« 男のご飯−1068 | トップページ | 男のご飯−1070 »

2011年12月13日 (火)

男のご飯−1069

今日はイタリアン。先ずはソフトサラミのアンティパスト、シンプルに三種類のサラミを花びら状に盛りオリーブオイルとブラックペッパーにレモンを搾っていただく。とても柔らかく夫々の味が楽しめて美味しい。次はカボチャのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。クリーミーでトロミとコクに甘味があって旨い。三品目はラムチョップのバジルペースト、塩胡椒とガーリックを振り掛けて白ワインで蒸焼きにし特製バジルペーストをたっぷり塗ってレモンを搾り、焼き人参・茄子・パプリカ・ハーブと一緒にいただく。とても柔らかくてジューシーでバジ々に美味しい。四品目は鰈のカポナータ煮込み、塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒め玉ネギ・人参・セロリ・カボチャ・茄子・茸・ブロッコリーを加え、白ワイン・ブイヨン・ホールトマト・オレガノ・ガーリックと塩胡椒で煮詰めレモンをたっぷり搾っていただく。ただ一言旨ーい。最後は海老とウニのクリームパスタ、玉ネギとニンニクで海老をバターで炒め白ワイン・コンソメ・タイム・パルミジャーノ・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げたソースをフェデリーニに絡め、ウニを一箱丸ごと乗せてパルミジャーノとパセリをを振り掛けていただく。ボリュームたっぷりのウニと海老にクリームソースがバッチリ決まって贅沢感いっぱいで滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートは熟れ々ラフランスとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、ソフトサラミのアンティパスト
2、カボチャのクリームスープ
3、ラムチョップのバジルペースト
4、鰈のカポナータ煮込み
5、海老とウニのクリームパスタ
6、熟れ々ラフランスとコーヒー

Img_02672_2

|

« 男のご飯−1068 | トップページ | 男のご飯−1070 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1069:

« 男のご飯−1068 | トップページ | 男のご飯−1070 »