« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

男のご飯−989

今日はイタリアン。先ずはクロカワカジキの生ハムサラダ、ピオーネを包んでイクラとレモンを乗せベビーリーフを飾りブラックペッパーでいただく。熟れ々ピオーネと生ハムがえも言えない位絶妙で美味しい。次はコーンクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。トロッとしてクリーミーで旨いとしか言いようが無い。三品目は生ハムと野菜のミニピザ、焼売の生地にホールトマトをたっぷり塗ってオニオン・ピーマン・パプリカ・トマトを乗せて焼きベビーリーをトッピングしてパプリカを振り掛けていただく。カリ々トロ々で具沢山で美味しい。四品目はシュリンプと鮭の白子のムニエル、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてバターで炒めて白ワインで蒸し椎茸・人参・パプリカ・インゲンとレッドマスタードを添レモンを搾っていただく。海老はプリ々白子はフワ々で焦がしバターの風味が活きて旨ーい。最後はボンゴレロッソ、玉ねぎとニンニクを炒めてあさりを加え白ワイン・コンソメ・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で煮込んだソースを超アルデンテのフェデリーニに絡めパセリとパルミジャーノをたっぷり掛けていただく。あさりはプリ々でトマトの酸味とパスタの歯応えが良いあんばいで美味しーい。今日の〆のデザートは夕張メロンのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、クロカワカジキの生ハムサラダ
2、コーンクリームスープ
3、生ハムと野菜のミニピザ
4、シュリンプと鮭の白子のムニエル
5、ボンゴレロッソ
6、夕張メロンのアイスクリームとカプチーノ

Img_633412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

男のご飯−988

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと半熟卵の胡麻サラダ、ミツバ・クレソン・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒に煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。ショキ々トロ々で旨い。次は筑前煮、若鶏に塩胡椒をして筍・蓮根・椎茸と一緒に軽く炒めてインゲンを加えだし・酒・味醂・ハチミツと醤油で仕上げミツバを飾っていただく。ハチミツの甘さが奥ゆかしく夫々の持ち味が活きて美味しい。三品目は華麗の煮付け、軽く塩をして酒だけでじっくり煮込みだし・砂糖・醤油に味醂で照りを付けゴボウ・椎茸と甘唐辛子を添え山椒の葉をたっぷり飾り酢橘を搾っていただく。甘さ控えめで華麗な味がしてボリュームたっぷりで旨ーい。四品目は鱧の梅肉、丁寧に骨切りをして軽く湯引きにし大葉の上に盛り人参・パセリに花穂紫蘇を飾り酢橘を搾ってたっぷりの梅肉でいただく。湯引きの身の締まり具合が良いあんばいでホク々して梅肉が何と言っても美味しーい。最後は豚汁、大根・人参・椎茸・しめじ・カボチャと一緒に炒り粉だしで煮込み赤味噌を溶いてミツバをトッピングしていただく。暑い々残暑には熱い々豚汁も美味しい。今日の〆のデザートはピオーネとバニラのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムと半熟卵の胡麻サラダ
2、筑前煮
3、華麗の煮付け
4、鱧の梅肉
5、豚汁
6、ピオーネとバニラのアイスクリームとコーヒー

Img_628712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

男のご飯−987

今日はフレンチ。先ずは生ハムと穴子とアボガドのサラダ、生ハムで蒸し穴子・カボチャとアボガドを巻いてレモンをトッピングしクレソンを飾りブラックペッパーとパセリでいただく。熟れ々ホク々で生ハムと相まって美味しい。次はオニオンのクリームスープ、コンソメでガーリックで炒めたオニオンスライスを煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。オニオンはトロ々でとても柔らかくてクリーミーで旨い。三品目は黒毛和牛のパン粉揚げ、塩胡椒・ガーリックとローズマリーを振り掛け溶き卵・小麦粉にパン粉をタップリ付けて焦がしバターで焼きコンガリ焼いたパンの上に盛り人参・茄子・甘唐辛子を添えレモンをたっぷり搾っていただく。コンガリとしていてジューシーで美味しい。四品目は地鶏のポワレバジル風味、塩胡椒・ガーリックとバジルを振り掛けてコンガリ焼き白ワインで蒸焼きにして茸・バジルが利いて超柔らかくてプリ々で旨ーい。最後はパンチェッタとゴルゴンゾーラのクリームリゾット、玉ねぎ・ニンニクと塩胡椒で洗い米・パンチェッタと一緒に炒めコンソメ・白ワインとタイムでじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。ご飯の歯応えが良いあんばいで仕上げには言う事無く美味しーい。今日の〆のデザートはバニラのアイスクリームにカフェラテで美味しいフレンチでした。

1、生ハムと穴子とアボガドのサラダ
2、オニオンのクリームスープ
3、黒毛和牛のパン粉揚げ
4、地鶏のポワレバジル風味
5、パンチェッタとゴルゴンゾーラのクリームリゾット
6、バニラのアイスクリームにカフェラテ

Img_62122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

男のご飯−986

今日は創作日本料理。先ずはクリームチーズとアボガドのサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。ネットリとクリーミーなチーズと熟れ々アボガドにショキ々の野菜が相まって美味しい。次は蒸し穴子、ふっくらに酒と特製だしで煮込み甘タレに付けて焼きあげて寝かし、直前に蒸し甘タレに酢橘を搾っていただく。ふっくらホク々で旨い。三品目は地鶏の照り蒸焼き、塩胡椒・ガーリックで焼き目をつけて酒で蒸し焼き味醂で照りを付け筍とブロッコリーを添えレモンを搾っていただく。お肉が餅々プリン々でいてジューシーで美味しーい。四品目はクリームロールキャベツ、鰹だしで柔らかく煮込んだキャベツで玉ねぎと豚ミンチを炒めた具を丁寧に包みだし・酒と・塩胡椒と生クリームでじっくり煮込みミツバを添えていただく。超クリーミーでトマトケチャップとは一味違って旨ーい。最後は豚汁、炒り粉だし・味醂と赤味噌でカボチャ・ブロッコリー・しめじ・エノキ・ゴボウ・コンニャクと一緒に煮込みミツバをトッピングしていただく。仕上げには具沢山で申し分無く美味しい。今日の〆のデザートはヨーグルトソースとバニラのアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、クリームチーズとアボガドのサラダ
2、蒸し穴子
3、地鶏の照り蒸焼き
4、地クリームロールキャベツ
5、豚汁
6、ヨーグルトソースとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_61292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

