« 男のご飯−1122 | トップページ | 男のご飯−1124 »

2012年3月 2日 (金)

男のご飯−1123

今日はイタリアン。先ずは初鰹のカルパッチョ、シンプルに軽く塩胡椒をしてガーリックと炒めた玉ネギを乗せオリーブオイル・レモン・バルサミコとパルミジャーノを削り掛けていただく。スタートには申し分無く旨い。次は空豆のクリームスープ、コンソメでじっくりリ煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。この時期の空豆は何とも言えない香りと甘味が合って美味しい。三品目はサラミのミニピザ、餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピ−マン・パプリカ・茸と厚めに切ったソフトサラミを乗せてたっぷりのチーズで焼きパプリカとブラックペッパーを振り掛けていただく。サラミがスモーキーで軟らかく生地はカリ々でチーズが餅々で旨い。四品目はラムチョップのバジルペースト、塩胡椒とガーリックでソテーして白ワインで軽く蒸し空豆・蓮根・人参・椎茸・ピーマンとレッドマスタードを添え、レモンを搾って特製バジルペーストとアボがドペーストの2バージョンでいただく。甲乙つけがたく夫々の持ち味が活きてラムはとても軟らかくてジューシーで旨ーい。最後はぺペロンチー二、たっぷりの玉ネギ・ニンニクと鷹の爪を炒めてパンチェッタを加え白ワインとコンソメにパルミジャーノとブラックペッパーで仕上げたソースを超アルデンテのスパゲティー二絡めパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。ディチェコのスパゲティー二は気持ち細めでモチッとした歯応えが良いあんばいで鷹の爪のパンチが利いて美味しーい。今日の〆のデザートは苺とバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、初鰹のカルパッチョ
2、空豆のクリームスープ
3、サラミのミニピザ
4、ラムチョップのバジルペースト
5、ぺペロンチー二
6、苺とバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_248512

|

« 男のご飯−1122 | トップページ | 男のご飯−1124 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1123:

« 男のご飯−1122 | トップページ | 男のご飯−1124 »