« 男のご飯−1049 | トップページ | 男のご飯−1051 »

2011年11月18日 (金)

男のご飯−1050

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドと昆布の胡麻サラダ、ミツバ・香菜・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒に煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。胡麻ん足で旨い。次は大根と豚の柚鍋、ピーラーできしめん風にしたたっぷりの大根と豚に椎茸・しめじ・エノキ・水菜・人参・ねぎ・ごぼう・京薄揚げ・マロニーと柚のスライスを加え、昆布・酒・味醂でじっくり煮込み酢橘を搾ってポン酢でいただく。柚の利いた大根が歯応えも良くポン酢が良いあんばいで豚と野菜の一体感が美味しい。三品目は鯛の煮付け、鱗と腸を丁寧に取り酒・砂糖と醤油でごぼうと大根と一緒にじっくり煮込み味醂で照りをつけ酢橘を搾っていただく。ボリューム満点で薄めの仕上げが申し分無く旨ーい。四品目は餅豚の角煮、塩胡椒・ガーリックと下ろし生姜で大根と一緒にだし・酒・砂糖・醤油と味醂でとことん煮込みねぎと柚の皮をトッピングして柚胡椒でいただく。笑ける位トロ々で美味しーい。最後はじゃがいもとねぎとミツバのお澄まし、炒り粉だし・酒・醤油と味醂で煮込み柚の皮をたっぷり入れていただく。葉仕上げに柚れ無い位旨い。今日の〆のデザートはマーマレードジャムとアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドと昆布の胡麻サラダ
2、大根と豚の柚鍋
3、鯛の煮付け
4、餅豚の角煮
5、じゃがいもとねぎとミツバのお澄まし
6、マーマレードジャムとアイスクリームにコーヒー

Img_945912

|

« 男のご飯−1049 | トップページ | 男のご飯−1051 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1050:

« 男のご飯−1049 | トップページ | 男のご飯−1051 »