« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

男のご飯−1060

今日は創作中華料理。先ずは帆立の皇帝風サラダ、パクチー・ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・キューリ・セロリ・パプリカ・チャービルと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。帆立がとても甘くて餅々でショキ々の野菜と相まって旨い。次はワンタンのサンラータン、鶏ガラスープ・酒・味醂・五香粉・ガーリック・ホールトマト・胡麻油・お酢と塩胡椒でしめじ・茸・セロリ・筍・人参と一緒に煮込みパクチーをトッピングしていただく。ワンタンはトロ々でトマトとお酢の酸味に胡麻油が調和して具沢山で美味しい。三品目はマーボ茄子、黒毛和牛の切り落としに塩胡椒とガーリックを振り掛けて刻みネギ・セロリと鷹の爪で炒め、鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・花椒・テンメンジャン・豆板醤・塩胡椒と片栗粉で仕上げパクチーと糸切り唐辛子をトッピングしていただく。豆板醤の辛さがテンメンジャンの甘さで程よくバランスが取れて旨い。四品目は海老玉のあんかけ、芝海老に塩胡椒とガーリックを振り掛けて小麦粉とたっぷりの溶き卵で揚げ鶏ガラスープ・酒・味醂・醤油・五香粉・下ろし生姜・塩胡椒と片栗粉で仕上げたあんをたっぷり掛け刻みネギをトッピングしていただく。海老はプリン々で生姜無い位美味しーい。最後は青椒肉絲、細切りの黒豚に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒めピーマンと筍の細切りを加え鶏ガラ・酒・味醂・五香粉・オイスターソースと塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。仕上げには言う事無く旨ーい。今日の〆のデザートはフルーツゼリーとビエネッタにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、帆立の皇帝風サラダ
2、ワンタンのサンラータン
3、マーボ茄子
4、海老玉のあんかけ
5、青椒肉絲
6、フルーツゼリーとビエネッタにコーヒー

Img_98782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

男のご飯−1059

今日はフレンチ。先ずはオニオングラタンスープ、オニオンとニンニクを炒めてコンソメでじっくり煮込みガーリックバタークラッカーとチーズを加えてオーブンで焼きブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。しっかりスープが染込んだクラッカーとオニオン超熱々でガーリックが利いて旨い。次はスモークダックと生ハムアボガドのオードブル、焼きカボチャと一緒に生ハムで巻いたアボガドにリンゴとチャービルを盛りレモンと一緒にいただく。ダックはスモーキーで生ハムは野菜とバッチリあって彩り豊かで美味しい。三品目は野菜のグラタン、オニオン・キャベツと白菜をバターで炒めてたっぷりの生クリームで軽く煮込み湯がいた餃子の生地と交互に重ね、ブロッコリーとチーズを加えてオーブンで焼きブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。カリ々トロ々熱々で旨い。四品目は鰤のポアレ野菜クリームソース、塩胡椒・ガーリック・タイムと小麦粉をまぶしてエシャロット・茸・カボチャ・人参・セロリ・ピーマン・パプリカ・ズッキーニと一緒にソテーし、コンソメ・白ワイン・塩胡椒と生クリームで仕上げたソースをたっぷり掛けてチャービルを飾りレモンを搾っていただく。何もかもがクリーミーで鰤々言わしたくなる位美味しーい。最後はラムチョップのバルサミコソース、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてソテーし焼きカボチャ・人参・ピーマンとパプリカにチャビルを添えてレモンを搾り、白ワイン・生クリーム・マヨネーズ・塩胡椒とバルサミコで仕上げたソースでいただく。ラムはジューシーでバルサミコの酸味が良いあんばいで野菜もホク々で旨ーい。今日の〆のデザートはラムレーズンのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、オニオングラタンスープ
2、スモークダックと生ハムアボガドのオードブル
3、野菜のグラタン
4、鰤のポアレ野菜クリームソース
5、ラムチョップのバルサミコソース
6、ラムレーズンのアイスクリームとコーヒー

Img_98332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

男のご飯−1058

今日はイタリアン。先ずは生ハムイチゴ、シンプルに売れ々イチゴを生ハムで巻いてレモンとベビーリーフを添えていただく。甘いイチゴと生ハムの塩気が良いあんばいで旨い。次はブロッコリーのコンソメスープ、コンソメと白ワインでじっくり煮込んでミキサーに掛けブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ブロッコリする位濃厚で美味しい。三品目は生ハムとクリームチーズのミニピザ、餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピーマン・茸・トマトと一緒に焼いてベビーリーフと一緒にいただく。クリームチーズ特有のネットリした食感と風味が絶妙で旨い。四品目はがしらのアクアパッツァ、塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く焼き目をつけてあさり・玉ネギ・カボチャ・人参・茸・ピーマン・パプリカ・セロリ・ズッキーニ・茄子を加え、白ワイン・部位ヨン・タイム・ガーリックと塩胡椒でじっくり煮込みレモンをたっぷり搾っていただく。口が締まらない位身もホク々で野菜たっぷりで美味しーい。最後はボンゴレロッソ、玉ネギ・ニンニクとセロリと一緒にあさりを軽く炒めてワインで蒸しコンソメ・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースを超アルデンテのフェデリーニに絡めパルミジャーノとパセリを振り掛けていただく。全ての具材のバランスが取れて仕上げには申し分無く旨ーい。今日の〆のデザートはイチゴとビエネッタにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムイチゴ
2、ブロッコリーのコンソメスープ
3、生ハムとクリームチーズのミニピザ
4、がしらのアクアパッツァ
5、ボンゴレロッソ
6、イチゴとビエネッタにコーヒー

