« 男のご飯−964 | トップページ | 男のご飯−966 »

2011年8月 3日 (水)

男のご飯−965

今日はイタリアン。先ずは生ハムメロン、熟れ々の夕張メロンに生ハムを乗せてチャービルを飾りレモンを搾ってブラックペッパーでいただく。旨いとしか言いようが無い。次は茸とオニオンの冷製トマトクリームスープ、塩胡椒とガーリックで軽く炒めコンソメと白ワインで煮込みたっぷりの生クリームで仕上げて冷やしトマトをトッピングしていただく。クリーミーなスープと酸味の程よいトマトが絶妙で冷やっこくて美味しい。三品目はラザニア、合い挽きを玉ねぎ・ニンニク・茸・セロリと一緒に炒め白ワイン・コンソメ・ホールトマト・ナツメグと塩胡椒で仕上げ基本通り仕上げたホワイトソースと蕩けるチーズにパルミジャーノを湯がいた焼売の生地で交互に重ねてオーブンで焼きパルミジャーノを振り掛けていただく。火傷しそうな位熱々トロ々で言う事無く旨い。四品目はラムチョップのソテー、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて炒め白ワインで蒸し焼きにし人参・パプリカ・玉ねぎ・唐辛子を添えレモンをたっぷり搾り黒岩塩でいただく。何時もながらお肉がとても柔らかく温野菜も夫々の持ち味が活き甘くて美味しーい。最後はボンゴレビヤンコ、玉ねぎ・ニンニクと茸を炒めあさりを加えて白ワインで蒸しコンソメ・塩胡椒とパルミジャーノで仕上げトマトとチャービルをトッピングしレモンを搾っていただく。あさりのだしとニンニクの利いたスープ仕立てのソースが良いあんばいで硬めのフェデリーニが旨ーい。今日の〆のデザートはブルーベリーヨーグルトソースのバニラとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムメロン
2、茸とオニオンの冷製トマトクリームスープ
3、ラザニア
4、ラムチョップのソテー
5、ボンゴレビヤンコ
6、ブルーベリーヨーグルトソースのバニラとカプチーノ

Img_49992_2

|

« 男のご飯−964 | トップページ | 男のご飯−966 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−965:

« 男のご飯−964 | トップページ | 男のご飯−966 »