« 男のご飯−1060 | トップページ | 男のご飯−1062 »

2011年12月 1日 (木)

男のご飯−1061

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと貝柱のサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・アボガド・キューリ・セロリ・パプリカと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。生ハムの塩気と貝柱の甘味がショキ々した野菜とバランスが取れて美味しい。次は蒸し穴子のだし巻き、蒸し穴の甘さとボリュームたっぷりのフワ々のだし巻きが何とも言えず旨い。三品目は連子鯛の姿焼き、化粧塩を丁寧にして網焼きにしふろふき大根とごぼうにミツバを添えて酢橘をたっぷり搾っていただく。魚好きにはこれだけで一食行けそうな位甘くてホク々ジューシーでボリュームたっぷりで美味しい。四品目は肉じゃが、牛スジに塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒めてじゃが芋・玉ねぎ・人参・コンニャクを加え、だし・酒・砂糖・醤油と味醂でじっくり煮込み絹さやをトッピングしていただく。黒毛和牛の牛スジはトロ々でじゃがいもはホク々でだしの甘さが絶妙で旨ーい。最後は焼き鳥ニュー麺、硬めに湯がいたニュー麺と塩胡椒だけで網焼きにした名古屋コーチンに炒り粉だし・酒・醤油と味醂で仕上げただしをたっぷり掛けミツバをトッピングして酢橘をたっぷり搾っていただく。ニュー麺は喉越しも最高で鶏はコンガリ餅々で仕上げには申し分無く美味しーい。今日に〆のデザートはキングサイズのあまおう苺とコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムと貝柱のサラダ
2、蒸し穴子のだし巻き
3、連子鯛の姿焼き
4、肉じゃが
5、焼き鳥ニュー麺
6、あまおう苺とコーヒー

Img_99132

|

« 男のご飯−1060 | トップページ | 男のご飯−1062 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1061:

« 男のご飯−1060 | トップページ | 男のご飯−1062 »