Img_98022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

男のご飯−1057

今日は創作日本料理。先ずは鴨の薫製とリンゴのサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと昆布の佃煮と一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。アルプス乙女のリンゴの甘酸っぱさに薫製特有の味と香りが相まって野菜もショキ々で美味しい。次はビーフカツ、叩いて延ばした黒毛和牛のフィレに塩胡椒をしてたっぷりの卵とパン粉を付けて揚げ、千切りキャベツとトマトに香菜を添えてレモンを搾りトンカツソースでいただく。衣カリッとフィレは超柔らかくキャベツもショキ々で旨い。三品目は鰤照り大根、塩胡椒をしてしめじと一緒に軽く炒め酒・砂糖・醤油と味醂で照りをつけふろふき大根とミツバを添え酢橘を搾っていただく。甘めの茸ソースが脂の乗った鰤にマッチして大根の煮え具合も抜群で美味しーい。四品目は手羽先と野菜の酒蒸し黒酢風味、塩胡椒と酒だけで人参・ピーマン・パプリカ・キューリ・セロリ・トマト・しめじと一緒にじっくり蒸し上げレモンをたっぷり搾って薄めの醤油の黒酢でいただく。夫々の持ち味が黒酢特有の甘めの風味で引き立って幾らでも食べれる位旨ーい。最後は鰹と昆布の豚汁、鰹と昆布のだしに酒・味醂と醤油で大根・人参・カボチャ・白ねぎ・豆腐にミツバをトッピングし酢橘を搾っていただく。昆布と鰹のだしでさっぱりして仕上げには言う事無く美味しい。今日の〆のデザートは可愛くて香り豊かなアルプス乙女リンゴとコーヒーでお腹いっぱいになりました。

1、鴨の薫製とリンゴのサラダ
2、ビーフカツ
3、鰤照り大根
4、手羽先と野菜の酒蒸し黒酢風味
5、鰹と昆布の豚汁
6、アルプス乙女リンゴとコーヒー

Img_97682_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

男のご飯−1056

今日は創作中華料理。先ずはスモークサーモンの皇帝風サラダ、ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・パプリカとたっぷりのパクチーと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。今日も煙に巻かれてしまう位美味しい。次は海老と鶉の鶏ガラスープ、鶏ガラスープ・酒・味醂と塩胡椒で白銀ネギ・しめじ・セロリ・筍と一緒に煮込んで片栗粉で軽くトロミをつけてパクチーをトッピングしていただく。鶏ガラスープのトロみ加減が良いあんばいで海老のだしもしっかり出て旨い。三品目は焼き餃子とキューリのナムル、合い挽き・キャベツ・鶏ガラ・ガーリックと塩胡椒で練り込んだ具を包んで水溶き片栗粉で蒸焼きにし、胡麻油・酒・醤油・黒酢と鷹の爪で漬け込んだナムルと一緒にレモンを搾りテンメンジャンと定番のタレの2バージョンでいただく。餃子の皮はカリッと具は肉汁もジューシーでナムルは胡麻油が絶妙でピリッとして美味しい。四品目は黒豚と白菜の黒酢炒め、黒豚は棒状に切り塩胡椒・ガーリックと五香粉を振り掛けてカリ々に炒め同じく棒切りした白菜・椎茸・ピーマンと生姜を加え鶏ガラ・酒・味醂・砂糖・醤油・黒酢・塩胡椒と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。黒豚はカリ々白菜はショキ々で甘めの黒酢が何とも言えず旨ーい。最後は手羽先とチンゲンサイのクリーム煮、塩胡椒・ガーリック・五香粉を振り掛けて焼き目をつけ鶏ガラ・酒・ミルク・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げていただく。手羽先はコラーゲンたっぷりトロ々でチンゲンサイ共々超クリーミーで美味しーい。今日の〆のデザートは冬柿とバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、スモークサーモンの皇帝風サラダ
2、海老と鶉の鶏ガラスープ
3、焼き餃子とキューリのナムル
4、黒豚と白菜の黒酢炒め
5、手羽先とチンゲンサイのクリーム煮
6、冬柿とバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_97362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

