« 男のご飯−1066 | トップページ | 男のご飯−1068 »

2011年12月10日 (土)

男のご飯−1067

今日はフレンチ。先ずはシュリンプとキャロットのムニエル、塩胡椒・ガーリックとバターでソテーし白ワインで軽く蒸してバルサミコを煮詰めたソースにレモンを搾っていただく。海老だけに反り繰り替える程美味しい。次はオニオンとブロッコリーと茸のクリームスープ、ブイヨンでじっくり煮込んでたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。オニオンは蕩けブロッコリーは歯応えも良く茸はだしがしっかり出てクリーミーで旨い。三品目はキングサーモンとあさりのバジルペースト、塩胡椒とガーリックに白ワインでポシェしてバジルの葉・カシューナッツ・白ワイン・オリーブオイル・コンソメ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたバジルペーストをたっぷり塗りレモンを搾っていただく。サーモンは脂乗り々でバジルの風味とレモンの酸味が相まって滅茶旨い。四品目は名古屋コーチンのポアレ、塩胡椒とガーリックだけでポアレにし焼き茄子・人参・パプリカにベビーリーフを添えレモンをたっぷり搾っていただく。皮は香ばしく身は餅々ジューシーで味わい深くて美味しーい。最後は里芋とブロッコリーのグラタン、玉ネギとニンニクをバターで炒め軽く蒸した里芋とブロッコリーを加え、生クリームとチーズをたっぷり入れてオーブンで焼きブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。カリホクトロ々熱々で仕上げには申し分無く旨い。今日の〆のデザートはビエネッタとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、シュリンプとキャロットのムニエル
2、オニオンとブロッコリーと茸のクリームスープ
3、キングサーモンとあさりのバジルペースト
4、名古屋コーチンのポアレ
5、里芋とブロッコリーのグラタン
6、ビエネッタとコーヒー
 

Img_020112

|

« 男のご飯−1066 | トップページ | 男のご飯−1068 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1067:

« 男のご飯−1066 | トップページ | 男のご飯−1068 »