« 男のご飯−1087 | トップページ | 男のご飯−1089 »

2012年1月13日 (金)

男のご飯−1088

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドと半熟卵のサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。トロ々ショキ々で美味しい。次は肉じゃが、黒毛和牛の細切れを玉ねぎと一緒に塩胡椒と胡麻油で軽く炒め里芋・人参・こんにゃく・インゲンを加え、だし・砂糖・醤油と味醂で仕上げ山椒の葉を飾っていただく。じゃがいもとは違い里芋の餅っとした食感と甘めに仕上がったお肉と甘さの増した玉ねぎと相まって旨い。三品目は真鰈の煮付け、軽く塩をしてごぼうと一緒に酒だけで煮込み砂糖・醤油と味醂で照りをつけ椎茸とミツバに山椒の葉を飾り酢橘を搾っていただく。身離れも良くフワ々で甘さが絶妙で美味しーい。四品目は牡蠣フライ、大粒の牡蠣を片栗粉で滑りを取り塩胡椒・ガーリックと小麦粉をまぶして溶き卵にカレー粉を加えたパン粉をたっぷりつけ千切りキャベツとトマトを添えレモンを搾っていただく。衣はコンガリ身はプリン々でボリューム満点で旨ーい。最後は豚汁、炒り粉だし・酒・味醂に味噌を溶き餅豚・白ねぎ・大根・人参・玉ねぎ・ごぼう・こんにゃく・しめじと一緒に煮込みミツバをトッピングしていただく。お肉は餅々具沢山で温まって滅茶旨い。今日の〆のデザートはあまおう苺とコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムとアボガドと半熟卵のサラダ
2、肉じゃが
3、真鰈の煮付け
4、牡蠣フライ
5、豚汁
6、あまおう苺とコーヒー

Img_11182

|

« 男のご飯−1087 | トップページ | 男のご飯−1089 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1088:

« 男のご飯−1087 | トップページ | 男のご飯−1089 »