男のご飯−1055

今日はフレンチ。先ずはスモークダック、シンプルにスモークしたもも肉にベビーリーフとトマトを添えレモンを搾っていただく。はじめからいきなり煙に巻かれてしまう位美味しい。次は海老と野菜のトマトスープ、玉ネギ・茸・ピーマン・エノキと一緒にコンソメ・白ワイン・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で仕上げパセリとパルミジャーノを振り掛けていただく。トマトの酸味が良いあんばいで反り繰りかえる位旨い。三品目は鰤のムニエルラタトゥイユソース、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてバターでソテーし焼き人参・茄子・アスパラガス・パプリカとベビーリーフを添えてレモンを搾り定番の野菜で仕上げたラタトゥイユソースでいただく。カリッとフワッとした脂の乗った鰤にトマトとレモンの酸味がマッチして旨い。四品目は黒毛和牛フィレのポアレ、ニンニクを利かせたオリーブオイルでレアーにソテーしヤングコーン・カボチャ・人参・ピーマンとレッドマスタードを添えてレモンを搾りブラックペッパーと黒岩塩でいただく。柔らかくてジューシーで塩胡椒だけで黒毛和牛は言う事無く美味しーい。最後はゴルゴンゾーラのクリームリゾット、玉ネギとニンニクで洗い米を軽く炒めてたっぷりの茸を加え白ワイン・ブイヨンと塩胡椒で超アルデンテに煮込みたっぷりの生クリームとゴルゴンゾーラで仕上げパルミジャーノ・ブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。アルデンテの歯応えは絶妙でクリーミーなゴルゴンゾーラに茸の風味が相まって滅茶苦茶旨ーい。今日の〆のデザートはチョコレートのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、スモークダック
2、海老と野菜のトマトスープ
3、鰤のムニエルラタトゥイユソース
4、黒毛和牛フィレのポアレ
5、ゴルゴンゾーラのクリームリゾット
6、チョコレートのアイスクリームとコーヒー

Img_971212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

男のご飯−1054

今日は創作日本料理。先ずは魚介とアボガドのサラダ、ベビーリーフ・香菜・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリにイカ刺しとシジミの佃煮と一緒に煎り胡麻とブラックペッパーを振り掛けてマヨネーズでいただく。味の濃い佃煮もたっぷりの野菜で良いあんばいにバランスが取れてイカも甘く新鮮で美味しい。次は鰤の薄造り、丁寧に捌いて三枚に下ろし透ける位薄く切り黒岩塩と溜まりの2バージョンでいただく。ワサビを利かせて白髪ネギと大根を巻いた事で脂が抑えられてどちらのバージョンも甲乙つけがたく旨い。三品目はぶりの兜焼き、シンプルに塩だけで焼き、椎茸を添えレモンをたっぷり搾っていただく。乗り々の脂にたっぷりのレモンでバランスが取れてしっかり身が詰まって食べごたえもあって美味しい。四品目は鰤鍋、厚めに切った鰤を白菜で交互に鋏み大根・人参・椎茸・しめじ・エノキ・ごぼう・春菊・玉ねぎ・白ねぎ・豆腐・マロニーと一緒に昆布と鰹で煮込み、酢橘をたっぷり搾ったポン酢と胡麻ドレの2バージョンでいただく。急に寒くなったこの季節には温かくて鰤々言わしたくなる位旨ーい。最後は天ぷらニュー麺、炒り粉だし・酒・味醂・醤油で仕上げたニュー麺に海老・イカ・茄子・椎茸・カボチャ・アスパラガスとごぼうの天ぷらにねぎとチンゲンサイを添え酢橘を搾っていただく。ビンテージニュー麺のしっかりした歯応えが絶妙で天ぷらも言う事なう美味しーい。今日の〆のデザートは梨とミルクのアイスクリームとコーヒーで美味しい々鰤尽くしでした。

1、魚介とアボガドのサラダ
2、鰤の薄造り
3、ぶりの兜焼き
4、鰤鍋
5、天ぷらニュー麺
6、梨とミルクのアイスクリームとコーヒー

Img_966112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

男のご飯−1053

今日は創作中華料理。先ずは鯛の皇帝風サラダ、ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカにたっぷりのパクチーと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。鯛へん美味しゅうございます。次はフカヒレスープ、鶏ガラスープ・酒・味醂・五香粉・下ろし生姜でチンゲンサイと一緒にじっくり煮込みオイスターソース・塩胡椒と片栗粉で仕上げていただく。コラーゲンたっぷりで滅茶苦茶旨い。三品目は鮴の甘酢あん掛け、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶしてコンガリ揚げ白髪ネギ・玉ネギ・セロリ・キューリ・人参と茸を加え、鶏ガラ・酒・味醂・砂糖・お酢と片栗粉で仕上げてパクチーをトッピングしてレモンを搾っていただく。野菜たっぷりの甘酢あんがカリッと揚がった鮴と相まって美味しい。四品目は青椒肉絲、餅豚に塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶして軽く炒め筍・ピーマンとパプリカと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・オイスターソースと塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。何と言っても中華の王道とも言える青椒肉絲はこのタイミングが旨ーい。最後は牡蠣と白菜のクリーム煮、片栗粉で滑りを取り塩胡椒・ガーリック・五香粉と小麦粉をまぶして軽く炒め白菜と一緒に鶏ガラスープ・酒と塩胡椒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。牡蠣はプリン々白菜はトロ々で何もかもが超クリーミーで美味しーい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、鯛の皇帝風サラダ
2、フカヒレスープ
3、鮴の甘酢あん掛け
4、青椒肉絲
5、牡蠣と白菜のクリーム煮
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_95992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

