« 男のご飯−906 | トップページ | 男のご飯−908 »

2011年5月25日 (水)

男のご飯−907

今日はイタリアン。先ずは生ハムとアボガドとマスカルポーネのサラダ、アボガドとマスカルポーネを生ハムで巻いてレモンを乗せ、ベビーリーフとチャービルを散らしブラックペッパーだけでいただく。マスカルポーネ独特のクリーミーさが生ハムの塩気にアボガドの甘さと相まって美味しい。次はレッドオニオンのクリームスープ、コンソメとガーリックでじっくり煮込みたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。クリームスープにレッドオニオンのほのかな赤みが加わって甘くて旨い。三品目はツナとバジルのミニピザ、何時もの餃子の生地にホールトマトをたっぷり塗りオニオン・パプリカ・茸・セロリにバジルの葉を加えて焼きパプリカとバジルを振り掛けていただく。生地はカリパリでチーズはカリトロでコーンが無くてもそツナく美味しい。四品目は黒毛和牛のソテー、超シンプルに塩胡椒とガーリックオイルだけでソテーし新じゃが・蓮根・パプリカ・椎茸・絹さやとレッドマスタードを添えレモンを搾っていただく。シンプルで肉たらしい位旨ーい。最後は帆立と茸のクリームパスタ、玉ねぎ・ニンニクと一緒に茸をを炒め白ワイン・コンソメとバターで煮込み超アルデンテのフェデリーニに絡めお刺身の帆立をトッピングしパルミジャーノとパセリを振り掛けていただく。新鮮な帆立はとても甘く茸のクリームソースが良いあんばいで滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートはミックスフルーツのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムとアボガドとマスカルポーネのサラダ
2、レッドオニオンのクリームスープ
3、ツナとバジルのミニピザ
4、黒毛和牛のソテー
5、帆立と茸のクリームパスタ
6、ミックスフルーツのアイスクリームとカプチーノ

Img_223712

|

« 男のご飯−906 | トップページ | 男のご飯−908 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−907:

« 男のご飯−906 | トップページ | 男のご飯−908 »