« 男のご飯−1094 | トップページ | 男のご飯−1096 »

2012年1月22日 (日)

男のご飯−1095

今日は創作日本料理。先ずは生ハムといくらとアボガドのサラダ、ミツバ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。トロ々プチ々ショキ々で美味しい。次は茶碗蒸し、だし・溶き卵・塩・醤油・味醂・酒を溶き百合ね・海老・貝柱・椎茸・ミツバと一緒に蒸しミツバと柚をトッピングしていただく。熱々プリン々で柚が利いて旨い。三品目はお刺身の盛り合わせ、トロサーモンのいくら巻き・甘エビと貝柱の焙りを大葉の上に盛り酢橘を搾ってワサビと黒岩塩でいただく。サーモンといくらは親孝行で海老はトロッと甘く貝柱の焙りは更に甘くて何もかもが旬鮮で美味しーい。四品目はすき焼き、大根・人参・白ねぎ・玉ねぎ・椎茸・舞茸・エノキ・ごぼう・厚揚げ・マロニーと一緒に割り出しで煮込み、フライパンで甘辛くレアーに焼いた黒毛和牛と一緒にいただく。お肉は超柔らかくて甘さは絶妙で野菜はだしがしっかり染込んで超旨ーい。最後はニュー麺、炒り粉だし・酒・醤油と味醂で仕上げ海老とミツバをトッピングし酢橘を搾っていただく。ビンテージ物のニュー麺は腰がしっかりして歯応えが良く酢橘の利いただし良いあんばいで美味しい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムといくらとアボガドのサラダ
2、茶碗蒸し
3、お刺身の盛り合わせ
4、すき焼き
5、ニュー麺
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_136012


|

« 男のご飯−1094 | トップページ | 男のご飯−1096 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1095:

« 男のご飯−1094 | トップページ | 男のご飯−1096 »