男のご飯−1052

今日はボジョレーワインでフレンチ。先ずは温野菜のサラダ、急に寒くなったので超シンプルにカボチャ・蕪・人参・椎茸・しめじ・ズッキーニ・茄子・ピーマン・パプリカ・トマトを蒸しベビーリーフとチャービルを飾り特製マスタードマヨドレでいただく。夫々の野菜の味が際立って温かくて美味しい。次ぎはほうれん草のクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。力が盛り々つく位旨い。三品目は手羽中のラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて軽く炒めカボチャ・人参・椎茸・しめじ・エノキ・ズッキーニ・茄子・ピーマン・パプリカを加えて白ワインで蒸し、ブイヨン・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で煮込みトマトとチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。トマトとレモンの程良い酸味にオレガノが良いあんばいに利いてチキンとして美味しい。四品目はラムチョップの香草とパン粉のフランベ、塩胡椒・ガーリック・ローズマリー・パセリ・溶き卵とパン粉をたっぷりつけてソテーしてブランデーでフランベし、焼き人参・茄子・パプリカ・アスパラガスと梨を添えレモンを搾っていただく。パン粉の衣はコンガリ身はジューシーで焼く事で甘めが増した梨との一体感が絶妙で香りも良く滅茶苦茶旨ーい。最後はウニのクリームリゾット、玉ネギとニンニクでしめじ・エノキ・椎茸と洗い米を炒め白ワイン・コンソメ・タイムと塩胡椒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げウニをてんこ盛りにしパルミジャーノとブラックペッパーを振り掛けチャービルを飾っていただく。歯応えも良く仕上げには言う事無く超贅沢で美味しーい。今日の〆のデザートはラムレーズンのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、温野菜のサラダ
2、ほうれん草のクリームスープ
3、手羽中のラタトゥイユ煮込み
4、ラムチョップの香草とパン粉のポアレ
5、ウニのクリームリゾット
6、ラムレーズンのアイスクリームとコーヒー

Img_95712_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

男のご飯−1051

今日はイタリアン。先ずは赤海老のムニエル、塩胡椒とガーリックを振り掛けてバターでソテーし白ワインで軽く蒸しアスパラガスとチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。身はプリ々で腸も足も焦がしバターで香ばしくて美味しい。次はゴボウのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けタップリの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ごぼ々飲んでしまう位クリーミーで旨い。三品目は地鶏のバルサミコソース、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてソテーし人参・カボチャ・茄子・ピーマンと一緒に白ワインで軽く蒸しレモンをたっぷり搾ってバルサミコとマヨネーズで仕上げたソースでいただく。マヨネーズで和らいだバルサミコの酸味が絶妙で野菜はホク々して美味しい。四品目はイベリコ豚と梨のコンポート、塩胡椒・ガーリックとローズマリーでソテーし甘めに仕上げた梨のコンポートの上に盛り椎茸・ゴボウ・カボチャ・ピーマン・パプリカにレッドマスタードを添えレモンを搾っていただく。甘めの梨と超ジューシーな豚との相性が抜群で滅茶苦茶旨ーい。最後はボンゴレロッソ、玉ネギとニンニクであさりを軽く炒めて白ワインで蒸しコンソメ・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースにフェデリーニを絡めてチャービルを飾りパルミジャーノを削り掛けていただく。トマトの酸味とオレガノが利いたあさりのソースがたっぷり絡んでパスタの歯応えが良いあんばいで美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴジャムとイチゴのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、赤海老のムニエル
2、ゴボウのクリームスープ
3、地鶏のバルサミコソース
4、イベリコ豚と梨のコンポート
5、ボンゴレロッソ
6、イチゴジャムとイチゴのアイスクリームにコーヒー

Img_947612_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

男のご飯−1050

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドと昆布の胡麻サラダ、ミツバ・香菜・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒に煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。胡麻ん足で旨い。次は大根と豚の柚鍋、ピーラーできしめん風にしたたっぷりの大根と豚に椎茸・しめじ・エノキ・水菜・人参・ねぎ・ごぼう・京薄揚げ・マロニーと柚のスライスを加え、昆布・酒・味醂でじっくり煮込み酢橘を搾ってポン酢でいただく。柚の利いた大根が歯応えも良くポン酢が良いあんばいで豚と野菜の一体感が美味しい。三品目は鯛の煮付け、鱗と腸を丁寧に取り酒・砂糖と醤油でごぼうと大根と一緒にじっくり煮込み味醂で照りをつけ酢橘を搾っていただく。ボリューム満点で薄めの仕上げが申し分無く旨ーい。四品目は餅豚の角煮、塩胡椒・ガーリックと下ろし生姜で大根と一緒にだし・酒・砂糖・醤油と味醂でとことん煮込みねぎと柚の皮をトッピングして柚胡椒でいただく。笑ける位トロ々で美味しーい。最後はじゃがいもとねぎとミツバのお澄まし、炒り粉だし・酒・醤油と味醂で煮込み柚の皮をたっぷり入れていただく。葉仕上げに柚れ無い位旨い。今日の〆のデザートはマーマレードジャムとアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドと昆布の胡麻サラダ
2、大根と豚の柚鍋
3、鯛の煮付け
4、餅豚の角煮
5、じゃがいもとねぎとミツバのお澄まし
6、マーマレードジャムとアイスクリームにコーヒー

