« 男のご飯−1023 | トップページ | 男のご飯−1025 »

2011年10月16日 (日)

男のご飯−1024

今日は創作日本料理。先ずはツナと昆布とちりめんじゃこのサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・人参・パプリカ・キューリ・セロリと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。昆布とちりめんの佃煮がさっぱりショキ々した野菜と相まって旨い。次はウニの卵巻き、二八に溶いた卵で焼きウニを丁寧に巻き仕上げにウニをトッピングし酢橘をほんの少し搾ってウニたれと黒岩塩でいただく。贅沢感もあり笑ける位美味しい。三品目はイサキの煮付け、軽く塩をして酒だけであさりと一緒にじっくり煮込みだし・砂糖・醤油と味醂で照りをつけ里芋・椎茸にミツバと山椒の葉を添え酢橘をたっぷり搾っていただく。気持ち濃いめに仕上げた事で淡白なイサキの味がしっかりとイサギ良くなって旨ーい。四品目はトンカツとピカタの揚物、塩胡椒をして溶き卵で焼いたピカタと更にパン粉をたっぷりつけて揚げたトンカツにキャベツの千切りと香草を添えレモンをたっぷり搾り黒岩塩とケチャップマヨネーズの2バージョンでいただく。ドチラがカツとも言えない位卵たっぷりで美味しーい。最後はあさりのお澄まし、炒り粉だし・酒・醤油と味醂でネギと一緒に仕上げ刻みネギとミツバをトッピングして酢橘をたっぷり搾っていただく。あさりだけにアッサリして仕上げには申し分無く旨い。今日の〆のデザートはピオーネとラムレーズンのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、ツナと昆布とちりめんじゃこのサラダ
2、ウニの卵巻き
3、イサキの煮付け
4、トンカツとピカタの揚物
5、あさりのお澄まし
6、ピオーネとラムレーズンのアイスクリームとコーヒー

Img_820612_2

|

« 男のご飯−1023 | トップページ | 男のご飯−1025 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1024:

« 男のご飯−1023 | トップページ | 男のご飯−1025 »