々して旨い。三品目はオコゼのアクアパッツァ、塩胡椒・ガーリックとオレガノをたっぷり振り掛けて軽く炒め玉ネギ・ズッキーニ・セロリ・人参・茸・ピーマンを加えたっぷりの白ワイン・コンソメ・オレガノと塩胡椒で煮込みイタリアンパセリを刻みレモンを搾っていただく。風貌とは見違える程身は優しくホク々して野菜たっぷりで美味しい。四品目は手羽先のバジルペースト、塩胡椒・ガーリック・タイムと小麦粉をまぶしてソテーし白ワインで軽く蒸し人参・レンコン・ペコロス・ピーマンとアスパラガスを添えてレモンを搾りたっぷりの特製バジルペーストでいただく。皮はトロ々餅々で身はジューシーでバジルペーストが良いあんばいで滅茶苦茶旨ーい。最後はカルボナーラのリングイネ、卵黄・コンソメ・白ワイン・パルミジャーノと塩胡椒のソースとカリ々のパンチェッタと一緒に超アルデンテのリングイネに絡めブラックペッパーとたっぷりのパルミジャーノを振り掛けていただく。パンチェッタはカリ々リングイネは餅々でクリーミーなソースとたっぷりのパルミジャーノが相まって仕上げには言う事無く美味しーい。今日の〆のデザートは完熟イチゴのチョコレートソースとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、貝柱と生ハムのアンティパスト
2、キャロットのクリームスープ
3、オコゼのアクアパッツァ
4、手羽先のバジルペースト
5、カルボナーラのリングイネ
6、完熟イチゴのチョコレートソースとコーヒー

Img_55622

|

« 男のご飯−1173 | トップページ | 男のご飯−1175 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1174:

« 男のご飯−1173 | トップページ | 男のご飯−1175 »