« 男のご飯−973 | トップページ | 男のご飯−975 »

2011年8月11日 (木)

男のご飯−974

今日はイタリアン。先ずは生ハムピオーネ、厚めにスライスした生ハムで挟みハーブを乗せオリーブオイル・ブラックペッパー・パセリにレモンを搾っていただく。餅々した生ハムの塩気に甘々のピオーネがマッチして美味しい。次はラビオリと茸のクリームスープ、玉ねぎと茸をガーリックで炒め合い挽きとカポナータで包んだラビオリと一緒にコンソメ・白ワイン・タイムとたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。染みだしたカポナータのトマトの酸味と生クリームが良いあんばいに調和して旨い。三品目はラムチョップのビネガーソース、塩胡椒・ガーリックとローリエでソテーして赤ワイン・ビネガーとバターで仕上げたソースを掛け、蒸しカボチャ・人参・茸とクレソンを添えレモンをたっぷり搾っていただく。お肉はとても柔らかくビネガーとレモンの酸味が決まって美味しい。四品目は連子鯛のアクアパッツァ、塩胡椒とガーリックを振り掛けて玉ネギ・あさりと一緒に軽く炒め茄子・カボチャ・人参・茸・ピーマン・パプリカ・ズッキーニとトマトを加えて白ワイン・コンソメ・タイム・ローズマリーと塩胡椒でじっくり煮込みレモンをたっぷり搾っていただく。魚好きにはたまらなくワインの風味が活きて具沢山で旨ーい。最後は茄子とトマトのポモドーロ、玉ネギとニンニクで香りを立て茄子と茸を加え白ワイン・コンソメ・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースに超アルデンテのフェデリーニを絡めパルミジャーノとバジルを振り掛けていただく。トマトの酸味と茄子にパルミジャーノが何とも言えずバジルが利いて美味しーい。今日の〆のデザートはフルーツゼリーとアイスクリームにカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムピオーネ
2、ラビオリと茸のクリームスープ
3、ラムチョップのビネガーソース
4、連子鯛のアクアパッツァ
5、茄子とトマトのポモドーロ
6、フルーツゼリーとアイスクリームにカプチーノ

Img_54872_2

|

« 男のご飯−973 | トップページ | 男のご飯−975 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−974:

« 男のご飯−973 | トップページ | 男のご飯−975 »