« 男のご飯−927 | トップページ | 男のご飯−929 »

2011年6月19日 (日)

男のご飯−928

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと卵のサラダ、ミツバ・大葉・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。野菜たっぷりでショキ々して卵の茹で加減と生ハムの塩気が良いあんばいで旨い。次は筑前煮、地鶏を一口大に切り塩胡椒をして胡麻油で軽く炒め里芋・人参・蓮根・ゴボウ・椎茸・筍・コンニャク・絹さやを加え酒・だし・味醂・砂糖と醤油で仕上げ山椒の葉をトッピングしていただく。言う事無く具沢山で夫々の味が際立って滅茶苦茶美味しーい。三品目は連子鯛の姿焼き、超シンプルに飾り塩をして岩塩を振り掛けて丁寧に網焼きにし、大葉を敷き詰めて酢橘をたっぷり搾っていただく。身離れも良く骨までチュッパ々に食らい付きたくなる位旨ーい。四品目はトンカツ、餅豚に塩胡椒とガーリックを振り掛け小麦粉・溶き卵にパン粉をしっかりつけて揚げ千切りキャベツに刻み大葉を散らしレモンをたっぷり搾ってケチャップマヨネーズと岩塩の2バージョンでいただく。どちらのバージョンも言う事無く大葉が利いて美味しい。最後は潮汁、大胆に連呼鯛を丸ごとぶつ切りにして酒だけで煮込み椎茸・筍・人参・絹さやを加え、だし・味醂と醤油で仕上げすだちを搾っていただく。だしがしっかり出て最後の決めには相応しく贅沢感もあって旨い。今日の〆のデザートはうり坊スイカとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、生ハムと卵のサラダ
2、筑前煮
3、連子鯛の姿焼き
4、トンカツ
5、潮汁
6、うり坊スイカとコーヒー

Img_31872

|

« 男のご飯−927 | トップページ | 男のご飯−929 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−928:

« 男のご飯−927 | トップページ | 男のご飯−929 »