« 男のご飯−1051 | トップページ | 男のご飯−1053 »

2011年11月21日 (月)

男のご飯−1052

今日はボジョレーワインでフレンチ。先ずは温野菜のサラダ、急に寒くなったので超シンプルにカボチャ・蕪・人参・椎茸・しめじ・ズッキーニ・茄子・ピーマン・パプリカ・トマトを蒸しベビーリーフとチャービルを飾り特製マスタードマヨドレでいただく。夫々の野菜の味が際立って温かくて美味しい。次ぎはほうれん草のクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。力が盛り々つく位旨い。三品目は手羽中のラタトゥイユ煮込み、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて軽く炒めカボチャ・人参・椎茸・しめじ・エノキ・ズッキーニ・茄子・ピーマン・パプリカを加えて白ワインで蒸し、ブイヨン・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で煮込みトマトとチャービルを添えレモンをたっぷり搾っていただく。トマトとレモンの程良い酸味にオレガノが良いあんばいに利いてチキンとして美味しい。四品目はラムチョップの香草とパン粉のフランベ、塩胡椒・ガーリック・ローズマリー・パセリ・溶き卵とパン粉をたっぷりつけてソテーしてブランデーでフランベし、焼き人参・茄子・パプリカ・アスパラガスと梨を添えレモンを搾っていただく。パン粉の衣はコンガリ身はジューシーで焼く事で甘めが増した梨との一体感が絶妙で香りも良く滅茶苦茶旨ーい。最後はウニのクリームリゾット、玉ネギとニンニクでしめじ・エノキ・椎茸と洗い米を炒め白ワイン・コンソメ・タイムと塩胡椒でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げウニをてんこ盛りにしパルミジャーノとブラックペッパーを振り掛けチャービルを飾っていただく。歯応えも良く仕上げには言う事無く超贅沢で美味しーい。今日の〆のデザートはラムレーズンのアイスクリームとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、温野菜のサラダ
2、ほうれん草のクリームスープ
3、手羽中のラタトゥイユ煮込み
4、ラムチョップの香草とパン粉のポアレ
5、ウニのクリームリゾット
6、ラムレーズンのアイスクリームとコーヒー

Img_95712_2

|

« 男のご飯−1051 | トップページ | 男のご飯−1053 »

フレンチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1052:

« 男のご飯−1051 | トップページ | 男のご飯−1053 »