« 男のご飯−939 | トップページ | 男のご飯−941 »

2011年7月 4日 (月)

男のご飯−940

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、冷やしたレタス・ミツバ・大根・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。暑い夏にはひんやりしてショキ々で美味しい。次はがしらの姿煮、丁寧に鱗と内蔵を取り塩をして酒だけでじっくり煮込んでごぼうを加え砂糖・醤油と味醂で照りをつけ山椒の葉をたっぷり乗せレモンの皮を刻んでいただく。魚好きにはたまらなく骨までしっかりしゃぶって甘めのだしが良く染みて旨ーい。三品目はだし巻き卵のみぞれあんかけ、二八に溶いた卵を丁寧に巻いてたっぷりの大根下ろしにだし・酒・味醂・醤油と片栗粉で仕上げたあんをたっぷり掛け刻み大葉と柚をトッピングしていただく。みぞれあんが良く絡んで暑くても美味しーい。四品目はお好みの握り寿司、シンプルに甘めで冷やしたシャリをうに・いくら・車海老・甘海老・トロサーモン・鮪・蒸し穴子・いか・焙り鮭で握ってレモンを搾り黒岩塩でいただく。旨いとしか言いようが無い。最後はシンプルに豆腐と鶉の赤出し、炒り粉だし・酒・味醂で味噌を溶き絹ごし豆腐に鶉を落していただく。お寿司には玉赤が何てったて美味しい。今日の〆のデザートはミックスフルーツゼリーとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、がしらの姿煮
3、だし巻き卵のみぞれあんかけ
4、お好みの握り寿司
5、豆腐と鶉の赤出し
6、ミックスフルーツゼリーとコーヒー

Img_380412_2

|

« 男のご飯−939 | トップページ | 男のご飯−941 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−940:

« 男のご飯−939 | トップページ | 男のご飯−941 »