« 男のご飯−824 | トップページ | 男のご飯−826 »

2011年1月25日 (火)

男のご飯−825

今日は創作日本料理。先ずは数の子といくらと半熟卵のサラダ、ベビーリーフ・大根・人参・パプリカ・セロリ・トマトと一緒に特製マヨドレでいただく。卵三兄弟とも言うべきこのサラダはプチ々トロ々で旨い。次は肉じゃが、牛スジに塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒めだし・酒・味醂・砂糖と醤油で玉ねぎ・人参・と一緒にじっくり煮込み絹さやと山椒の葉をトッピングしていただく。牛スジ時はトロ々で甘く野菜は柔らかくて夫々の素材の持ち味が活きて美味しい。三品目は春キャベツと黒豚のトマトソースの炒め物、黒豚は塩胡椒とガーリックを振り掛けて油を敷かずにキャベツ・セロリと一緒に炒め、ホールトマトとオレガノに塩胡椒で仕上げパセリを飾っていただく。トマトの酸味で春キャベツの甘みが際立って旨い。四品目は手羽中のバジルペースト炒め、塩胡椒とガーリックを振り掛けて炒め特製バジルペーストをたっぷり塗ってレモンを搾りベビーリーフと一緒にいただく。ただ一言超美味しーい。最後は粕豚汁、大根・人参・ごぼう・茄子・玉ねぎと一緒に炒り粉だし・味醂・白味噌に酒粕を溶いて煮込み白ネギをたっぷり入れていただく。これがまた寒い冬には温まって具沢山で旨ーい。今日の〆のデザートはフルーツヨーグルトとアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、数の子といくらと半熟卵のサラダ
2、肉じゃが
3、春キャベツと黒豚のトマトソースの炒め物
4、手羽中のバジルペースト炒め
5、粕豚汁
6、フルーツヨーグルトとアイスクリームにコーヒー

Img_704512

|

« 男のご飯−824 | トップページ | 男のご飯−826 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−825:

« 男のご飯−824 | トップページ | 男のご飯−826 »