« 男のご飯−908 | トップページ | 男のご飯−910 »

2011年5月27日 (金)

男のご飯−909

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・香菜・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒にレモンを搾りブラックペッパーとマヨネーズでいただく。何時もながら美味しい。次は秋刀魚のだし巻き、秋刀魚の蒲焼きを少なめのだしで溶いた卵でグル々に巻き大葉と一緒にいただく。蒲焼きは骨まで柔らかく半熟卵と良いあんばいで大葉が利いて旨い。三品目はすき焼き、白菜・大根・白ネギ・椎茸・コンニャク・玉ねぎと一緒に割り下で煮込み、フライパンで甘めの割り下で焼いた黒毛和牛と一緒に盛りミツバを飾っていただく。お肉が香ばしく甘くてジューシーで野菜たっぷりで美味しい。四品目は鱧ちり、骨切りをして湯引き冷水で締め大葉と大根のけんの上に盛り梅肉と酢みその2バージョンでいただく。骨切りの歯応えも良くこの時期の鱧はどのバージョンも旨ーい。五品目はおこぜの唐揚げ、超シンプルに塩胡椒と片栗粉をまぶしてコンガリ揚げ大葉にミニトマトを添えレモンをたっぷり搾って岩塩でいただく。顔は厳ついけど身はホク々で衣はコンガリと高級魚さながらの淡白で上品菜味わいで美味しーい。最後はミツバのお吸い物、炒り粉だし・酒・味醂と薄塩で仕上げたっぷりのミツバに柚の皮を刻んでいただく。仕上げには申し分無くサッパリして旨い。今日の〆のデザートはプリンのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、秋刀魚のだし巻き
3、すき焼き
4、おこぜの唐揚げ
6、ミツバのお吸い物
7、プリンのアイスクリームとコーヒー

Img_230912

|

« 男のご飯−908 | トップページ | 男のご飯−910 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−909:

« 男のご飯−908 | トップページ | 男のご飯−910 »