Img_945912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

男のご飯−1049

今日は創作中華料理。先ずは戻り鰹の皇帝風サラダ、たっぷりのパクチーに白髪ネギ・大根・人参・キューリ・セロリ・パプリカと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。たっぷりの野菜と鰹が一体となって申し分無く美味しい。次はサンラータンの水餃子、鶏ガラスープ・酒・味醂・五香粉で合い挽きとキャベツの餃子・春雨・イカ・鮭・筍・セロリ・木耳・しめじと一緒に煮込み、お酢・胡麻油・塩胡椒と片栗粉でトロミを付けてパクチーをトッピングしていただく。具沢山でお酢と胡麻油が絶妙で旨い。三品目は若鶏とブロッコリーとアスパラガスの八角煮、若鶏に塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒めブロッコリー・アスパラ・パプリカとしめじを加え鶏ガラ・酒・味醂と八角で蒸し煮にしていただく。八角のほんのりと甘い香りと風味が中華特有の良い感じに仕上がって旨い。四品目は青椒肉絲、定番通り餅豚の細切りに塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め筍・ピーマンとパプリカを加え鶏ガラ・酒・味醂・五香粉・胡麻油・オイスターソースと塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。ただ一言美味しーい。最後はほうれん草と鱈のクリーム煮、塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒めほうれん草と一緒に鶏ガラと酒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。身分厚の鱈はホク々でほうれん草もクリーミーで旨ーい。最後はビエネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、戻り鰹の皇帝風サラダ
2、サンラータンの水餃子
3、若鶏とブロッコリーとアスパラガスの八角煮
4、青椒肉絲
5、ほうれん草と鱈のクリーム煮
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_943012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

男のご飯−1048

今日はフレンチ。先ずはサーモンとイカと野菜のゴルゴンゾーラのマリネ、玉ネギ・ニンニク・カボチャ・人参・セロリ・ピーマン・パプリカ・ズッキーニ・トマトにクリームチーズ・ゴルゴンゾーラと塩胡椒で和えたマリネを、焙ったサーモンとイカにたっぷり乗せてイクラを添えレモンを搾っていただく。このコラボは旨い。次はコーンクリームスープ、コンソメでじゃがいもと一緒にじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。温かくてトロ々クリーミーで美味しい。三品目は牛タンのアボガドクリームチーズ巻き、塩胡椒をしてレアーに焼きアボガドとクリームチーズを巻いて白ワインで軽く蒸焼きにし焼きカボチャ・人参とパプリカにチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。熟れ々のアボガドに超クリーミーなチーズが歯応えの良い牛タンと相まって滅茶苦茶旨い。四品目は地鶏と生ハムのポアレ、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて軽く炒め生ハムでグルグル巻きにし白ワインでほんの少し蒸焼きじゃがいも・茸とトマトを添えレモンをたっぷり搾っていただく。地鶏のジューシーさに生ハムの塩気でバランスが取れて美味しーいとしか言いようが無い。最後はじゃがいものグラタン、玉ネギ・ニンニクとスライスしたじゃがいもをバターで炒めコーンクリーム・生クリーム・チーズとパン粉でオーブンに掛けパルミジャーノをたっぷり振り掛けていただく。超熱々でカリ々ホク々トロ々で旨ーい。今日の〆のデザートはラムレーズンのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、サーモンとイカと野菜のゴルゴンゾーラのマリネ
2、コーンクリームスープ
3、牛タンのアボガドクリームチーズ巻き
4、地鶏と生ハムのポアレ
5、じゃがいものグラタン
6、ラムレーズンのアイスクリームとコーヒー

Img_940012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

男のご飯−1047

今日はアメリカン。先ずはフィッシャーマンズサラダ、海老・あさり・イカ・サーモン・生ハムとヤングコーン・オレンジ・ブルーベリー・レタス・パプリカ・セロリ・キューリ・大根・人参にチャービルとイクラをトッピングしてブラックペッパーとパセリを振り掛けバルサミコマヨネーズでいただく。文句のつけようが無いくらい美味しい。次はコーンクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。コーンが甘くてクリーミーで旨い。三品目はミックスバーベキュー、海老・イカ・サーモン・餅豚・チキン・蛤とカボチャ・長芋・人参・じゃがいも・ピーマン・パプリカ・茄子・ネギと一緒に塩胡椒とガーリックだけで網焼きにしレモンをたっぷり搾っていただく。焼き加減が絶妙で夫々の素材の味が活きてレモンが爽やかで美味しい。四品目は骨つきもも肉の鉄板焼き、塩胡椒・ガーリックとタイムの葉でじっくり焼いて白ワインで軽く蒸しオレンジの上に盛りネギとハーブを添えレモンを搾っていただく。オレンジの甘さとジューシー加減と、もも肉とハーブのコラボが良いあんばいで滅茶苦茶旨ーい。最後はアメリカンクラブハウスサンド、定番通り地鶏とカリカリベーコンにレタス・キューリ・ピクルス・トマトと一緒に辛子バタートーストで挟みポテトを添えてケチャップマヨネズでいただく。超ボリューミーで全ての具材がマッチして何時食べても美味しーい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとアメリカンコーヒーで美味しい々アメリカンでした。

1、フィッシャーマンズサラダ
2、コーンクリームスープ
3、ミックスバーベキュー
4、骨つきもも肉の鉄板焼き
5、アメリカンクラブハウスサンド
6、ビエネッタのアイスクリームとアメリカンコーヒー

Img_928512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

男のご飯−1046

今日は創作日本料理。先ずはしじみの佃煮とアボガドのサラダ、レタス・ベビーリーフ・長芋・大根・人参・セロリ・パプリカ・キュ−リ・トマトと一緒にブラックペッパーとパセリを振り掛けてマヨネーズでいただく。煮詰めた佃煮が野菜のさっぱり感でバランスが取れて旨い。次はネギマの焼き鳥、名古屋コーチンをネギとピーマンで交互に串刺しにし塩胡椒とガーリックにタイムを振り掛けて網焼きにしてトマトを添えレモンをたっぷり搾っていただく。身はプリ々ジューシーでネギとマッチして美味しい。三品目は秋刀魚と椎茸の塩焼きと煮蕪、塩胡椒だけでじっくり焼いて昆布だしでとことん煮込んだ蕪と一緒に酢橘を搾っていただく。秋刀魚は脂乗り々で蕪はトロ々で椎茸はホク々で旨い。四品目はウニとイクラのお寿司、甘めの人肌のシャリを軍艦巻きにしてウニとイクラをてんこ盛りしレモンを搾って黒岩塩でいただく。言う事無く滅茶苦茶美味しーい。最後は具沢山のあさり汁、鰹と昆布に酒と味醂で大根・人参・ごぼう・椎茸・ピーマン・ネギと一緒に煮込み柚の皮をたっぷり刻んでいただく。具沢山の野菜とあさりのだしがしっかり出ては仕上げに申し分無く旨い。今日の〆のデザートはピオーネとバニラのアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、しじみの佃煮とアボガドのサラダ
2、ネギマの焼き鳥
3、秋刀魚と椎茸の塩焼きと煮蕪
4、ウニとイクラのお寿司
5、具沢山のあさり汁
6、ピオーネとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_923712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

男のご飯−1045

今日はイタリアン。先ずは魚介のフリットのサラダ、海老とイカに塩胡椒をしてメレンゲで溶いた小麦粉をまぶして揚げ、ベビーリーフ・ブルーベリーと一緒にレモンを搾ってバルサミコマヨネーズでいただく。衣がフワ々で身はプリ々で酸味の利いたドレッシングがマッチして美味しい。次はパンプキンのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。温かくてクリーミーで旨い。三品目はサーモンのミニピザ、餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピーマン・茸と一緒にたっぷりのミックスチーズで焼きバジルとブラックペッパーを振り掛けていただく。何時もながらカリ々トロ々餅々で美味しい。四品目は鮴のカポナータ煮込み、塩胡椒をして玉ネギとニンニクで海老とあさりと一緒に軽く炒め白ワインで蒸し、カボチャ・人参・ブロッコリー・茸・茄子・セロリ・ズッキーニを加え、ブイヨン・白ワイン・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で煮込みレモンを搾っていただく。具沢山でトマトの酸味が良いあんばいでカポ々食べてしまう位旨ーい。最後はリングイネのカルボナーラ、玉ネギとニンニクでパンチェッタをカリ々に炒め卵・生クリーム・パルミジャーノと塩胡椒で溶いたソースをたっぷり絡めパルミジャーノを削り掛けていただく。たっぷりのクリーミーなソースが絡んだリングイネの食感は絶妙でパンチェッタの塩気と相まって美味しーい。今日の〆のデザートはラムレーズンのアイスクリームとブルーベリーにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、魚介のフリットのサラダ
2、パンプキンのクリームスープ
3、サーモンのミニピザ
4、鮴のカポナータ煮込み
5、リングイネのカルボナーラ
6、ラムレーズンのアイスクリームとブルーベリーにコーヒー

Img_91762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

男のご飯−1044

今日は創作中華料理。先ずは帆立の皇帝風サラダ、パクチー・ミツバ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。何時もながら帆立は甘くホタってしまう位美味しい。次は水餃子のサンラータン、鶏ガラスープ・酒・味醂・五香粉・塩胡椒・ガーリックとホールトマトで餃子と一緒に白髪ネギ・茸・蕪・人参・木耳・セロリを煮込み胡麻油とお酢で仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。トマトとお酢の酸味に胡麻油が利いて旨い。三品目はマーボ茄子豆腐、ネギ・ニンニク・鷹の爪と一緒に合い挽きを炒めて茄子と豆腐を加え鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・豆板醤・醤油・胡麻油・花椒・オイスターソース・塩胡椒と片栗粉で仕上げ糸切り唐辛子に刻みネギをトッピングしていただく。茄子も豆腐も熱々でピリッとパンチの効いたソースがしっかり絡んで美味しい。四品目は蕪と若鶏のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックと五香粉を振り掛けて軽く炒め蕪・茸と一緒に鶏ガラスープと酒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。鶏も蕪もクリーミーでトロットロで旨ーい。最後は八宝菜、黒豚に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め海老・イカ・玉ネギ・ブロッコリー・カボチャ・人参・セロリ・ピーマン・パプリカ・ヤングコーン・木耳・茸を加え鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油と塩胡椒で煮込み片栗粉で仕上げていただく。彩りも良く適度な塩味が絶妙で魚介の野菜も具沢山で美味しーい。今日の〆のデザートはピオーネとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、帆立の皇帝風サラダ
2、水餃子のサンラータン
3、マーボ茄子豆腐
4、蕪と若鶏のクリーム煮
5、八宝菜
6、ピオーネとコーヒー