男のご飯−985

今日は創作中華料理。先ずは貝柱の皇帝風サラダ、ベビーリーフ・大根・人参・白髪ネギ・キューリ・セロリ・パプリカ・イエロートマトと一緒にミルしたカシューナッツ特製胡麻マヨドレでいただく。言う事無く旨い。次は野菜と卵のワンタンスープ、ネギ・しめじ・椎茸・セロリ・木耳と鶏ミンチを包んだワンタンと一緒に鶏ガラスープ・酒・五香粉・塩胡椒で煮込んで卵を綴じブラックペッパーを振り掛けていただく。ただ一言トロットロで美味しい。三品目はマーボ茄子、ネギ・ニンニク・鷹の爪と一緒に合い挽きを炒めて茄子を加え鶏ガラ・酒・味醂・醤油・テンメンジャン・豆板醤・花椒・塩胡椒と片栗粉で仕上げていただく。ピリッとしたパンチの利き方が良いあんばいでトロミのついたあんがたっぷり絡んで旨い。四品目は青椒肉絲、脂の乗った牛バラ肉を幅広に切って塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め筍とパプリカを多めに加え鶏ガラ・酒・味醂・五香粉・テンメンジャン・オイスターソースと塩胡椒で仕上げていただく。お肉の脂が乗り々で文句無く美味しーい。最後は豚バラとあさりとキャベツのクリーム煮、塩胡椒とガーリックで豚とあさりを軽く炒め鶏ガラと酒だけでとことん煮込んだキャベツを加え五香粉とたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。豚とキャベツはトロ々であさりはプリ々で超クリーミーで旨ーい。今日の〆のデザートは熟れ々のいちじくとバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、貝柱の皇帝風サラダ
2、野菜と卵のワンタンスープ
3、マーボ茄子
4、青椒肉絲
5、豚バラとあさりとキャベツのクリーム煮
6、いちじくとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_609312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

男のご飯−984

今日はイタリアン。先ずは生ハムいちじくのサラダ、超熟れ々のいちじくを生ハムで巻きイエロートマトと一緒に盛りセロリーを散りばめオリーブオイルとブラックペッパーにレモンを搾っていただく。超甘いイチゴと心地よい塩気の生ハムが相まって美味しい。次はカボチャのクリームスープ、チキンブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。甘くてクリーミーで旨い。三品目はあこうのアクアパッツァ、カボチャ・茄子・茸・ズッキーニ・人参・セロリ・ピーマン・パプリカ・トマト・あさりと一緒に白ワイン・オレガノとタイムでとことん煮込んでレモンをたっぷり搾っていただく。具沢山でメッチャクチャ美味しい。四品目はスペアリブのワイン煮込み、塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒め赤ワイン・ブイヨンとローリエでじっくり煮込みバターと蜂蜜で仕上げ茄子・カボチャと人参を添えレモンを搾っていただく。煮込んだだけ柔らかくワインの風味が活きて旨ーい。最後はリングイネのカルボナーラ、玉ねぎ・ニンニクと茸でサイコロ切りしたパンチェッタを炒め白ワイン・コンソメ・パルミジャーノ・卵黄・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げたソースを超アルデンテのリングイネに絡めパルミジャーノを削り掛けていただく。餅々のリングイネと歯応えのしっかりしたパンチェッタにクリーミーなソースが相まって美味しーい。今日の〆のデザートはクリームチーズのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムいちじくのサラダ
2、カボチャのクリームスープ
3、あこうのアクアパッツァ
4、スペアリブのワイン煮込み
5、リングイネのカルボナーラ
6、クリームチーズのアイスクリームとカプチーノ

Img_59822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

男のご飯−983

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドの胡麻サラダ、セロリー・大根・人参・パプリカ・キューリ・トマトと一緒に煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。最初から旨いとしか言いようが無い。次はミンチカツ、玉ねぎと人参をバターで炒めて冷やし、豚バラ挽肉・卵黄・ナツメグ・ヨーグルト・ガーリック・塩胡椒と一緒に練り上げて冷蔵庫で冷やし特大の小判型に成形して小麦粉・溶き卵とパン粉をしっかりつけて揚げ、千切りキャベツと人参を添えレモンをたっぷり搾って焼き肉汁に白ワインとケチャップで仕上げたソースでいただく。ヨーグルトで旨味が増して肉汁も良いあんばいで美味しい。三品目は真魚鰹の味噌漬け焼き、合わせ味噌・酒・砂糖と味醂で二晩浸け込んで丁寧に焼き大葉の上に盛り甘唐辛子と椎茸を添え酢橘を搾っていただく。淡白な真魚鰹がコンガリ焼けた甘めの味噌と相まって香ばしくなって旨ーい。四品目は手羽中の酒蒸焼き、超シンプルに塩胡椒とガーリックを振り掛けて炒めてから酒でブロッコリー・しめじと玉ねぎと一緒に蒸焼きにしてレモンをたっぷり搾っていただく。蒸焼きにする事で何もかもがふっくらと柔らかくなって美味しーい。最後は具沢山のベーコン汁、豚汁の代わりにブロックベーコンで大根・人参・カボチャ・玉ねぎ・しめじ・椎茸・ネギ・コンニャクと一緒に炒り粉だし・酒・味醂とほんの少しの醤油で煮込み酢橘をたっぷり搾っていただく。ベーコンのスモーキーで程よい塩気が良いあんばいで旨い。今日の〆のデザートはヨーグルトソースと北海道のバニラアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドの胡麻サラダ
2、ミンチカツ
3、真魚鰹の味噌漬け焼き
4、手羽中の酒蒸焼き
5、具沢山のベーコン汁
6、ヨーグルトソースと北海道のバニラアイスクリームにコーヒー

Img_59272_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

男のご飯−982

今日はイタリアン。先ずはオレンジのジュレと生ハムサラダ、オレンジの搾り汁に砂糖・白ワイン・レモン汁とゼラチンで固めたジュレとオレンジを生ハムの上に乗せてベビーリーフを飾りブラックペッパーと黒岩塩でいただく。甘いオレンジとプリン々のジュレが生ハムとマッチして旨い。次はゴボウのクリームスープ、コンソメでじっくりに今でミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。クリーミーでジョリ々したゴボウの喉越しが良いあんばいで美味しい。三品目はラザニア、合い挽きと玉ねぎ・ニンニク・マッシュルームを炒めてホールトマトを加えオレガノと塩胡椒で仕上げたソースを、湯がいた焼売の生地・ホワイトソース・パルミジャーノと交互に重ねてオーブンで焼いてベビーリーフを飾りレモンんを搾っていただく。チーズと焼売の生地がトロ々餅々で旨い。四品目は手羽元のバルサミコソースのソテー、塩胡椒・ガーリックとローリエを振り掛けて炒め白ワインで軽く蒸しバルサミコで仕上げたソースを絡め焼き椎茸・甘唐辛子・パプリカ・人参を添えレモンを搾っていただく。ワイン蒸しでホク々になった手羽先がバルサミコの酸味と相まって美味しーい。最後は焼き筍とゴルゴンクリームソースのパスタ、玉ねぎとニンニクを炒めゴルゴンゾーラを生クリーム・白ワイン・コンソメ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースに超アルデンテのリングイネを絡め焼き筍とベビーリーフをトッピングしていただく。クリーミーな中にゴルゴン特有の味が際立ってこの一体感が旨ーい。今日の〆のデザートはイチゴのソルベとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、オレンジのジュレと生ハムサラダ
2、ゴボウのクリームスープ
3、ラザニア
4、手羽元のバルサミコソースのソテー
5、焼き筍とゴルゴンクリームソースのパスタ
6、イチゴのソルベとカプチーノ

Img_58722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

男のご飯−981

今日は創作中華料理。先ずは戻り鰹の皇帝風サラダ、たっぷりのパクチー・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。いつでも戻ってこいと言いたくなる位美味しい。次は野菜と卵の鶏ガラスープ、筍・大根・人参・セロリ・しめじ・トマトと一緒に鶏ガラスープ・酒と塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。夫々の野菜の味が活きて具沢山で旨い。三品目は海老チリ、塩胡椒・ガーリック・卵と片栗粉を練り込んで揚げ刻みネギ・ニンニク・鷹の爪を加え鶏ガラ・酒・味醂・花椒・豆板醤・テンメンジャン・ケチャップ・塩胡椒と片栗粉で仕上げ刻みネギをトッピングしていただく。海老はプリ々でピリッとパンチが利いて美味しい。四品目はイカとブロッコリーとピーマンの胡麻塩炒め、飾り包丁を入れて塩胡椒・ガーリック・鶏ガラと片栗粉をまぶして白ネギ・セロリと一緒にオリーブオイルで炒め煎り胡麻をたっぷり振り掛けてレモンを搾っていただく。超シンプルイズベストで旨ーい。最後は青椒肉牛肉絲、今回は豚肉と牛肉で塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め筍・ピーマンと一緒に鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・五香粉・オイスターソースと塩胡椒で仕上げていただく。豚も牛も甲乙付けがたく野菜もたっぷりで美味しーい。今日の〆のデザートはピーオーネとバニラのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、戻り鰹の皇帝風サラダ
2、野菜と卵の鶏ガラスープ
3、海老チリ
4、イカとブロッコリーとピーマンの胡麻塩炒め
5、青椒肉牛肉絲
6、ピーオーネとバニラのアイスクリームとコーヒー

Img_582812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

男のご飯−980

今日は創作日本料理。先ずは魚介のサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・トマト・アボガド・コーンと貝柱・スモークサーモン・イクラにクリームチーズを乗せブラックペッパーとパセリを振り掛けてマヨネーズでいただく。旬鮮で美味しい。次はチーズハンバーグ、玉ねぎをガーリックとバターで炒め合い挽きと一緒に卵黄・パン粉・ナツメグと塩胡椒でしっかり練り,バターで焼いて白ワインで少し蒸してチーズを乗せ肉汁にケチャップを加えたソースを掛けてコーンをトッピングしセロリ・椎茸・人参・トマトを添えレモンを搾っていただく。チーズとケチャップソースが相まってボリューミーで旨い。三品目はまな鰹の煮付け、塩をして酒だけでじっくり煮込み砂糖・醤油と味醂で照りを付けごぼう・甘唐辛子・椎茸にミツバを添えすだちを搾っていただく。甘めのだしが上品な肉質を極めて魚好きにはたまらなく美味しーい。四品目は地鶏の玉子綴じ、塩胡椒をして軽く焼き目をつけしめじとネギを加えだし・酒・砂糖・醤油と味醂で煮込みたっぷりの卵を半熟に綴じミツバをトッピングして山椒を振り掛けていただく。ただ一言親孝行で旨ーい。最後はごぼうと茸と酢もずくのお澄まし、炒り粉だし・酒・味醂と醤油で煮込みミツバをトッピングして酢橘を搾っていただく。トロッとしたもずくの三杯酢が全体に広がってサッパリして美味しい。今日の〆のデザートはピオーネとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、魚介のサラダ
2、チーズハンバーグ
3、まな鰹の煮付け
4、地鶏の玉子綴じ
5、ごぼうと茸と酢もずくのお澄まし
6、ピオーネとコーヒー

Img_57662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

男のご飯−979

今日はイタリアン。先ずは魚介とゴルゴンゾーラのマリネ、玉ネギ・カボチャ・人参・ズッキーニ・茸・ピーマン・パプリカとアボガドを塩胡椒・ガーリックとタイムで炒めて冷やし、スモークサーモンと貝柱にクリームチーズ・生クリーム・白ワイン・ゴルゴンゾーラと塩胡椒でマリネにしレモンとイクラを乗せてチャービルを飾っていただく。ゴルゴンとクリームチーズがマッチして親孝行で美味しい。次はオニオンクリームスープ、塩胡椒とガーリックで軽く炒めてコンソメで煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。オニオンが蕩ける位柔らかくクリーミーで旨い。三品目はラムチョップのソテー、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて白ワインで蒸焼きにし焼き茄子・人参・ピーマン・パプリカを添えてチャービルを飾りレモンを搾っていただく。お肉はワインが利いて柔らかくジューシーで焼き野菜が甘くて美味しい。四品目はロブスターのバターソテー、身を取り出してまっ二つに切り玉ねぎと一緒に塩胡椒・ガーリックとバターでソテーして白ワインで蒸し、バターと生クリームで仕上げたソースを掛けレモンを搾っていただく。尾も挟みも身がしっかり詰まってプリン々でだしもしっかり出たクリームソースが良いあんばいで旨ーい。最後は生ハムとポモドーロのパスタ、玉ねぎをガーリックと塩胡椒で炒め白ワイン・コンソメ・ホールトマト・オレガノとたっぷりのパルミジャーノで仕上げたソースにフェデリーニを絡め生ハムをトッピングしてパルミジャーノを削り掛けていただく。トマトの酸味に生ハムの塩気とパルミジャーノが相まって美味しーい。今日の〆のデザートはピオーネにバニラのソルベとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、魚介とゴルゴンゾーラのマリネ
2、オニオンクリームスープ
3、ラムチョップのソテー
4、ロブスターのバターソテー
5、生ハムとポモドーロのパスタ
6、ピオーネにバニラのソルベとカプチーノ

Img_573112_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

男のご飯−978

今日は昨日に続き松茸尽くしの創作日本料理。先ずはアボガドとクリームチーズのサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。熟れ々のアボガドとクリーミーなチーズがショキ々の野菜と相まって美味しい。次はサザエの壷焼き、酒にほんの少しの醤油で網焼きにし焼きねぎとミツバを添え酢橘を搾っていただく。シンプルだけど壷はしっかり抑えて美味しい。三品目は松茸のすき焼き、黒毛和牛を甘めの割り下で焼いて一度取り出し白ねぎ・玉ねぎ・大根・人参・椎茸・しめじ・水菜にマロニー・豆腐と松茸を加えて割り下で煮込み黒毛和牛と一緒に盛りつけていただく。ホッペタが緩んで笑ける位旨ーい。四品目は手羽先と玉ねぎの炒め物、塩胡椒とガーリックを振り掛けて玉ねぎと一緒に炒めて酒で蒸しミツバ・ベビーリーフとトマトを添えレモンをたっぷり搾っていただく。皮はコンガリ身はとても柔らかくて羽ばたきたくなる位美味しーい。最後は松茸ニュー麺、手で裂いた松茸を鰹だし・酒・味醂と醤油で軽く火を通し固めに湯がいたソーメンを加えミツバをたっぷり入れて酢橘を搾っていただく。暑い夏なればこそ熱いニュー麺と松茸が何とも言えず旨い。今日の〆のデザートは熟れ々夕張メロンにイチゴのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、アボガドとクリームチーズのサラダ
2、サザエの壷焼き
3、松茸のすき焼き
4、手羽先と玉ねぎの炒め物
5、松茸ニュー麺
6、熟れ々夕張メロンにイチゴのアイスクリームとコーヒー

Img_57032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

男のご飯−977

今日はイタリアン。先ずは生ハムメロン、超シンプルに熟れ々夕張メロンに生ハムを乗せてブラックペッパーを振り掛けレモンを搾っていただく。シンプルイズベストで美味しい。次はグリーンピースのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。見た目もグリーンが鮮やかで甘くてクリーミーで旨い。三品目は松茸と鱧のポアレ、これもシンプルに塩胡椒とガーリックでフライパンでソテーし白ワインで軽く蒸し焼きにして赤黄パプリカ・甘唐辛子にクレソンを添えレモンをたっぷり搾っていただく。松茸はショキ々鱧はホク々で美味しい。四品目は松茸とカボチャの黒毛和牛巻きゴルゴンゾーラソース、黒毛和牛に塩胡椒とガーリックを振り掛けて厚めに裂いた松茸とカボチャを巻きフライパンでソテーし生クリームで溶いたゴルゴンソースをたっぷり塗り焼き玉ねぎ・人参・筍・甘唐辛子にアジアンレッドマスタードを添えレモンを搾っていただく。ジューシーなお肉とショキ々の松茸にホク々のカボチャがゴルゴンとバッチリ決まって滅茶苦茶旨ーい。最後はウニとイクラとクリームソースのリングイネ、玉ねぎとニンニクを炒め白ワイン・コンソメ・タイム・パルミジャーノ・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げたソースに超アルデンテのリングイネを絡め、箱ウニを丸まま乗せてイクラを散らしブラックペッパー・パセリにパルミジャーノを削り掛けていただく。この上なく贅沢感いっぱいで美味しーい。今日の〆のデザートはバニラのソルベとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムメロン
2、グリーンピースのクリームスープ
3、松茸と鱧のポアレ
4、松茸とカボチャの黒毛和牛巻きゴルゴンゾーラソース
5、ウニとイクラとクリームソースのリングイネ
6、バニラのソルベとカプチーノ

Img_526212_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

男のご飯−976

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと焼き松茸のサラダ、手で裂いて網焼きにして生ハムで巻きミツバ・大根・人参・セロリ・パプリカと一緒に酢橘を搾ってブラックペッパーでいただく。松茸の香りと風味が何とも言えず生ハムの塩気だけで美味しい。次はだし巻き、シンプルに二八で溶いた卵を丁寧にグルグル巻きにし酢橘を搾っていただく。お寿司には欠かせなくだしのあんばいが良い感じで旨い。三品目はささ身卵のパン粉揚げ、丁寧にスジを取り塩胡椒をして溶き卵で巻きパン粉をたっぷりつけて炒め水菜を添えレモンを搾っていただく。一言親孝行で美味しい。四品目はウニと鮭イクラのにぎり寿司、甘めのお酢で人肌に仕上げたシャリをトロサーモンで巻いてイクラを乗せ軍艦巻きにしたシャリはキューリを添え北海道の馬糞ウニをてんこ盛りにし酢橘を搾って黒岩塩でいただく。超贅沢感いっぱいで旨ーい。最後は松茸のお吸い物、鰹と昆布の一番だしで順等に仕上げ酢橘を搾ってミツバと一緒にいただく。これがまた何とも言えず滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートは冷蔵庫で冷やした熟れ々の夕張メロンとコーヒーで贅沢感いっぱいのご飯でした。

1、生ハムと焼き松茸のサラダ
2、だし巻き
3、ささ身卵のパン粉揚げ
4、ウニと鮭イクラのにぎり寿司
5、松茸のお吸い物
6、熟れ々の夕張メロンとコーヒー

Img_56082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

男のご飯−975

今日は創作中華料理。先ずはささ身と卵の胡麻サラダ、パクチー・水菜・白髪ネギ・筍・大根・人参・パプリカ・キューリ・木耳と一緒に酒蒸しのささ身に金糸卵を加え二杯酢・ガーリック・胡麻油・酒と塩胡椒で和えたっぷりの煎り胡麻を振り掛けていただく。親孝行で胡麻かしよう無く旨い。次はワンタンとあさりの鶏ガラトマトスープ。ネギ・しめじ・筍・木耳と一緒に鶏ガラ・酒・ガーリック・味醂・ホールトマト・五香粉と塩胡椒で煮込みパクチーをトッピングしていただく。ワンタンはトロ々であさりの身が良く締って具沢山で美味しい。三品目は茄子と牛肉のオイスターソース炒め、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め筍・ピーマンとパプリカを加え鶏ガラ・酒・ガーリック・味醂・醤油・花椒・塩胡椒とオイスターソースで仕上げていただく。お肉も野菜もトロミがついたオイスターソースが良く絡んで旨い。四品目は真鯛の甘酢あん掛け、塩胡椒をして軽く炒め千切りした筍・ネギ・人参・セロリ・キューリ・木耳としめじを加え、鶏ガラ・酒・ガーリック・味醂・砂糖・醤油・五香粉・お酢と塩胡椒で仕上げパクチーを散らしレモンをたっぷり搾っていただく。甘めのお酢とレモンの酸味が絶妙で美味しーい。最後は八宝菜、餅豚に塩胡椒とガーリックで軽く炒めて水菜・人参・筍・ピーマン・パプリカ・木耳・しめじにイカと海老を加え、鶏ガラ・酒・ガーリック・味醂・五香粉・醤油・塩胡椒と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。具沢山で何もかもが旨ーい。今日の〆のデザートはフルーツとバニラのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、ささ身と卵の胡麻サラダ
2、ワンタンとあさりの鶏ガラトマトスープ
3、茄子と牛肉のオイスターソース炒め
4、真鯛の甘酢あん掛け
5、八宝菜
6、フルーツとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_55582_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

男のご飯−974

今日はイタリアン。先ずは生ハムピオーネ、厚めにスライスした生ハムで挟みハーブを乗せオリーブオイル・ブラックペッパー・パセリにレモンを搾っていただく。餅々した生ハムの塩気に甘々のピオーネがマッチして美味しい。次はラビオリと茸のクリームスープ、玉ねぎと茸をガーリックで炒め合い挽きとカポナータで包んだラビオリと一緒にコンソメ・白ワイン・タイムとたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。染みだしたカポナータのトマトの酸味と生クリームが良いあんばいに調和して旨い。三品目はラムチョップのビネガーソース、塩胡椒・ガーリックとローリエでソテーして赤ワイン・ビネガーとバターで仕上げたソースを掛け、蒸しカボチャ・人参・茸とクレソンを添えレモンをたっぷり搾っていただく。お肉はとても柔らかくビネガーとレモンの酸味が決まって美味しい。四品目は連子鯛のアクアパッツァ、塩胡椒とガーリックを振り掛けて玉ネギ・あさりと一緒に軽く炒め茄子・カボチャ・人参・茸・ピーマン・パプリカ・ズッキーニとトマトを加えて白ワイン・コンソメ・タイム・ローズマリーと塩胡椒でじっくり煮込みレモンをたっぷり搾っていただく。魚好きにはたまらなくワインの風味が活きて具沢山で旨ーい。最後は茄子とトマトのポモドーロ、玉ネギとニンニクで香りを立て茄子と茸を加え白ワイン・コンソメ・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースに超アルデンテのフェデリーニを絡めパルミジャーノとバジルを振り掛けていただく。トマトの酸味と茄子にパルミジャーノが何とも言えずバジルが利いて美味しーい。今日の〆のデザートはフルーツゼリーとアイスクリームにカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムピオーネ
2、ラビオリと茸のクリームスープ
3、ラムチョップのビネガーソース
4、連子鯛のアクアパッツァ
5、茄子とトマトのポモドーロ
6、フルーツゼリーとアイスクリームにカプチーノ

Img_54872_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

男のご飯−973

今日は創作日本料理。先ずはイカとイクラの胡麻サラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・パプリカ・セロリ・キューリ・トマトに煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。胡麻の擂りようが無い位美味しい。次は鱧照りのだし巻き、塩胡椒をして軽く炒めて酒で蒸しだし・砂糖・醤油と味醂で照り焼きにし、二八で溶いた卵で巻いて大葉の上に盛りクレソンを飾り酢橘を搾って照り焼きのタレでいただく。鱧はホク々で甘めのタレと酢橘が良いあんばいで旨い。三品目はゴーヤとカボチャと若鶏の炒め物、若鶏に塩胡椒をして玉ねぎと一緒に胡麻油で軽く炒めエリンギとしめじに塩揉みして苦みを抑えたゴーヤを加え、だし・酒・砂糖・醤油・味醂と塩胡椒で仕上げグリーンピースをトッピングしていただく。野菜たっぷりのこのコラボレーションは卵が無くてもチキンとして美味しーい。四品目はトンカツ綴じ、塩胡椒・ガーリックを振り掛けてたっぷりの溶き卵に潜らせ多めのパン粉で固めオリーブオイルで揚げ、だし・酒・砂糖・醤油と味醂に青ネギをたっぷり入れ卵で綴じてトンカツに掛けミツバを添えていただく。お肉はジューシーで衣に玉子綴じがしっかり絡んで滅茶苦茶旨ーい。最後はカボチャと京薄揚げの赤だし、人参・玉ねぎ・しめじ・エリンギ・青ネギと一緒に炒り粉だし・酒・味醂と赤みそで煮込みミツバをトッピングしていただく。具沢山で暑くても美味しい。今日の〆のデザートはピオーネと夕張メロンのアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、イカとイクラの胡麻サラダ
2、鱧照りのだし巻き
3、ゴーヤとカボチャと若鶏の炒め物
4、トンカツ綴じ
5、カボチャと京薄揚げの赤だし
6、ピオーネと夕張メロンのアイスクリーム煮コーヒー

Img_53952_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

男のご飯−972

今日は創作中華料理。先ずはトマトと茸のワンタンスープ。合い挽きと白菜を包んだワンタンを白ネギ・エリンギ・しめじ・トマトと一緒に鶏ガラ・ガーリック・酒・味醂・五香粉と塩胡椒で煮込みパクチーをトッピングしていただく。ワンタンはトロ々でトマトの酸味が程よくて旨い。次はスルメイカとイクラの皇帝風サラダ、ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・セロリ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。イカの歯応えがしっかりして餅々で野菜たっぷりで美味しい。三品目は久しぶりのフカヒレの姿煮、鶏ガラスープ・酒・味醂・醤油・生姜汁・オイスターソースと水溶き片栗粉で仕上げパクチーを飾っていただく。トロ々でコラーゲンたっぷりで滅茶苦茶旨ーい。四品目は酢豚、餅豚に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め玉ねぎ・筍・人参・ピーマン・パプリカ・干し椎茸を加え、鶏ガラ・酒・砂糖・味醂・胡麻油・トマトケチャップ・お酢と塩胡椒で仕上げていただく。お肉は餅々野菜はショキ々で甘酢あんが良く絡んで美味しーい。最後は鱧とほうれん草のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒めしめじと一緒に鶏ガラ・酒と五香粉でじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。身分厚の鱧はふっくらしてほうれん草も茸も超クリーミーで旨い。今日の〆のデザートはマンゴのゼリーとバニラアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、トマトと茸のワンタンスープ
2、スルメイカとイクラの皇帝風サラダ
3、フカヒレの姿煮
4、酢豚
5、鱧とほうれん草のクリーム煮
6、マンゴのゼリーとバニラアイスクリームにコーヒー

Img_53422_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

男のご飯−971

今日は松茸尽くしのフレンチ。先ずは焼き松茸のクリームチーズのサラダ、超シンプルに焼いてクリームチーズを乗せてクレソンを飾りブラックペッパーとレモンでいただく。クリームチーズでフレンチ感覚の味覚になって想像以上に美味しい。次はほうれん草のクリームスープ、チキンブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。元気モリ々クリーミーで旨い。三品目はラムの赤ワイン煮込み、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて軽く炒め赤ワインでとことん煮込みバター・ハチミツと塩胡椒で煮詰めたソースを掛け蒸し松茸・カボチャ・人参にクレソンを飾りレモンを搾っていただく。お肉は超柔らかで甘めのソースが良いあんばいで美味しい。四品目は鱧と松茸のムニエル、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶしてバターでソテーし白ワインで軽く蒸し焼き松茸・パプリカ・唐辛子にクレソンを添えレモンを搾ってフレンチ風梅肉ソースでいただく。一言超旨ーい。最後は手羽先のポアレ・ゴルゴンソース、塩胡椒・ガーリックと白ワインで蒸焼きにしゴルゴンゾーラ・コンソメ・白ワイン・生クリームと塩胡椒で仕上げたソースをたっぷり塗り、松茸・人参・パプリカ・唐辛子にクレソンを添えレモンを搾っていただく。餅々でジューシーに仕上がった手羽先とゴルゴンソースが相まって滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートはグレープフルーツゼリーとアイスクリームにカフェラテで美味しい々松茸尽くしのフレンチでした。

1、焼き松茸のクリームチーズのサラダ
2、ほうれん草のクリームスープ
3、ラムの赤ワイン煮込み
4、鱧と松茸のムニエル
5、手羽先のポアレ・ゴルゴンソース
6、グレープフルーツゼリーとアイスクリームにカフェラテ

Img_527212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

男のご飯−970

今日は創作日本料理。先ずはスモークサーモンといくらのサラダ、ミツバ・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。親孝行で美味しい。次は茄子と甘唐辛子の南蛮漬け、加茂茄子は皮に切り目を入れて三等分に輪切りにし塩で揉んで片栗粉をつけて揚げ、甘唐辛子と一緒に二杯酢につけ鰹節と大葉をトッピングし酢橘を搾っていただく。衣に甘酢が良いあんばいに染込みトロットして鰹節と大葉がマッチして旨い。三品目はがしらの煮付け、酒と鰹だしでじっくり煮込んで砂糖・醤油と味醂で照りをつけ里芋・甘唐辛子と一足早い松茸と添えミツバを飾り酢橘を搾っていただく。身はしっかり餅々で松茸の香りが何とも言えず滅茶苦茶美味しーい。四品目はゴーヤとカボチャのチャンプル、塩揉みをして苦みを抑えカボチャ・しめじとベーコンで炒め、だし・酒・味醂・醤油と塩胡椒で仕上げ卵をたっぷり綴じていただく。カボチャはホク々で苦み控えめのゴーヤとベーコンに半熟の卵が何とも言えず旨ーい。最後は松茸のお吸い物、炒り粉だし・酒・味醂と少なめの醤油で里芋・鮭・ミツバと一緒に仕上げすだちを搾っていただく。ただ一言美味しい。今日の〆のデザートは夕張メロンのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、スモークサーモンといくらのサラダ
2、茄子と甘唐辛子の南蛮漬け
3、がしらの煮付け
4、ゴーヤとカボチャのチャンプル
5、松茸のお吸い物
6、夕張メロンのアイスクリームとコーヒー

Img_519712_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

男のご飯−969

今日はイタリアン。先ずは生ハムメロン、シンプルに熟れ々のメロンに生ハムを乗せてチャービルを飾りブラックペッパーを振り掛けていただく。甘さと塩気が絶妙で美味しい。次はカボチャのクリームスープ、ブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けミルクと生クリームで仕上げブラックペッパーを振り掛けていただく。トロ々クリーミーで旨いとしか言いようが無い。三品目はキッシュパイ、オーブン皿にバターを塗って餃子に生地を敷き詰め玉ねぎ・ニンニク・マッシュルーム・ほうれん草とベーコンを塩胡椒で炒め、溶き卵・ミルク・生クリームとパルミジャーノで仕上げたソースをたっぷり加えてオーブンで焼きパルミジャーノを振り掛けていただく。餃子の生地とは分からない位バターが利いてパイっぽく仕上がって卵がフワ々で美味しい。四品目は鰻の白焼きのビネガーソース、バター・ガーリックと塩胡椒で茄子・カボチャ・パプリカ・人参・舞茸・ほうれん草と一緒にソテーして白ワインで蒸し、ビネガーとバターを煮つめたソースを掛けレモンを搾っていただく。蒸してフワ々の白焼きとビネガーソースが決まって野菜共々旨ーい。最後は若鶏と茸のゴルゴンゾーラのクリームパスタ、玉ねぎ・ニンニクと塩胡椒で舞茸・しめじとマッシュルームと一緒に炒め、白ワイン・ミルク・生クリームで仕上げたゴルゴンゾーラソースを超アルデンテのフェデリーニに絡めていただく。仕上げには申し分無く超美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴのヨーグルトソースとイチゴアイスクリームにカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムメロン
2、カボチャのクリームスープ
3、キッシュパイ
4、鰻の白焼きのビネガーソース
5、若鶏と茸のゴルゴンゾーラのクリームパスタ
6、ヨーグルトソースとイチゴアイスクリームにカプチーノ

Img_511712_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

男のご飯−968

今日は創作中華料理。先ずは真鯛の皇帝風サラダ、白髪ネギ・パクチー・セロリ・キューリ・人参とたっぷりのパクチーと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。鯛へん美味しゅうございます。次は水餃子のサンラータンスープ、鶏ガラスープ・ガーリック・酒・五香粉・胡麻油・お酢と塩胡椒で筍・人参・しめじ・白髪ネギ・セロリ・木耳と一緒に煮込みパクチーをトッピングしていただく。水餃子はトロ々でトマトとお酢の酸味が程よく野菜たっぷりで旨い。三品目は鰻の白焼きと三色パプリカの甘辛炒め、胡麻油・ガーリックと塩胡椒で炒め鶏ガラ・酒・味醂・花椒・塩胡椒・テンメンジャン・豆板醤で仕上げグリンピースをトッピングしていただく。蒲焼きのタレとは一味違って白蒸しの鰻はフワ々で甘辛くて美味しい。四品目は牛肉とピーマンの糸切り炒め、牛肉は細切りにして塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶしてい歩く炒めピーマンと筍を加え鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・オイスターソースと塩胡椒で仕上げていただく。タイのオイスターソースは円やかで青椒肉絲は中華の王道だけあって旨ーい。最後はささ身とチンゲンサイのクリーム煮、丁寧に筋を取って塩胡椒とガーリックで軽く炒めチンゲンサイとしめじと一緒に鶏ガラスープ・酒・五香粉と塩胡椒で煮込みたっぷりの生クリームで仕上げていただく。茸のだしが良いあんばいで何もかもがトロ々クリーミーで美味しーい。今日の〆のデザートは夕張メロンとバニラのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、真鯛の皇帝風サラダ
2、水餃子のサンラータンスープ
3、鰻の白焼きと三色パプリカの甘辛炒め
4、牛肉とピーマンの糸切り炒め
5、ささ身とチンゲンサイのクリーム煮
6、夕張メロンとバニラのアイスクリームとコーヒー

Img_50932_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

男のご飯−967

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとクリームチーズと京薄揚げの胡麻サラダ、ミツバ・レタス・人参・パプリカ・キューリ・セロリに焼いた京薄揚に煎り胡麻をたっぷり掛け胡麻油とマヨネーズでいただく。和洋折衷でこの組み合わせも旨い。次は手羽先のワイン蒸し焼き、塩胡椒とガーリックでじっくり炒めて白ワインで蒸しレタスと一緒にレモンを搾って黒岩塩でいただく。皮はパリッと身は餅々ジューシーで羽ばたき炊くなる位美味しい。三品目は鰻巻き、タレをたっぷりつけた鰻を二八溶いた卵で丁寧に巻いて大葉の上に盛りタレと山椒を掛けすだちを搾っていただく。卵はフワ々で鰻は脂がしっかり乗っていて暑い夏には文句無く旨ーい。四品目は鮎の塩焼き、鱗を丁寧に取って化粧塩をして網焼きにしすだちをたっぷり搾って蓼酢の変わりにバジル酢でいただく。鮎オーライと言いたくなる位バジルも美味しーい。最後はゴーヤともずくと京薄揚げのお味噌汁。人参・しめじ・コンニャク・玉ねぎと一緒に炒り粉だし・酒・味醂と白味噌で煮込みミツバをトッピングしていただく。塩揉みが利いて苦みが良いあんばいで具沢山で旨い。今日の〆のデザートはビオネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムとクリームチーズと京薄揚げの胡麻サラダ
2、手羽先のワイン蒸し焼き
3、鰻巻き
4、鮎の塩焼き
5、ゴーヤともずくと京薄揚げのお味噌汁
6、ビオネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_50432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男のご飯−966

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとクリームチーズと京薄揚げの胡麻サラダ、ミツバ・レタス・人参・パプリカ・キューリ・セロリに焼いた京薄揚に煎り胡麻をたっぷり掛け胡麻油とマヨネーズでいただく。和洋折衷でこの組み合わせも旨い。次は手羽先のワイン蒸し焼き、塩胡椒とガーリックでじっくり炒めて白ワインで蒸しレタスと一緒にレモンを搾って黒岩塩でいただく。皮はパリッと身は餅々ジューシーで羽ばたき炊くなる位美味しい。三品目は鰻巻き、タレをたっぷりつけた鰻を二八溶いた卵で丁寧に巻いて大葉の上に盛りタレと山椒を掛けすだちを搾っていただく。卵はフワ々で鰻は脂がしっかり乗っていて暑い夏には文句無く旨ーい。四品目は鮎の塩焼き、鱗を丁寧に取って化粧塩をして網焼きにしすだちをたっぷり搾って蓼酢の変わりにバジル酢でいただく。鮎オーライと言いたくなる位バジルも美味しーい。最後はゴーヤともずくと京薄揚げのお味噌汁。人参・しめじ・コンニャク・玉ねぎと一緒に炒り粉だし・酒・味醂と白味噌で煮込みミツバをトッピングしていただく。塩揉みが利いて苦みが良いあんばいで具沢山で旨い。今日の〆のデザートはビオネッタのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムとクリームチーズと京薄揚げの胡麻サラダ
2、手羽先のワイン蒸し焼き
3、鰻巻き
4、鮎の塩焼き
5、ゴーヤともずくと京薄揚げのお味噌汁
6、ビオネッタのアイスクリームとコーヒー

Img_50432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

男のご飯−965

今日はイタリアン。先ずは生ハムメロン、熟れ々の夕張メロンに生ハムを乗せてチャービルを飾りレモンを搾ってブラックペッパーでいただく。旨いとしか言いようが無い。次は茸とオニオンの冷製トマトクリームスープ、塩胡椒とガーリックで軽く炒めコンソメと白ワインで煮込みたっぷりの生クリームで仕上げて冷やしトマトをトッピングしていただく。クリーミーなスープと酸味の程よいトマトが絶妙で冷やっこくて美味しい。三品目はラザニア、合い挽きを玉ねぎ・ニンニク・茸・セロリと一緒に炒め白ワイン・コンソメ・ホールトマト・ナツメグと塩胡椒で仕上げ基本通り仕上げたホワイトソースと蕩けるチーズにパルミジャーノを湯がいた焼売の生地で交互に重ねてオーブンで焼きパルミジャーノを振り掛けていただく。火傷しそうな位熱々トロ々で言う事無く旨い。四品目はラムチョップのソテー、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて炒め白ワインで蒸し焼きにし人参・パプリカ・玉ねぎ・唐辛子を添えレモンをたっぷり搾り黒岩塩でいただく。何時もながらお肉がとても柔らかく温野菜も夫々の持ち味が活き甘くて美味しーい。最後はボンゴレビヤンコ、玉ねぎ・ニンニクと茸を炒めあさりを加えて白ワインで蒸しコンソメ・塩胡椒とパルミジャーノで仕上げトマトとチャービルをトッピングしレモンを搾っていただく。あさりのだしとニンニクの利いたスープ仕立てのソースが良いあんばいで硬めのフェデリーニが旨ーい。今日の〆のデザートはブルーベリーヨーグルトソースのバニラとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムメロン
2、茸とオニオンの冷製トマトクリームスープ
3、ラザニア
4、ラムチョップのソテー
5、ボンゴレビヤンコ
6、ブルーベリーヨーグルトソースのバニラとカプチーノ

Img_49992_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »