« 男のご飯−875 | トップページ | 男のご飯−877 »

2011年4月20日 (水)

男のご飯−876

今日は創作日本料理。先ずはツナと卵のサラダ、茹で卵を潰してツナと混ぜ塩胡椒とマヨネーズで仕上げて木の芽を飾りミツバとトマトと一緒にいただく。これがまたおツナもんで旨い。次は鱧の照り焼きと若竹の木の芽和え、塩胡椒・だし・酒・味醂・醤油に漬込んで焼き湯がいた若竹に木の芽・だし・酒・味醂・砂糖・味噌で作った木の芽味噌をたっぷり掛けレモンを搾って木の芽と一緒にいただく。鱧は甘くホク々で若竹は木の芽が申し分無く春の季節感満載で美味しい。三品目は黒豚のトンカツ、塩胡椒・ガーリック・小麦粉・卵とパン粉をしっかりつけて揚げ、春キャベツの千切り・トマトにカラーほうれん草を添えレモンをたっぷり搾っていただく。黒豚はコンガリ餅々ジューシーで春キャベツも甘くて旨い。四品目は若鶏とカラーほうれん草のバター炒め、塩胡椒・ガーリック・タイムをして少なめのオリーブオイルに多めのバターで炒めレモンを搾っていただく。バターの風味に爽やかなレモンの酸味がマッチして美味しーい。最後はあさり汁、鰹の一番だしに酒・味醂と醤油で軽めに煮込みたっぷりのミツバに柚の皮を刻んでいただく。旬あさりのだしが絶妙でミツバと相まって超シンプルで旨ーい。今日の〆のデザートはチョコレートマロンケーキにバニラのアイスクリームとイチゴにコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、ツナと卵のサラダ
2、鱧の照り焼きと若竹の木の芽和え
3、黒豚のトンカツ
4、若鶏とカラーほうれん草のバター炒め
5、あさり汁
6、チョコレートマロンケーキとバニラのアイスクリームとイチゴにコーヒー

Img_08762_3

|

« 男のご飯−875 | トップページ | 男のご飯−877 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−876:

« 男のご飯−875 | トップページ | 男のご飯−877 »