« 男のご飯−972 | トップページ | 男のご飯−974 »

2011年8月10日 (水)

男のご飯−973

今日は創作日本料理。先ずはイカとイクラの胡麻サラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・パプリカ・セロリ・キューリ・トマトに煎り胡麻をたっぷり掛けブラックペッパーとマヨネーズでいただく。胡麻の擂りようが無い位美味しい。次は鱧照りのだし巻き、塩胡椒をして軽く炒めて酒で蒸しだし・砂糖・醤油と味醂で照り焼きにし、二八で溶いた卵で巻いて大葉の上に盛りクレソンを飾り酢橘を搾って照り焼きのタレでいただく。鱧はホク々で甘めのタレと酢橘が良いあんばいで旨い。三品目はゴーヤとカボチャと若鶏の炒め物、若鶏に塩胡椒をして玉ねぎと一緒に胡麻油で軽く炒めエリンギとしめじに塩揉みして苦みを抑えたゴーヤを加え、だし・酒・砂糖・醤油・味醂と塩胡椒で仕上げグリーンピースをトッピングしていただく。野菜たっぷりのこのコラボレーションは卵が無くてもチキンとして美味しーい。四品目はトンカツ綴じ、塩胡椒・ガーリックを振り掛けてたっぷりの溶き卵に潜らせ多めのパン粉で固めオリーブオイルで揚げ、だし・酒・砂糖・醤油と味醂に青ネギをたっぷり入れ卵で綴じてトンカツに掛けミツバを添えていただく。お肉はジューシーで衣に玉子綴じがしっかり絡んで滅茶苦茶旨ーい。最後はカボチャと京薄揚げの赤だし、人参・玉ねぎ・しめじ・エリンギ・青ネギと一緒に炒り粉だし・酒・味醂と赤みそで煮込みミツバをトッピングしていただく。具沢山で暑くても美味しい。今日の〆のデザートはピオーネと夕張メロンのアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、イカとイクラの胡麻サラダ
2、鱧照りのだし巻き
3、ゴーヤとカボチャと若鶏の炒め物
4、トンカツ綴じ
5、カボチャと京薄揚げの赤だし
6、ピオーネと夕張メロンのアイスクリーム煮コーヒー

Img_53952_2

|

« 男のご飯−972 | トップページ | 男のご飯−974 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−973:

« 男のご飯−972 | トップページ | 男のご飯−974 »