Img_91412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

男のご飯−1043

今日は創作日本料理。先ずはミツバと長芋の胡麻昆布サラダ、大根・ネギ・キューリ・パプリカ・トマトとワサビ昆布と一緒に煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。このコラボは胡麻かしようが無い位美味しい。次は蕪のそぼろあんかけ、昆布と鰹でとことん煮込み合い挽きを加え酒・味醂・醤油と片栗粉で仕上げ柚とミツバをトッピングしていただく。そぼろあんがトロ々の蕪にしっかり絡み柚の香りがバッチリ利いて旨い。三品目は鰤の照り焼きとふろふき大根、塩胡椒をして軽く炒めてだし・酒・砂糖・醤油と味醂で照りをつけふろふき大根に合わせ味噌を乗せ酢橘を搾っていただく。脂乗り々で言う事無く美味しい。四品目は穴子のだし巻き、二八に溶いた卵でたっぷりの穴子を半熟に巻いてミツバを添え甘タレでいただく。ただ一言美味しーい。最後は南蛮手羽先にゅー麺、塩胡椒とガーリックを振り掛けて炒めて酒で蒸し炒り粉だし・酒・味醂と醤油で仕上げた京薄揚げとネギと一緒にすだちを搾っていただく。揖保の糸は歯応えも喉越しも良く手羽先はジューシーで温かくて旨ーい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、ミツバと長芋の胡麻昆布サラダ
2、蕪のそぼろあんかけ
3、鰤の照り焼きとふろふき大根
4、穴子のだし巻き
5、南蛮手羽先にゅー麺
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_91202_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

男のご飯−1042

今日はイタリアン。先ずは魚介のテリーヌ、海老・蟹・茸・カボチャ・玉ネギ・セロリ・ズッキーニ・インゲン・茄子・三色パプリカをコンソメと白ワインで煮込んでキャベツで包みゼラチンで冷やして固め、イクラ・ウニとチャービルをトッピングして特製クリームソースでいただく。見た目も綺麗でクリームソースがバッチリ決まって美味しい。次はブロッコリーのクリームスープ、ブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ブロッコリする位クリーミーで旨い。三品目は手羽先のバルサミコソース、塩胡椒・ガーリックとタイムの葉でソテーし白ワインとバルサミコで蒸しパプリカ・人参・インゲンとチャービルを添えレモンんを搾っていただく。バルサミコの酸味が良いあんばいで身離れも良くジューシーで美味しい。四品目はラムチョップのムニエルカポナータ添え、塩胡椒・ガーリック・ローズマリーと小麦粉をまぶしてバターでソテーして白ワインで軽く蒸し、玉ネギ・人参・カボチャ・茸・セロリ・ズッキーニ・三色パプリカをコンソメ・白ワイン・ホールトマトとオレガノで仕上げたカポナータにインゲンとブロッコリーを添えレモンを搾っていただく。ただ一言旨ーい。最後はウニと蟹のクリームソースのパスタ、玉ネギとニンニクを炒め白ワイン・コンソメ・生クリーム・パルミジャーノと塩胡椒で煮込んだソースをフェットチー二に絡めウニ・イクラ・蟹とチャービルをトッピングしパルミジャーノを削り掛けていただく。贅沢感いっぱいで超クリーミーで滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴのソルベソコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、魚介のテリーヌ
2、ブロッコリーのクリームスープ
3、手羽先のバルサミコソース
4、ラムチョップのムニエルカポナータ添え
5、ウニと蟹のクリームソースのパスタ
6、イチゴのソルベソコーヒー

Img_905912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

男のご飯−1041

今日は創作中華料理。先ずはサーモンとイクラの皇帝風サラダ、パクチー・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・赤黄パプリカ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。親孝行で美味しい。次ぎは蟹玉スープ、鶏ガラスープ・酒・味醂と塩胡椒を煮込んで卵を綴じ片栗粉でトロミをつけお刺身の蟹とパクチーをトッピングしていただく。トロミがついた半熟卵と甘い蟹が絶妙で旨い。三品目は若鶏と野菜のオイスターソース炒め、若鶏に塩胡椒・ガーリックと五香粉を振り掛けて筍と三色パプリカと一緒に炒め鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・塩胡椒とオイスターソースで仕上げパクチーをトッピングしていただく。野菜はショキ々で若鶏はチキンとして美味しい。四品目は焼き餃子と焼豚とナムルの盛り合わせ、合い挽きとキャベツの餃子は羽根をつけて焼き餅豚は塩胡椒・ガーリックと酒で蒸焼きにし胡麻油・塩胡椒と鷹の爪で漬込んだキューリのナムルと一緒にレモンを搾りポン酢とテンメンジャンの2バージョンでいただく。何もかもが文句のつけようが無い位滅茶苦茶旨ーい。最後は酢豚、角切りした黒豚に塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶしてコンガリ揚げ、筍・三色パプリカ・人参・玉ネギと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・砂糖・お酢・ケチャップと片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。黒豚はカリッとして餅々で野菜はショキ々で甘酸っぱいあんが良く絡んで美味しーい。今日の〆のデザートはブルーベリーとバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、サーモンとイクラの皇帝風サラダ
2、蟹玉スープ
3、若鶏と野菜のオイスターソース炒め
4、焼き餃子と焼豚とナムルの盛り合わせ
5、酢豚
6、ブルーベリーとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_898012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

男のご飯−1040

今日はフレンチ。先ずは海老とサーモンのテリーヌ、コンソメでキャベツ・人参・ゴボウ・カボチャ・茸・パプリカ・ピーマン・玉ネギ・セロリと一緒にじっくり煮込みキャベツで丁寧に巻いてゼラチンで固めて冷やし、サーモンとチャービルを飾り特製マヨネーズのクリームソースとケチャップでいただく。切り目が瑞々しくてゼラチンの食感が絶妙でクリームミーなソースが良いあんばいで美味しい。次ぎはじゃがいものポタージュ、ブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ポタッとして超クリーミーで旨い。三品目は舌平目のムニエル、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてじゃがいも・人参・玉ネギと一緒にバターでソテーしトマトとチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。表面はコンガリカリッとして身離れも良くホク々で野菜共々滅茶美味しい。四品目は黒毛和牛フィレのポアレ、塩胡椒とニンニクだけでソテーして白ワインで軽く蒸しカボチャ・人参・茄子とトマトを添えすだちを搾って黒岩塩でいただく。お肉は超柔らかくてジューシーで黒岩塩だけで旨ーい。最後は牡蠣のゴルゴンゾーラのクリームリゾット、玉ネギと一緒に洗い米を炒めコンソメ・白ワイン・タイムと塩胡椒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで溶いたゴルゴンゾーラで仕上げチャービルをトッピングしていただく。牡蠣はプリ々でお米は良いあんばいのアルデンテで仕上げには言う事無く美味しーい。今日の〆のデザートはラムレーズンのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、海老とサーモンのテリーヌ
2、じゃがいものポタージュ
3、舌平目のムニエル
4、黒毛和牛フィレのポアレ
5、牡蠣のゴルゴンゾーラのクリームリゾット
6、ラムレーズンのアイスクリームとコーヒー

Img_89422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

男のご飯−1039

今日は創作日本料理。先ずはツナと半熟卵のサラダ、ミツバ・レタス・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。蕩けた半熟卵が野菜とツナにまとわりついて何とも言えない一体感が美味しい。次は筑前煮、順当に若鶏に塩胡椒をして筍・人参・蓮根・干し椎茸・ごぼう・コンニャク・インゲンと一緒にオリーブオイルと胡麻油炒め、だし・酒・砂糖・醤油と味醂で仕上げ山椒の葉をトッピングしていただく。筑前煮はいつ食べても懐かしくて旨い。三品目は鰈の煮付け、ごくごくシンプルに酒だけごぼうと一緒にじっくり煮込んで砂糖・醤油と味醂で仕上げ山椒の葉をトッピングし酢橘を搾っていただく。身離れも良く脂乗り々で縁側はトロ々で鰈は甘めが美味しい。四品目は牡蠣フライ、片栗粉で水洗いをして滑りを取り小麦粉・溶き卵にしっかりとパン粉を付けて揚げ千切りキャベツと一緒に黒岩塩とトンカツソースにマヨネーズでいただく。一言旨ーい。最後はカレー南蛮のにゅー麺、炒り粉だし・酒・味醂・醤油で地鶏・玉ねぎ・白ねぎ・京薄揚げと一緒に煮込みカレー粉と片栗粉で仕上げ浅めに湯がいたソーメンにたっぷり掛けねぎを乗せていただく。カレーのあんが麺と具にしっかり絡んで文句無く滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートはビエネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、ツナと半熟卵のサラダ
2、筑前煮
3、鰈の煮付け
4、牡蠣フライ
5、カレー南蛮のにゅー麺
6、ビエネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_88792

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

男のご飯−1038

今日はイタリアン。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、シンプルに熟れ々のアボガドを生ハムで巻いてレモンを乗せてトマトを添えブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。熟れ々のアボガドと生ハムの塩気にレモンとトマトの酸味が相まって美味しい。次はコーンとポテトのクリームスープ、どちらもコンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。コーンとポテトの甘味に生クリームが加わってトロッとしてクリーミーで旨い。三品目はベーコンとトマトのミニピザ、餃子の生地にピザソースをたっぷり塗ってオニオン・ピーマンとたっぷりのモッツァレラと一緒に焼いてバジルとブラックペッパーを振り掛けていただく。何時もながら餅々カリ々トロ々で美味しい。四品目はがしらのアクアパッツァ、塩胡椒・ガーリックとローズマリーを振り掛けて焼き目をつけカボチャ・人参・茸・ピーマン・パプリカ・ズッキーニ・セロリと一緒にたっぷりの白ワイン・ブイヨンで煮込み塩胡椒で仕上げてクレソンを飾りレモンを搾っていただく。野菜エキスたっぷりのワインソースがしっかり染込んでに魚好きには言いようが無い位旨ーい。最後はイベリコ豚のパン粉揚げ、塩胡椒・ガーリック・タイムを振り掛けて溶き卵をつけバジルとパセリを加えたパン粉をしっかりまぶして白ワインで蒸焼きにし、焼きカボチャ・ピーマン・パプリカにハーブを添えレモンをたっぷり搾っていただく。カリッとモチッとジューシーで美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴのヨーグルトソースとアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、コーンとポテトのクリームスープ
3、ベーコンとトマトのミニピザ
4、がしらのアクアパッツァ
5、イベリコ豚のパン粉揚げ
6、イチゴのヨーグルトソースとアイスクリームにコーヒー

Img_882812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »