« 男のご飯−813 | トップページ | 男のご飯−815 »

2011年1月13日 (木)

男のご飯−814

今日は創作中華料理。先ずは帆立といくらの皇帝風サラダ、パクチー・白髪ネギ・大根・人参・パプリカ・キューリ・セロリにミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。笑いが止まらない位旨い。次はワンタンのトマトスープ、鶏ガラスープとホールトマトで水菜・エノキ・しめじと一緒に煮込みパクチーをトッピングしていただく。トマトの程よい酸味にパクチーが利いて美味しい。三品目は焼き餃子のレタス包み、白菜と合挽きに塩胡椒とガーリックを練り込んで包みカリ々に蒸し焼きにしてレモンを搾ってテンメンジャンでいただく。レタスがパリ々でテンメンジャンの甘みが良いあんばいで旨い。四品目は手羽中とブロッコリーのピリ辛炒め、塩胡椒・ガーリック・五香粉を振り掛けてネギと一緒に炒めブロッコリーを加え、鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・塩胡椒・テンメンジャンと豆板醤で仕上げパクチーと一緒にいただく。豆板醤の辛さの中にテンメンジャンの甘さでバランスが取れて美味しーい。最後は牡蠣とチンゲンサイのクリーム煮、牡蠣に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒めチンゲンサイを加え鶏ガラスープ・酒・タイムで煮込みたっぷりの生クリームで仕上げていただく。牡蠣はプリン々でチンゲンサイとも超クリーミーで旨ーい。今日の〆のデザートはブルーベリーヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、帆立といくらの皇帝風サラダ
2、ワンタンのトマトスープ
3、焼き餃子のレタス包み
4、手羽中とブロッコリーのピリ辛炒め
5、牡蠣とチンゲンサイのクリーム煮
6、ブルーベリーヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_63052

|

« 男のご飯−813 | トップページ | 男のご飯−815 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−814:

« 男のご飯−813 | トップページ | 男のご飯−815 »