« 男のご飯−1018 | トップページ | 男のご飯−1020 »

2011年10月 9日 (日)

男のご飯−1019

今日はイタリアン。先ずは蒸し栗とバナナと生ハムのサラダ、シンプルに蒸し栗とバナナを生ハムで巻いてクリームチーズとトマトをトッピングしてブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。栗もバナナも甘く生ハムに塩気とマッチして美味しい。次はキャロットのクリームスープ、玉ネギと人参をガーリックで軽く炒めてコンソメでじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。キャロットに玉ネギの甘さが加わってクリーミーで旨い。三品目はスペアリブの香草焼き、塩胡椒・ガーリックとローズマリーを振り掛けてバターでソテーし白ワインで軽く蒸してオニオンの上に盛り、人参・パプリカ・ブリッコリー・カボチャとベビーリーフを添えレモンを搾っていただく。ローズマリーの香りと風味が良いあんばいに利いてお肉がジューシーで美味しい。四品目はチキンのピカタ、若鶏に塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて小麦粉をまぶしチーズたっぷりの溶き卵をしっかりつけて焼き、焼き栗・カボチャ・人参・パプリカ・トマトにベビーリーフを添えレモンをたっぷり搾っていただく。レモンの酸味がチーズたっぷりの卵にマッチして親孝行で旨ーい。最後は鮭の白子とイクラのクリームパスタ、玉ネギとニンニクを炒めて香りをだし塩胡椒・ガーリック・タイムに片栗粉をまぶした白子に茸とブロッコリーを加えて炒めコンソメ・白ワイン・タイム・塩胡椒とたっぷりのパルミジャーノと生クリームで仕上げたソースにフェデリーニを絡めイクラをトッピングしパルミジャーノを削り掛けていただく。男と女の何とも言えない絶妙な組み合わせに生クリームが更に際立って美味しーい。今日の〆のデザートはヨーグルトソースとミルクのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、蒸し栗とバナナと生ハムのサラダ
2、キャロットのクリームスープ
3、スペアリブの香草焼き
4、チキンのピカタ
5、鮭の白子とイクラのクリームパスタ
6、ヨーグルトソースとミルクのアイスクリームにコーヒー

Img_793412_2

|

« 男のご飯−1018 | トップページ | 男のご飯−1020 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−1019:

« 男のご飯−1018 | トップページ | 男のご飯−1020 »