« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

男のご飯−1145

今日は創作中華料理。先ずは帆立とイクラの皇帝風サラダ、パクチー・ミツバ・大根・人参・キューリ・セロリ・パプリカ・チャービルとたっぷりのオニオンスライスと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。帆立は甘くイクラの塩気にたっぷりの野菜とドレッシングが相まってスタートには申し分無く旨い。次はアワビとチンゲンサイのオイスターソース、超シンプルに活け々アワビを丁寧に洗い酒だけで蒸し鶏ガラスープ・酒・味醂・オイスターソースと片栗粉で仕上げたソースでいただく。蒸しアワビは驚く程軟らかくチンゲンサイのトロ々でアワフタする位美味しい。三品目はアスパラとブロッコリーと若鶏にピリ辛炒め、若鶏の胸肉に塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶして玉ネギ・鷹の爪と一緒に炒めてアスパラとブロッコリーを加え鶏ガラ・酒・味醂・花椒・テンメンジャン・豆板醤と塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。淡白な鶏とショキ々感のある野菜がピリ辛のパンチのあるソースでシャキッとして旨い。四品目は八宝菜、餅豚に塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶして玉ねぎと一緒に軽く炒め筍・人参・しめじ・木耳・ピーマン・パプリカに鶉卵を加え、鶏ガラ・酒・味醂と塩胡椒で仕上げチャービルを飾っていただく。サッパリした塩味の仕上げが夫々の持ち味を際立たせボリュームたっぷりで美味しーい。最後は鱈の白子とチンゲンサイのクリーム煮、塩胡椒・ガーリック・五香粉と小麦粉をまぶして焼き目をつけてチンゲンサイを加え鶏ガラ・酒・ミルク・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。白子もチンゲンサイもトロ々超クリーミーで仕上げには申し分無く旨ーい。今日の〆のデザートは頂き物の抹茶とサクラの花びらのシフォンケーキとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、帆立とイクラの皇帝風サラダ
2、アワビとチンゲンサイのオイスターソース
3、アスパラとブロッコリーと若鶏にピリ辛炒め
4、八宝菜
5、鱈の白子とチンゲンサイのクリーム煮
6、抹茶とサクラの花びらのシフォンケーキとコーヒー

Img_367412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

男のご飯−1144

今日はお祝い日でフレンチ。先ずは魚介と春野菜のマリネ、空豆・玉ネギ・カボチャ・ブロッコリー・人参・茸・ズッキーニ・セロリ・ピーマン・パプリカ・アボガドにクリームチーズと活け々に赤海老の刺身を加えオリーブオイルと塩胡椒で和え、海老のお頭のムニエルにウニとイクラを添えてチャービルを飾りレモンと一緒にいただく。新鮮な魚介にクリームチーズとレモン利いた野菜のマリネが香ばしい海老と相まって幸先良く旨い。次は空豆のクリームスープ、シンプルに空豆をコンソメ・ガーリック・ミルク・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。空豆の香りと風味がクリーミーな優しい空いっぱいに広がって美味しい。三品目はラムロースのソテー、只ただ塩胡椒・ガーリックとミックスハーブでソテーして軽く白ワインで蒸しカボチャ・人参・パプリカにチャービルを添えレモンを搾っていただく。シンプルイズベストで言う事無く旨い。四品目はオマール海老のクリームソース、ダイナミックに二分割にしたオマールに塩胡椒をしてエシャロット・ニンニク・セロリ・人参・カボチャ・ピーマン・パプリカ・茸と一緒にバターで炒めて白ワインで蒸したっぷりの生クリームで仕上げたソースを掛けてチャービルを飾りレモンを搾っていただく。オマール特有の香ばしいテイストのクリームソースがプリ々の身と挟み撃ちになって爪の先まで美味しーい。最後は最後は魚介のパエリア、赤海老に塩胡椒・ガーリック・タイムとエシャロットで軽く炒めあさりと一緒に白ワインで蒸し米・カボチャ・人参・茸・ピーマン・パプリカ・セロリ・ズッキーニを加え、コンソメ・ローリエ・ガーリック・サフランと塩胡椒で仕上げウニとイクラをトッピングしてチャービルを飾りレモンをたっぷり搾っていただく。さっきとは反対に反り繰り替える位具沢山で旨ーい。今日の〆のデザートはしっとりした焼きたてガトーショコラのケーキとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、魚介と春野菜のマリネ
2、空豆のクリームスープ
3、ラムロースのソテー
4、オマール海老のクリームソース
5、最後は魚介のパエリア
6、ガトーショコラのケーキとコーヒー

Img_36362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

男のご飯−1143

今日はイタリアン。先ずは生ハムメロン、只ただ熟れ熟れのメロンに生ハムをたっぷり乗せてチャービルを飾っていただく。シンプルイズベストで旨いとしか言いようが無い。次はミネストローネ、玉ネギとニンニクを軽く炒めカボチャ・人参・セロリ・茸・ズッキーニ・ピーマン・パプリカ・セロリと一緒にコンソメ・白ワイン・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げブラックペッパーとパセリにパルミジャーノを振り掛けていただく。トマトの酸味とチーズのコラボが良いあんばいで具沢山で美味しい。三品目は鱈のパン粉焼きクリームソース。塩胡椒・ガーリック・タイム・パセリとパン粉をまぶしてソテーして白ワインで蒸し、人参・カボチャ・パプリカ・イクラにチャービルを添えてレモンを搾って特製クリームソースでいただく。パン粉のコンガリ感と身のフワ々感にクリーミーなクリームソースが相まって旨い。四品目はポークピカタ、イベリコ豚に塩胡椒・ガーリック・ローリエ・小麦粉をまぶしてたっぷりの卵をつけて焼きチンゲンサイ・人参・カボチャの温野菜にチャービルを添えレモンを搾って特製トマトソースでいただく。イベリコさんに豚れる位餅々ジューシーで卵とトマトが絶妙で美味しーい。最後は牡蠣のクリームソースのパスタ。片栗粉で滑りを取り塩胡椒・ガーリック・タイムに小麦粉をまぶして玉ネギとセロリで軽く炒めて茸を加え、コンソメ・白ワインン・ミルク・塩胡椒・パルミジャーノとたっぷりの生クリームで仕上げたソースにリングイネを絡めイクラとチャービルをトッピングしてパルミジャーノを削り掛けていただく。牡蠣はプリ々リングイネは餅々で生クリームとパルミジャーノが良いあんばいでボリューミーで旨ーい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムメロン
2、ミネストローネ
3、鱈のパン粉焼きクリームソース
4、ポークピカタ
5、牡蠣のクリームソースのパスタ
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_35712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

男のご飯−1142

今日は創作中華料理。先ずはサーモンとイクラの皇帝風サラダ、何時ものパクチー・大根・人参・キューリ・セロリ・パプリカと一緒にミルしたクルミと特製胡麻マヨドレでいただく。サーモンは脂乗り々野菜は盛り々でパクチーてしまう位旨い。次はワンタン玉子綴じチキンスープ。鶏ガラスープ・酒・味醂・ガーリックと塩胡椒で筍・白ネギ・セロリ・チンゲンサイ・木耳・トマトを煮込んで卵を半熟に綴じパクチーをトッピングしてブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。具沢山で美味しいとしか言いようが無い。三品目は白身魚の甘酢あん掛け、塩胡椒・ガーリック・五香粉と小麦粉をまぶしてカリッと揚げ鶏ガラスープ・酒・味醂・砂糖・お酢・鷹の爪と片栗粉で仕上げたあんをたっぷり掛けパクチー・白髪ネギ・糸切り唐辛子を飾っていただく。カリ・トロ・ホク々で鱈腹になる位美味しい。四品目は中華の王道青椒肉絲、餅豚に塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶして軽く炒めたっぷりの筍・ピーマンの細切りを加え、鶏ガラ・酒・味醂・おろし生姜・胡麻油・オイスターソースと塩胡椒で仕上げこれもパクチーを飾っていただく。旨ーいとしか言いようが無い。最後はささ身とチンゲンサイのクリーム煮、丁寧に筋を取り塩胡椒・ガーリック・五香粉と軽く小麦粉をまぶして焼き目をつけチンゲンサイと一緒に鶏ガラ・酒とミルクでじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けパクチーをトッピンクていただく。何もかもがトロ々で超クリーミーで美味しーい。今日の〆のデザートはドラゴンフルーツとバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、サーモンとイクラの皇帝風サラダ
2、ワンタン玉子綴じチキンスープ
3、白身魚の甘酢あん掛け
4、青椒肉絲
5、ささ身とチンゲンサイのクリーム煮
6、ドラゴンフルーツとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_351812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

男のご飯−1141

今日はフレンチ。先ずは生ハムイチゴ、超シンプルに熟れ々のイチゴを生ハムで巻いてベビーリーフを散りばめブラックペッパーを振り掛けていただく。スタートには申し分なく旨い。次はカボチャのポタージュ、コンソメ・ガーリック・白ワインとミルクでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。カボチャが甘くトロ々クリーミーで美味しい。三品目は牛タンとフォアグラのバルサミコソース、フォアグラは塩胡椒・ガーリックと強力粉をまぶしてソテーし塩胡椒とガーリックで蒸焼きにした牛タンで交互にミルフィール風に盛り人参・パプリカ・里芋とレッドマスタードを添え、焼き汁にバター・白ワインとバルサミコで仕上げたソースを掛けてレモンを搾っていただく。歯応えのある牛タンとフワ々で超軟らかいフォアグラに程よい酸味のバルサミコソースがマッチして申し分無く旨い。四品目は手羽先のパン粉のポアレ、塩胡椒・ガーリック・バジルとパン粉をしっかりつけてソテーし白ワインで軽く蒸し人参・パプリカ・茸にレッドマスタードを添えレモンをたっぷり搾っていただく。蒸し焼き具合はバッチしで香ばしくバジルとガーリックが利いて美味しーい。最後は蛸とバケットのカナッペ、厚めに切ったバケットにガーリックバターを塗りホールトマト・オニオン・茸・パプリカ・トマト・アンチョビオリーブと一緒にたっぷりのチーズで焼きイクラをトッピングしてパプリカを振り掛けていただく。カリトロプチ々で旨ーい。今日の〆のデザートはフルーツケーキとカプチーノのアイスクリームにコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムイチゴ
2、カボチャのポタージュ
3、牛タンとフォアグラのバルサミコソース
4、手羽先のパン粉のポアレ
5、蛸とバケットのカナッペ
6、フルーツケーキとカプチーノのアイスクリームにコーヒー

Img_34722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

男のご飯−1140

今日は創作日本料理。先ずは春野菜と活け蛸のサラダ,ミツバ・ベビーリーフ・ウド・生わかめ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトにいくらをトッピングしてブラックペッパーとパセリを振り掛け特製蟹マヨドレッシングでいただく。うどはショキ々蛸の歯応えはぶっちぎりのコリ々で蟹マヨドレが決まって滅茶旨い。次は春キャベツと黒豚のクリーム煮、湯がいて軟らかくしたキャベツに黒豚のスライスを交互に重ねて太巻きにしだし・酒・ミルク・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げミツバをトッピングしていただく。春キャベツは蕩ける位軟らかくて甘くクリーミーな黒豚とマッチして美味しい。三品目は鯛の姿焼き、大きめの鯛に飾り包丁を入れ丁寧に化粧塩をして焼きシンプルにふろふき大根とミツバを添え酢橘をたっぷり搾っていただく。お目目はドコサヘキさんして身離れ良くしっとりしてホク々で食べ応え満点で旨ーい。四品目は手羽先の塩胡椒焼き、塩胡椒とガーリックに軽くハーブを振り掛けて焼いて酒で軽く蒸焼きにし千切キャベツ・トマトとミツバを添えレモンをたっぷり搾っていただく。皮は餅々で身はジューシーでシンプルイズベストで美味しーい。最後は具沢山の豚汁、うど・カボチャ・大根・人参・しめじ・エノキ・ごぼう・生わかめと一緒にだし・酒・味噌と味醂で仕上げねぎとミツバをトッピングしていただく。仕上げには言う事無く温まって旨い。今日の〆のデザートは苺とコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、春野菜と活け蛸のサラダ
2、春キャベツと黒豚のクリーム煮
3、鯛の姿焼き
4、手羽先の塩胡椒焼き
5、具沢山の豚汁
6、苺とコーヒー

Img_33802_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

男のご飯−1139

今日はイタリアン。先ずは牛タンとアボがドとクリームチーズのアンティパスト、塩胡椒とガーリックで軽く炒めて白ワインで蒸し熟れ尾内のアボがドとクリームチーズを乗せレモンとクレソンを添えブラックペッパーを振り掛けていただく。ジューシーな牛タンの歯応えとトッピングが相まってスタートには申し分無く旨い。次はキャロットのクリームスープ。コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。人参の甘さにクリーミーなトロミ感が良いあんばいで美味しい。三品目は蟹と野菜のミニピザ、何時もの様に餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・パプリカ・茸に蟹をたっぷり乗せて焼きベビーリーフをトッピングしてパプリカを振り掛けていただく。蟹んして欲しい位旨い。四品目は舌平目のムニエル、塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶしてバターでコンガリ炒めて白ワインで蒸しカボチャとレッドマスタードを添えレモンをたっぷり搾っていただく。皿からはみ出る位大きい舌平目も身離れ良くカリッとホク々で滅茶苦茶美味しーい。最後は春野菜のペペロンチーノ、エシャロット・ニンニクと鷹の爪のアーリオーリオにウド・筍・茸とパンチェッタを加え白ワイン・コンソメ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースを超アルデンテのスパゲティーニに絡めパルミジャーノとパセリを振り掛けていただく。ただ一言春いっぱいで旨ーい。今日の〆のデザートは台湾で人気のパイナップルのケーキとチーズのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、牛タンとアボがドとクリームチーズ
2、キャロットのクリームスープ
3、蟹と野菜のミニピザ
4、舌平目のムニエル
5、春野菜のペペロンチーノ
6、パイナップルのケーキとチーズのアイスクリームにコーヒー

Img_32952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

男のご飯−1138

今日は創作中華料理。先ずは貝柱とサーモンとイクラの皇帝風サラダ、ミツバ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカとたっぷりのパクチーと一緒にミルしたクルミと特製胡麻マヨドレでいただく。親孝行で美味しいとしか言いようが無い。次は具沢山の鶏ガラスープ、シンプルにチンゲンサイ・筍・しめじ・エノキ・蕪・トマトと一緒に鶏ガラスープ・ガーリック・酒・味醂と塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。野菜夫々の持ち味が良いあんばいに出てシンプルイズベストで旨い。三品目は酢豚、定番通り餅豚ブロックに塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶして炒め筍・ピーマン・パプリカ・玉ネギ・人参と一緒に鶏ガラ・酒・味醂・砂糖・黒酢・ガーリック・塩胡椒と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。黒酢特有の甘さと酸味が際立ってお肉は餅々野菜はショキ々で美味しい。四品目はささ身の生春巻き、ささ身は塩胡椒とガーリックで酒蒸しにしオイスターソースで仕上げたマロニー・白髪ネギ・キューリ・セロリ・パプリカ・アボがドと一緒に巻いてレモンを搾りテンメンジャンとコチジャンの2バージョンでいただく。生地は餅々具沢山でどちらのバージョンも甲乙つけがたくて旨ーい。最後はチンゲンサイのクリーム煮、これも超シンプルに鶏ガラスープ・酒・ミルクとガーリックでじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。ミニチンゲンサイは可愛らしくて食べ易く適度なショキ々感も味わえてクリーミーで美味しーい。今日の〆のデザートはガトーショコラのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、貝柱とサーモンとイクラの皇帝風サラダ
2、具沢山の鶏ガラスープ
3、酢豚
4、ささ身の生春巻き
5、チンゲンサイのクリーム煮
6、ガトーショコラのアイスクリームとコーヒー

Img_32652

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

男のご飯−1137

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボがドといくらのサラダ、ミツバ・クレソン・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にいくらをトッピングしてブラックペッパーとパセリを振り掛けてマヨネーズでいただく。生ハムといくらの塩気がショキ々の野菜と相まって美味しい。次はお造りの盛り合わせ、活け伊勢エビ・トロサーモン・いくら・貝柱とウニを一緒に盛りワサビと岩塩でいただく。動きまくる位活きが良い伊勢エビは身が引き締まっていてプリ々で親孝行な鮭といくらに貝柱が加わって贅沢なネタがいっぱいで申し分無く滅茶苦茶旨ーい。三品目は鰤蕪大根、軽く塩を振り酒だけで蕪と一緒にじっくり煮込み砂糖・醤油と味醂で照りをつけミツバを飾り酢橘をたっぷり搾っていただく。鰤は脂乗り々で蕪は蕩ける位トロ々で素材本来の甘さが絶妙で美味しーい。四品目は若鶏の唐揚げ、塩胡椒をして溶き卵をしっかりつけて片栗粉をまぶしてじっくり揚げて酒で軽く蒸し千切りキャベツを添えレモンをたっぷり搾っていただく。春キャベツが甘く若鶏の衣と皮がカリッと揚がって身は超ジューシーで爽やかなレモンの酸味が利いて旨い。最後は蟹と空豆とウニのあんかけ、鰹と昆布のだしに酒・醤油と味醂でエノキと一緒に煮込み片栗粉であんにしてウニとミツバをトッピングして酢橘を搾っていただく。この春満載の贅沢あんは言う事無く美味しい。今日の〆のデザートはいただいた手作りの抹茶とフルーツのケーキにコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムとアボがドといくらのサラダ
2、お造りの盛り合わせ
3、鰤蕪大根
4、若鶏の唐揚げ
5、蟹と空豆とウニのあんかけ
6、抹茶とフルーツのケーキにコーヒー

Img_322912_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

男のご飯−1136

今日は創作イタリアン。先ずはアボがドとベーコンとクリームチーズのサラダ、ベビーリーフ・アボがド・三色パプリカ・マッシュルーム・ズッキーニ・グリーンアンチョビオリーブと一緒にオリーブオイルとワインビネガーにブラックペッパーを振り掛けていただく。カリ々トロ々ショキ々してクリーミで旨い。次は鯛のムニエル、飾り包丁を入れ塩胡椒・ガーリックと小麦粉をまぶしてバターでパリッと炒め人参・パプリカ・ピーマンを添えレモンを搾ってマヨネーズとバルサミコのソースでいただく。皮は香ばしくてコンガリ身はホク々で鯛へん美味しい。三品目はオマール海老のクリームソース、シンプルに塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けエシャロットとニンニクで炒めて白ワインで軽く蒸し生クリームとバーターで仕上げたソースにレモンを搾っていただく。腸特有の持ち味に爪の先までしかり詰まった身がボリュームたっぷりでソースと相まって滅茶苦茶旨ーい。四品目はバジルペーストのフェデリーニ、バジルの葉・松の実・オリーブオイル・ガーリック・コンソメ・白ワインと塩胡椒で仕上げたペーストを超アルデンテのパスタに絡めベビーリーフにパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。パスタの歯応えは良いあんばいで言う事無くバジ々に美味しーい。最後は手作りのフォカッチャ、天延ン酵母とカメリヤで捏ねた生地にオリーブオイルを塗りベーコン・オイルサーデン・モッツァレラ・マッシュルーム・パプリカ・アンチョビ・芽キャベツをトッピングしてパルミジャーノを振り掛けて焼きハーブと一緒にいただく。具沢山で夫々の味が活きて焼きたては旨い。今日の〆のはマロンとアーモンドのパンケーキとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、アボがドとベーコンとクリームチーズのサラダ
2、鯛のムニエル
3、オマール海老のクリームソース
4、バジルペーストのフェデリーニ
5、フォカッチャ
6、マロンとアーモンドのパンケーキとコーヒー

Img_287612_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

男のご飯−1135

今日はフレンチ。先ずは生ハムイチゴ、超シンプルの熟れ々の特大のあまおうを生ハムで巻いてレモンとクレソンを添えブラックペッパーを軽く振り掛けていただく。旨いとしか言いようが無い。次は蕪のポタージュ、コンソメとガーリックで根と葉をじっくり煮込んでミキサーに掛けミルクと生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。蕪は甘くトロットロでクリーミーで滑らかな舌触りが絶妙で美味しい。三品目はがしらのアクアパッツァ、塩胡椒・ガーリック・タイムと小麦粉をまぶして軽く炒めあさり・エシャロット・ブロッコリー・カボチャ・人参・セロリ・ピーマン・パプリカ・ズッキーニ・エノキ・茸にタイムの葉と一緒に白ワインでじっくり煮込みブイヨンと塩胡椒で仕上げレモンを搾っていただく。がしらの身離れは良くしっかりソースの含んたっぷりの野菜との一体感が良いあんばいで旨い。四品目はラムチョップのバルサミコソース。塩胡椒とガーリックに片栗粉を軽く振って白ワインでポアレにしカボチャ・人参・パプリカ・ピーマンとクレソンを添え、レモンを搾って焼き汁にバターとバルサミコを煮詰めたソースでいただく。お肉はとても軟らかくてジューシーでバルサミコの甘さと酸味が程よくて美味しーい。最後はあさりと蟹のトマトリゾット、エシャロット・セロリ・人参とニンニクであさりを軽く炒めて白ワインで蒸し洗い米を加えコンソメ・特製100トマトジュースとオレガノでじっくり煮込み茸とブロッコリーに解した蟹を加えブラックペッパーとパルミジャーノを振り掛けていただく。トマトソースのしっかり染込んだお米の食感が何とも言えず具沢山で旨ーい。今日の〆のデザートはフワ々ケーキと苺にコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムイチゴ
2、蕪のポタージュ
3、がしらのアクアパッツァ
4、ラムチョップのバルサミコソース
5、あさりと蟹のトマトリゾット
6、フワ々ケーキと苺とコーヒー

Img_313812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

男のご飯−1134

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボがドと半熟卵のサラダ、ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にブラックペッパーとパセリを振り掛けマヨネーズでいただく。生ハムの塩気と餅々感に熟れ々のアボがドとショキ々の野菜が相まって旨い。次は蕪の蟹あん掛け、昆布と鰹だしでトロ々に煮込んで解した蟹をたっぷり加え酒・味醂・醤油と片栗粉で仕上げ山椒の葉をトッピングしていただく。蕪は噛む事の無い位軟らかく蟹のあんがしっかり絡んで美味しい。三品目は鰈の唐揚げ、子持ちの鰈に塩胡椒と片栗粉をまぶしてカリ々に揚げ椎茸と空豆の唐揚げを添えて山椒の葉を飾り酢橘を搾っていただく。衣はカリ々で身はホク々で野菜もカリッと揚がって旨ーい。四品目は春野菜の筑前煮、若鶏に塩胡椒をして軽く炒め芽キャベツ・ブロッコッリー・蓮根・人参・椎茸・ごぼう・里芋と一緒にだし・酒・砂糖・醤油と味醂で仕上げ山椒の葉を飾っていただく。夫々の持ち味が活きて春爛漫で美味しーい。最後は豚汁、餅豚・大根・人参・椎茸・カボチャをだし・酒・味醂に合わせ味噌を溶きねぎをたっぷり加えていただく。仕上げには言う事無く寒さの残る今日このごろには温まって具沢山で旨い。今日の〆のデザートはバニラのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボがドと半熟卵のサラダ
2、蕪の蟹あん掛け
3、鰈の唐揚げ
4、春野菜の筑前煮
5、豚汁
6、バニラのアイスクリームとコーヒー

Img_30762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

男のご飯−1133

今日はイタリアン。先ずは帆立とアボがドのマリネ、旬鮮な帆立の上にアボガドを乗せてレモンとベビーリーフを散らしブラックペッパーを振り掛けてオリーブオイル・マヨネーズ・生クリーム・バルサミコと白ワインのマリネ液でいただく。帆立はとても軟らかくて甘く熟れ々のアボガドとマリネ液が相まって滅茶旨い。次はブロッコッリーのクリームスープ、コンソメにガーリックを利かせてじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。甘くてクリーミーで美味しいとしか言いようが無い。三品目はグリーンアンチョビオリーブとオイルサーデンのミニピザ、餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗りオニオン・ピーマン・パプリカ・マッシュルーム・トマトと一緒に焼いてブラックペッパーとパプリカを振り掛けていただく。何時もながらカリトロ餅々で旨い。四品目はミラノ風カツレツ、イベリコ豚に塩胡椒・ガーリックとオレガノを振り掛け小麦粉と卵にバジルを加えたパン粉をしっかりつけて揚げ、玉ネギ・ニンニク・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で仕上げたソースをたっぷり掛けカボチャ・人参・ピーマンとレッドマスタードを添えレモンを搾っていただく。ハーブの利いた事もがカリッとサク々で酸味の利いたトマトのソースがバッチし決まって美味しーい。最後はブロッコッリーとウニのクリームパスタ、玉ネギとニンニクを炒めてブロッコッリーを加え白ワイン・コンソメ・タイム・パルミジャーノ・生クリームと塩胡椒で仕上げたソースを超アルデンテのリングイネに絡めてウニを乗せパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。リングイネは餅々で歯応えが良くクリームとウニのソースが絶妙で笑ける位旨ーい。今日の〆のデザートはあまおう苺とカプチーノのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、帆立とアボガドのマリネ
2、ブロッコッリーのクリームスープ
3、グリーンアンチョビオリーブとオイルサーデンのミニピザ
4、ミラノ風カツレツ
5、ブロッコッリーとウニのクリームパスタ
6、あまおう苺とカプチーノのアイスクリームにコーヒー

Img_30262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

男のご飯−1132

今日は創作中華料理。先ずはトロサーモンの皇帝風サラダ、パクチー・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。サーモンは脂乗り々野菜はショキ々でスタートには申し分無く旨い。次は豆腐餃子のサンラータン、豆乳と苦汁でこしらえた豆腐を餃子の生地で包み筍・白ネギ・木耳・茸・エノキと一緒に鶏ガラスープ・ガーリック・五香粉・ホールトマト・胡麻油・お酢と塩胡椒で煮込みパクチーをトッピングしていただく。餃子の豆腐はトロ々フワ々で酸味と利いたトマトスープが良いあんばいで美味しい。三品目はブロッコッリーと赤海老のあんかけ、赤海老の腸を丁寧に取り殻のまま塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして炒めブロッコリー・ピーマンと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・八角・胡麻油・塩胡椒と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。仄かな八角の甘さと風味が絶妙で海老はプリ々でブロッコリする位旨い。四品目は麻婆茄子、米茄子を半分に切り姿のままサイコロ状に切り目を入れて塩胡椒・ガーリック・花椒・鷹の爪と塩胡椒で炒め白ネギとニンニクで黒毛和牛の切り落としを炒め、鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・豆板醤・オイスターソース・塩胡椒と片栗粉で仕上げたあんをたっぷり掛けパクチーをトッピングしていただく。サシたっぷりのお肉とピリッとパンチの効いたあんがしっかり茄子にしっかり絡み茄子すべも無く美味しーい。最後は中華の王道青椒肉絲、定番通り餅豚に塩胡椒・ガーリック・塩胡椒と片栗粉をまぶして炒め細切りの筍・ピーマン・赤黄のパプリカと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・五香粉・オイスターソース・胡麻油と塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。旨ーいとしか言いようが無い。今日の〆のデザートは特大のあまおう苺とコーヒーで美味しい々中華でした。

1、トロサーモンの皇帝風サラダ
2、豆腐の餃子のサンラータン
3、ブロッコッリーと赤海老のあんかけ
4、麻婆茄子
5、青椒肉絲
6、あまおう苺とコーヒー

Img_29982


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

男のご飯−1131

今日はイタリアン。先ずは温野菜のサラダ、京野菜の上にシンプルにそのまま蒸した筍・アスパラ・人参・茸・セロリ・三色パプリカ・蓮根・インゲン・芽キャベツとトマトを盛りオリーブオイルとブラックペッパーを振り掛けマヨビネガードレッシングでいただく。夫々の野菜の甘さと持ち味が活きて温かくて旨い。次は春キャベツのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。甘くてクリーミーで美味しい。三品目はフォカッチャ、天然酵母で捏ねた生地の上にオリーブオイルを塗り三色パプリカ・マッシュルーム・カマンベール・パンチェッタ・アンチョビオリーブ・オイルサーデン・クルミと栗をトッピングし、パルミジャーノ・バジルとブラックペッパーを振り掛けて焼いてオリーブオイルで仕上げていただく。餅っとフワ々生地と具沢山のトッピングが絶妙でオリービーで旨い。四品目は赤海老のムニエル、背腸腹腸を丁寧に取り塩胡椒・ガーリックと小麦粉をまぶしてバターで炒めて白ワインで軽く蒸してスライスレモンの上に盛ってチャービルを飾りレモンを搾っていただく。反り繰り替える位美味しーい。最後はリングイネのペペロンチーニ、たっぷりのエシャロット・ニンニクと鷹の爪でパンチェッタ・茸・ピーマンとアスパラを炒めて白ワインで蒸し、コンソメ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げ、超アルデンテのリングイネに絡めパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。リングイネは持ち々で最早笑ける位旨ーい。今日の〆のデザートはナチュラルチーズのアイスクリームとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、温野菜のサラダ
2、春キャベツのクリームスープ
3、フォカッチャ
4、赤海老のムニエル
5、赤海老のムニエル
6、リングイネのペペロンチーニ

Img_29142_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

男のご飯−1130

今日は創作中華料理。先ずはトロサーモンとイクラの皇帝風サラダ、パクチー・ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。親孝行で美味しいとしか言いようが無い。次はワカ茸の卵綴じスープ、鶏ガラスープ・ガーリック・酒・味醂と塩胡椒でネギ・人参・筍・しめじ・ワカメを煮込み卵を綴じブラックペッパーを振り掛けていただく。これもまた旨いとしか言いようが無い。三品目はささ身とアボがドと春雨の生春巻き、筍と春雨を鶏ガラ・酒・味醂・ガーリックとオイスターソースで仕上げ白髪ネギ・キューリとトマトを巻いてレモンを搾りテンメンジャンとコチジャンの2バージョンでいただく。生春巻きの皮は餅々して具沢山でどちらのバージョンも甲乙つけがたくて旨い。四品目は叉焼と豆もやしのナムルとクラゲの盛り合わせ、餅豚に塩胡椒・ガーリックと五香粉をまぶして焼き目をつけて酒で蒸しキューリと豆もやしに塩胡椒・ガーリック・鷹の爪・鶏ガラと胡麻油で漬け込んだナムルとクラゲを一緒に盛りレモンを搾っていただく。お肉は餅々でナムルはショキ々でクラゲはコリ々で滅茶苦茶美味しーい。最後は赤海老のチリソース、塩胡椒・ガーリック・花椒と片栗粉をまぶして白ネギ・セロリ・鷹の爪と一緒に炒め鶏ガラ・酒・味醂・ホールトマト・テンメンジャン・豆板醤・塩胡椒と片栗粉で仕上げ香菜をトッピングしていただく。トマトの酸味と豆板醤のパンチが利いたソースがしっかり絡んで旬鮮な海老はプリン々で旨ーい。今日の〆のデザートは昨日に続き頂き物のガトーショコラのケーキとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、トロサーモンとイクラの皇帝風サラダ
2、ワカ茸の卵綴じスープ
3、ささ身とアボがドと春雨の生春巻き
4、叉焼と豆もやしのナムルとクラゲの盛り合わせ
5、赤海老のチリソース
6、ガトーショコラのケーキとコーヒー

Img_27842

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

男のご飯−1129

今日はフレンチ。先ずは生ハムイチゴ、シンプルに熟れ々のイチゴを生ハムで巻いてレモン・チャービルと一緒にでいただく。仄かな酸味の中に塩気と甘さが加わって美味しい。次はキャロットのクリームスープ、コンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。トロットロで甘くクリーミーで旨い。三品目はフォアグラのラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリックと強力粉をまぶしてソテーしエシャロット・カボチャ・コーン・人参・茸・セロリ・ピーマン・パプリカを加え、白ワイン・ブイヨン・ホールトマト・塩胡椒とオレガノで仕上げレモンとチャービルをトッピングしていただく。フォアグラは蕩ける位フワ々で酸味の利いたラタトゥイユと相まって美味しい。四品目は甘鯛のポアレ・マスタードソース、飾り包丁を入れ塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶしてポアレにし人参・ピーマン・たらの芽とチャービルを添えてレモンを搾り、粒マスタード・マヨネーズ・生クリームとバルサミコのソースでいただく。ただ一言旨ーい。最後は里芋と生ハムのグラタン、里芋は塩胡椒をして玉ネギと一緒に軽く炒め白ワイン・コンソメ・ミルク・生クリームにチーズをたっぷり乗せピーマン・パプリカ・茸・生ハムをトッピングして焼きブラックペッパーとパプリカを振り掛けていただく。ホク々トロ々熱々で滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートは昨日に続きガトーショコラとマロンのケーキとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムイチゴ
2、キャロットのクリームスープ
3、フォアグラのラタトゥイユ煮込み
4、甘鯛のポアレ・マスタードソース
5、里芋と生ハムのグラタン
6、ガトーショコラとマロンのケーキとコーヒー

Img_27532_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男のご飯−1128

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと半熟卵のサラダ、ミツバ・香菜・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。ショキ々の野菜に生ハムの塩気とトロ々の卵が相まって美味しい。次は肉じゃが、黒毛和牛に塩胡椒と軽くガーリックを振り掛けて炒め里芋・人参・カボチャ・しめじ・インゲン・コンニャクと一緒にだし・酒・砂糖・醤油と味醂で仕上げていただく。旨いとしか言いようが無い。三品目は鰈の煮付け、軽く塩を振りごぼうと一緒に酒だけでじっくり煮込み砂糖・醤油と味醂で照りを付け刻み大葉をトッピングしレモンを搾っていただく。新鮮で身離れも良く身ごもった鰈はボリュームもあり食べ応えがあって魚好きにはたまらなく美味しーい。四品目は手羽元の蒸し唐揚げ、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして炒めて酒で軽く蒸し千切りキャベツを添えレモンをたっぷり搾っていただく。身離れも良く餅々で羽ばたきたくなる位旨ーい。最後は具沢山の豚汁、餅豚・ごぼう・大根・人参・しめじ・玉ねぎ・コンニャクと一緒に炒り粉だし・酒・味醂に八丁味噌を溶きミツバをトッピングしていただく。仕上げには申し分無く美味しい。今日の〆のデザートは頂き物の手作りのマロンロールケーキとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムと半熟卵のサラダ
2、肉じゃが
3、鰈の煮付け
4、手羽元の蒸し唐揚げ
5、具沢山の豚汁
6、マロンロールケーキとコーヒー

Img_270412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

男のご飯−1127

今日は創作中華料理。先ずは帆立の皇帝風サラダ、パクチー・白髪ネギ・ミツバ・大根・人参・パプリカ・キューリ・セロリと一緒にミルしたクルミと特製胡麻マヨドレでいただく。クルミは気持ち脂肪分が多いが新鮮な 甘い帆立とバランスが取れて美味しい。次はフカヒレの姿煮、鶏ガラスープ・ガーリック・生姜・オイスターソース・花椒・塩胡椒と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。贅沢感が漂いコラーゲンたっぷりで旨い。三品目は回鍋肉、黒毛和牛に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め春キャベツ・ピーマン・パプリカ・しめじと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・コチジャンと塩胡椒で仕上げパクチーを飾っていただく。春キャベツは甘くてショキ々でお肉はジューシーで言う事無く美味しい。四品目は固焼きそば、黒豚は塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶして炒め海老・イカ・あさり・筍・椎茸・人参・セロリ・ピーマン・木耳・コーンを加え、鶏ガラ・酒・味醂・醤油・オイスターソース・塩胡椒と片栗粉で仕上げたあんをパリ々に焼いた細めの中華麺にたっぷり掛けパクチーをトッピングしていただく。中華麺はパリ々で具沢山のあんがたっぷり絡んで笑ける位ボリュウムたっぷりで旨ーい。最後は鱈の白子と白菜のクリーム煮、白子は塩胡椒・ガーリック・五香粉と強力粉をまぶしてカリッと炒め白菜と一緒に鶏ガラ・酒と塩胡椒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーにパクチーをトッピングしていただく。白子はカリッとトロ々で白菜共々超クリーミーで言う事無く滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートは苺とイチゴのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、帆立の皇帝風サラダ
2、フカヒレの姿煮
3、回鍋肉
4、固焼きそば
5、鱈の白子と白菜のクリーム煮
6、苺とイチゴのアイスクリームにコーヒー

Img_266812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

男のご飯−1126

今日はイタリアン。先ずは春野菜の温サラダ、超シンプルに菜の花・アスパラガス・蓮根・インゲン・人参・カボチャ・新玉と一緒に蒸してオレンジを添えブラックペッパーにレモンをたっぷり搾っていただく。オレンジの甘さにレモンの酸味が絶妙で夫々の持ち味が際立って美味しい。次はキャロットのクリームスープ、コンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。人参がとても甘くてクリーミーで旨い。三品目はサラミのミニピザ、何時ものように餃子に生地にホールトマトをたっぷり塗りオニオン・茸・ピーマン・パプリカとモッツァレラチーズで焼きパプリカとバジルを振り掛けていただく。カリッとトロッと餅々で美味しい。四品目は牡蠣の香草焼き、丁寧に滑りを取り塩胡椒・ガーリックと溶き卵に潜らせバジルとパン粉をしっかりつけて揚げてチャービルを飾りレモンをたっぷり搾っていただく。ハーブの利いた衣は香ばしくてカリ々で身はプリン々して旨ーい。最後は春野菜と生ハムのリングイネ、玉ネギとニンニクを炒め菜の花・アスパラ・インゲン・茸を加え白ワイン・コンソメ・塩胡椒とパルミジャーノで仕上げたソースに超アルデンテのリングイネを絡め生ハムとチャービルをトッピングしパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。リングイネは超餅々で仕上げには申し分無く春々して美味しーい。今日の〆のデザートはエクアドルチョコレートのソルベとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、春野菜の温サラダ
2、キャロットのクリームスープ
3、サラミのミニピザ
4、牡蠣の香草焼き
5、春野菜と生ハムのリングイネ
6、エクアドルチョコレートのソルベとコーヒー

Img_26162_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

男のご飯−1125

今日は創作日本料理。先ずはスモークサーモンとアボがドのサラダ、ミツバ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。サーモンの脂が乗り々で熟れ々のアボがドと相まって美味しい。次は活け毛蟹のボイル、生きたままのたっぷり詰まった味噌は言う事無く身はパンパンに詰まっていて甘く声が出ない位旨ーい。三品目は海老すき、白菜・大根・人参・椎茸・舞茸・しめじ・エノキ・白ねぎ・玉ねぎ・生ワカメ・厚揚げと特大の海老を昆布と鰹のだしで煮込み柚ポン酢でいただく。身はプリン々でボリュームたっぷりで美味しい。四品目は蟹すき、同じ野菜を継ぎ足して活け々のズワイガニを煮込み酢橘をたっぷり搾った黒酢でいただく。毛蟹とは一味違って身はフワ々で甘く味噌もたっぷり詰まっていて滅茶苦茶旨ーい。最後は蟹すきと来ればおじや、煮だしで洗い米を煮込み酒・醤油と味醂仕上げたっぷりの溶き卵を半熟に綴じ蟹とネギをトッピングしていただく。別腹と言いたくなる位お腹パンパンでも美味しい。今日の〆のデザートは苺とクリームチーズのアイスクリームにコーヒーの蟹尽くしでお腹パンパンになりました。

1、スモークサーモンとアボがドのサラダ
2、活け毛蟹のボイル
3、海老すき
4、蟹すき
5、おじや
6、苺とクリームチーズのアイスクリームにコーヒー

Img_25642_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

男のご飯−1124

今日は創作日本料理。先ずはツナとコーンとアボがドのサラダ。ミツバ・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーと松田のマヨネーズでいただく。この組み合わせにチーズ風味のマヨネーズがバッチし決まって旨い。次は菜の花の筑前煮、若鶏に塩胡椒をしてイカと一緒に軽く炒め里芋・蓮根・椎茸・穂つき筍を加えだし・酒・砂糖・醤油と味醂で仕上げ山椒の葉と飾っていただく。仄かな春の香りがして美味しい。三品目はがしらの煮付け、パンパンに太って身がついたがしらを酒だけで煮込み砂糖・醤油と味醂で照りをつけ大根・椎茸・ミツバに山椒の葉をたっぷり乗せすだちを搾っていただく。身離れも良く引き締まった身はプリ々で旨ーい。四品目は牡蠣のフワ々天ぷら、お刺身用の生牡蠣を丁寧に滑りを取り塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く小麦粉をつけたっぷりの卵で包む様に揚げ、千切りキャベツとトマトを添えてレモンを搾りマヨネーズとトンカツソースでいただく。笑ける位大粒で身はプリン々でフワ々の卵が絶妙で美味しーい。最後は豚汁、餅豚・大根・人参・カボチャ・里芋・椎茸・厚揚げと一緒に炒り粉だし・味醂とお味噌で仕上げたっぷりのネギをトッピングしていただく。寒さの残る今日この頃には温まって申し分無く旨い。今日の〆のデザートは苺とチョコレートのアイスクリームでお腹パンパンになりました。

1、ツナとコーンとアボがドのサラダ
2、菜の花の筑前煮
3、がしらの煮付け
4、牡蠣のフワ々天ぷら
5、豚汁
6、苺とチョコレートのアイスクリーム

Img_252012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

男のご飯−1123

今日はイタリアン。先ずは初鰹のカルパッチョ、シンプルに軽く塩胡椒をしてガーリックと炒めた玉ネギを乗せオリーブオイル・レモン・バルサミコとパルミジャーノを削り掛けていただく。スタートには申し分無く旨い。次は空豆のクリームスープ、コンソメでじっくりリ煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。この時期の空豆は何とも言えない香りと甘味が合って美味しい。三品目はサラミのミニピザ、餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピ−マン・パプリカ・茸と厚めに切ったソフトサラミを乗せてたっぷりのチーズで焼きパプリカとブラックペッパーを振り掛けていただく。サラミがスモーキーで軟らかく生地はカリ々でチーズが餅々で旨い。四品目はラムチョップのバジルペースト、塩胡椒とガーリックでソテーして白ワインで軽く蒸し空豆・蓮根・人参・椎茸・ピーマンとレッドマスタードを添え、レモンを搾って特製バジルペーストとアボがドペーストの2バージョンでいただく。甲乙つけがたく夫々の持ち味が活きてラムはとても軟らかくてジューシーで旨ーい。最後はぺペロンチー二、たっぷりの玉ネギ・ニンニクと鷹の爪を炒めてパンチェッタを加え白ワインとコンソメにパルミジャーノとブラックペッパーで仕上げたソースを超アルデンテのスパゲティー二絡めパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。ディチェコのスパゲティー二は気持ち細めでモチッとした歯応えが良いあんばいで鷹の爪のパンチが利いて美味しーい。今日の〆のデザートは苺とバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、初鰹のカルパッチョ
2、空豆のクリームスープ
3、サラミのミニピザ
4、ラムチョップのバジルペースト
5、ぺペロンチー二
6、苺とバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_248512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

男のご飯−1122

今日は創作中華料理。先ずはイカとイクラの皇帝風サラダ、パクチー・ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。イカしてるからイクラ食べても美味しい。次は魚貝のワンタンスープ、鶏ガラスープ・酒・味醂・ガーリックと塩胡椒で蛤・海老・イカ・筍・白ネギ・ニラ・トマトと一緒に煮込みパクチーをトッピングしていただく。ワンタンはトロ々で魚貝は開いた口が塞がらない位旨い。三品目は地鶏の唐揚げ、シンプルに塩胡椒・ガーリック・卵白と片栗粉をまぶしてコンガリ揚げ、揚げ春雨の上に盛りレモンをたっぷり搾ってブラックペッパーと岩塩でいただく。コンガリジューシーで羽ばたきたくなる位美味しい。四品目はアボがドとイカとイクラの生春巻き、白髪ネギ・大根・人参・パプチー・キューリ・セロリと一緒に巻いてレモンを搾りテンメンジャン・コチュジャンのタレでいただく。生春巻きとイカは餅々で野菜はショキして味噌タレがバッチし決まって旨ーい。最後は酢豚、餅豚に塩胡椒・ガーリックと小麦粉をまぶしてカリ々に揚げ筍・人参・ピーマン・赤黄パプリカを加え鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・砂糖・黒酢と片栗粉で仕上げオレンジをトッピングしていただく。お肉はコンガリジューシーで野菜はショキ々でお酢と熟れ々オレンジの甘さが絶妙で具沢山で美味しーい。今日の〆のデートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、イカとイクラの皇帝風サラダ
2、魚貝のワンタンスープ
3、地鶏の唐揚げ
4、アボがドとイカとイクラの生春巻き
5、酢豚
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_244212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »