« 男のご飯−809 | トップページ | 男のご飯−811 »

2011年1月 7日 (金)

男のご飯−810

今日はイタリアン。先ずはカプレーゼ、ミルクを人肌より少し熱めに温めてお酢を加えた自家製モッツァレラ擬を、熟れ々トマトとバジルの葉の上に盛りレモンを搾ってオリーブオイルとブラックペッパーでいただく。久しぶりのカプレーゼはチーズが瑞々しくて美味しい。次はブロッコリーのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けてたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。超クリーミーで寒い冬には熱々が旨い。三品目は生ハムと野菜のミニピザ、焼売の生地にホールトマトを塗りオニオン・ピーマン・セロリ・マッシュルームと一緒にたっぷりのチーズで焼き、ベビーリーフを乗せてオリーブオイルとパプリかを振り掛けていただく。焼売の生地の焼き上がりはカリ々トロ々で食感が楽しめて美味しい。四品目は鮴のカポナータ煮込み、塩とブラックペッパーで軽くソテーし白ワインを加えてアルコールを飛ばし、タマネギ・カボチャ・茄子・蕪・人参・セロリ・ピーマン・パプリカ・マッシュルームにホールトマト・ブイヨンと塩胡椒でじっくり煮込んでパセリを飾りレモンを搾っていただく。淡白な身はトマトの酸味がしっかり染み込んでスープ仕立てのカポナータとの一体感が旨ーい。最後はバジルペーストのパスタ、バジルの葉にニンニク・オリーブオイル・白ワイン・松の実・カシューナッツ・パルミジャーノと一緒にミキサーでペーストにし、フェデリーニにたっぷり絡めパルミジャーノを削り掛けていただく。ただ一言美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴとミルクのアイスクリームにカフェラテで美味しい々イタリアンでした。

1、カプレーゼ
2、ブロッコリーのクリームスープ
3、生ハムと野菜のミニピザ
4、鮴のカポナータ煮込み
5、バジルペーストのパスタ
6、イチゴとミルクのアイスクリームにカフェラテ

Img_60552

|

« 男のご飯−809 | トップページ | 男のご飯−811 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−810:

« 男のご飯−809 | トップページ | 男のご飯−811 »