« 男のご飯−1154 | トップページ | 男のご飯−1156 »

2012年4月12日 (木)

男のご飯−1155

今日はイタリアン。先ずはパプリカソーセージのアンティパスト、シンプルに三色パプリカとペッパーを練り込んだソーセジをオレンジトマト・パセリ・レモンと一緒にオイルレスでいただく。シンプルイズベストで美味しい。次はガスパチョ、玉ネギとニンニクを炒めトマトと一緒にミキサーに掛け生クリーム・イチゴ・パセリにブラックペッパーを振り掛けていただく。玉ネギとイチゴの甘さにトマトの酸味と生クリームのバランスが取れて冷たくて旨い。三品目は蛸とバジルペーストのミニピザ、餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗りオニオン・ピーマン・パプリカ・茸と一緒に焼いてパプリカ・ブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。歯応えのある明石蛸とバジルペーストにトロ々のチーズとカリ々の生地が相まって滅茶美味しい。四品目は真鯛のカポナータ煮込み、塩胡椒・ガーリックとオレガノを振り掛けて玉ネギ・あさりと一緒に軽く炒めカボチャ・ブロッコリー・人参・セロリ・茸・ズッキーニを加え白ワイン・コンソメ・ホールトマト・ガーリック・塩胡椒にオレガノをたっぷり利かせて煮込みパセリを飾りレモンを搾っていただく。トマトとレモンの酸味とオレガノの風味がホク々の真鯛とあさりに良く染みて野菜たっぷりで旨ーい。最後はボンゴレビヤンコ、玉ネギ・ニンニク・セロリ・茸を炒めあさりを加えて白ワインで軽く蒸しブイヨン・タイム・塩胡椒とパルミジャーノで仕上げたソースにフェデリーニを絡めウニとイクラをトッピングして刻みパセリにパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。ボンゴレと言うより盆暮れと言いたくなる位の具材が歯応えのあるフェデリーニに良く絡んで美味しーい。最後は苺とイチゴのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、パプリカソーセージのアンティパスト
2、ガスパチョ
3、蛸とバジルペーストのミニピザ
4、真鯛のカポナータ煮込み
5、ボンゴレビヤンコ
6、苺とイチゴのアイスクリームにコーヒー

Img_41732_2

|

« 男のご飯−1154 | トップページ | 男のご飯−1156 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1155:

« 男のご飯−1154 | トップページ | 男のご飯−1156 »