« 男のご飯−909 | トップページ | 男のご飯−911 »

2011年5月28日 (土)

男のご飯−910

今日はイタリアン。先ずはプロシュットのサラダ、超シンプルにプロシュットを皿一杯に広げてチャービルを飾りオリーブオイルとブラックペッパーでいただく。ただ一言美味しい。次は春ゴボウのクリームスープ、コンソメとガーリックでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパプリカを振り掛けていただく。旨いとしか言いようが無い。三品目はニョッキのトマトソース、新ジャガと小麦粉にオリーブオイルとバターを練り込んでスプーンとフォークでカタチを整えて湯がき、ブイヨン・ワイン・ホールトマト・オレガノ・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースをたっぷり絡めパルミジャーノとパセリを振り掛けていただく。久しぶりのニョッキはトマトソースが何てったて美味しい。四品目はラムチョップのハーブソテー、塩胡椒・ガーリック・パン粉とミックスハーブをたっぷり振り硬めてバターでソテーし、焼きパプリカ・椎茸・絹さや・カボチャにチャービルを飾りレモンを搾っていただく。お肉がとても柔らかくハーブが超良いあんばいで旨ーい。最後はフェデリーニのペペロンチー二、これもシンプルに玉ねぎ・ニンニク・鷹の爪とたっぷりのパンチェッタと一緒に炒め白ワインと塩胡椒で仕上げたソースに絡めてチャービルを飾りパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。鷹の爪の辛さが全体に程よいパンチを利かせパンチェッタが餅々して美味しい。今日の〆のデザートはバニラのソルベとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、プロシュットのサラダ
2、春ゴボウのクリームスープ
3、ニョッキのトマトソース
4、ラムチョップのハーブソテー
5、フェデリーニのペペロンチー二
6、バニラのソルベとカプチーノ

Img_234612

|

« 男のご飯−909 | トップページ | 男のご飯−911 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−910:

« 男のご飯−909 | トップページ | 男のご飯−911 »