« 男のご飯−1112 | トップページ | 男のご飯−1114 »

2012年2月17日 (金)

男のご飯−1113

今日は創作日本料理。先ずは帆立とアボガドのサラダ、レタス・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にブラックペッパーとパセリを振り掛けマヨドレでいただく。帆立が旬鮮で柔らかくて甘く野菜がショキ々で美味しい。次はワカメと筍とカボチャの煮物、一番だし・酒・醤油と味醂で煮込みミツバを飾り酢橘を搾っていただく。旬ワカメは歯応えも良く筍もカボチャも薄目のだしがしっかり染込んで旨い。三品目はがしらの煮付け、酒だけでじっくり煮込んで砂糖・醤油と味醂で照りをつけ大根と蓮根にミツバを添え酢橘をたっぷり搾っていただく。お目目はトロリ身離れも良くプリ々で甘さ控え目でボリューム満点で美味しーい。四品目は肉じゃが、最高級の黒毛和牛に塩胡椒とガーリックを振り掛けて玉ねぎと一緒に軽く炒め、じゃがいも・人参・スナップエンドウとマロニーを加えだし・酒・砂糖・醤油と味醂で仕上げミツバをトッピングしていただく。お肉はトロ々で甘く野菜は柔らかくてホク々でマロニーも歯応えが良く言う事無く旨ーい。最後は蛤とワカメのお吸い物、炒り粉だし・酒・醤油と味醂で白ねぎと一緒に仕上げ刻みねぎとミツバを添え酢橘をたっぷり搾っていただく。蛤はプリ々でワカメはトロ々に煮えて仕上げには申し分無く美味しい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、帆立とアボガドのサラダ
2、ワカメと筍とカボチャの煮物
3、がしらの煮付け
4、肉じゃが
5、蛤とワカメのお吸い物
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_21032

|

« 男のご飯−1112 | トップページ | 男のご飯−1114 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1113:

« 男のご飯−1112 | トップページ | 男のご飯−1114 »