« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

男のご飯−807

今日は創作日本料理。先ずはカリ々ベーコンとアボガドとコーンのサラダ、ミツバ・レタス・香菜・大根・人参・セロリ・キューリと一緒にマヨドレでいただく。カリ々ベーコンとショキ々野菜のバランス良い食感がたまらなく旨い。次はだし巻きトマト、卵に炒り粉だしと塩胡椒を加えて完熟トマトを巻き大葉とパセリを飾っていただく。熟れ々トマトと半熟のフワ々卵の相性がバッチリで美味しい。三品目はメインのすき焼き、白菜・菊菜・大根・人参・椎茸・しめじ・エノキ・白ネギ・玉ねぎ・カボチャ・ピーマン・マロニー・豆腐と黒毛和牛を特製割り下に溶き卵でいただく。雪が降る寒い暮れには申し分無く旨ーい。最後の仕上げはウニといくらのお寿司、甘めに仕上げたシャリを軍艦巻きにしてトリプルビックなウニといくらをてんこ盛りにしてレモン岩塩でいただく。この桁外れのバランスは想像を絶する位美味しーい。今日の〆のデザートはあまおうイチゴとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、カリ々ベーコンとアボガドとコーンのサラダ
2、だし巻きトマト
3、すき焼き
4、ウニといくらのお寿司
5、あまおうイチゴとコーヒー

Img_58592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

男のご飯−806

今日はイタリアン。先ずは生ハムと焼きカボチャとイチゴのサラダ、塩胡椒で焼いたカボチャの上に生ハムと熟れ々イチゴを乗せてパセリを飾りブラックペッパーだけでいただく。焼きカボチャがとても甘く生ハムの塩気とイチゴの程よい甘さの中の酸味が心地よく美味しい。次はコーンクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けてたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。トロッとして超クリーミーで旨い。三品目はチキンのピザ、胸肉を薄く切り開き玉ねぎ・ピーマン・パプリカ・マッシュルーム・ホールトマトとたっぷりのチーズで焼き上げパプリカとパセリを振り掛けていただく。周りはコンガリチーズはトロ々身はジューシーでボリューム満点で美味しい。四品目はサーロインステーキ、黒毛和牛に塩胡椒とガーリックだけでレアーに焼いてパプリカ・ピーマン・茄子・マッシュルームのバターソテーを添えレモンを搾っていただく。美味しーいお肉は塩胡椒とガーリックだけで言う事おまへん。最後はウニとイクラの贅沢パスタ、エシャロットとニンニクを炒めブイヨン・白ワイン・パルミジャーノとたっぷりの生クリームで軽く煮込み、ウニを加えてミキサーに掛けたソースをフェデリーニに絡めウニとイクラをてんこ盛りにしてパセリを刻みパルミジャーノを削り掛けていただく。ただ一言超贅沢で超旨ーい。今日の〆のデザートはイチゴとバニラのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムと焼きカボチャとイチゴのサラダ
2、コーンクリームスープ
3、チキンのピザ
4、サーロインステーキ
5、ウニとイクラの贅沢パスタ
6、イチゴとバニラのアイスクリームとカプチーノ

Img_579312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

男のご飯−805

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドとコーンのサラダ、ミツバ・レタス・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒に特製マヨドレでいただく。半熟れの気持ち歯応えがあるアボガドとショキ々したコーンと野菜が生ハムと相まって美味しい。次は蕪のそぼろあんかけ、炒り粉だし・酒・味醂・醤油とほんの少しの生姜でじっくり煮込み、鶏ミンチと片栗粉で仕上げたそぼろあんをたっぷり掛け蕪の葉と柚をトッピングしていただく。熱々トロ々で生姜が無い位旨い。三品目は牛スジと野菜の煮物、牛スジに塩胡椒とガーリックを振り掛けて玉ねぎと一緒に軽く炒め鰹だし・白ワイン・味醂・醤油とハチミツでじっくり煮込み、鰹だし・酒・味醂と醤油で煮込んだ大根・人参とミツバを添え粒マスタードでいただく。お肉はとても柔らかくて甘く鰹風味の野菜は夫々の味が引き立って美味しーい。四品目は魚介と野菜の唐揚げ、鮭と海老は塩胡椒とガーリックを振り掛けて片栗粉をまぶし芽キャベツ・茄子・人参・ピーマン・パプリカは片栗粉だけで唐揚げにしレモンを搾って岩塩でいただく。薄い衣でカリッと仕上がってレモン塩が夫々の素材の味を際立たせて旨ーい。最後は百合ねとミツバのお吸い物、炒り粉だし・酒・味醂と醤油で仕上げ柚をトッピングしていただく。仕上げにはサッパリして柚れ無い位美味しい。今日の〆のデザートはストロベリーのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドとコーンのサラダ
2、蕪のそぼろあんかけ
3、牛スジと野菜の煮物
4、魚介と野菜の唐揚げ
5、百合ねとミツバのお吸い物
6、ストロベリーのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_56892_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

男のご飯−804

今日は創作中華料理。先ずはサーモンといくらの皇帝風サラダ、白髪ネギ・赤黄パプリカ・大根・人参・キューリ・パクチーと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。この時期のサーモンは脂乗り々で言うまでも無く親孝行で美味しい。次はフカヒレのスープ、鶏ガラスープ・酒・味醂・生姜とガーリックで丸ごとじっくり煮込み、オイスターソースと片栗粉で仕上げパセリを飾っていただく。コリ々感と言いトロ々感と言いボリュームたっぷりで贅沢極まり無く旨い。三品目は地鶏の唐揚げ、塩胡椒とガーリックを振り掛け小麦粉に卵とミルクを溶いた衣をつけ、さらに片栗粉と炒りごまをまぶしてコンガリ揚げレタスとパセリを添えレモン塩でいただく。コンガリ揚がった衣と皮にジューシーな身が引き立って美味しい。四品目は青椒肉絲、黒毛和牛のスジに塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒め細切りの筍とピーマンを加え白ワイン・鶏ガラ・オイスターソース・五香粉と塩胡椒で仕上げパクチーをトッピングしていただく。ただ一言旨ーい。最後は貝柱と芽キャベツのクリーム煮、芽キャベツを白ネギと一緒に軽く炒め刺身の貝柱を加えて鶏ガラ・酒とミルクで煮込みたっぷりの生クリームにほんの少しのブラックペッパーで仕上げていただく。芽キャベツはとても柔らかくレアーに仕上がった貝柱ともクリームスープが良く絡んで美味しーい。今日の〆のデザートはブルーベリのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、サーモンといくらの皇帝風サラダ
2、フカヒレのスープ
3、地鶏の唐揚げ
4、青椒肉絲
5、貝柱と芽キャベツのクリーム煮
6、ブルーベリのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_29712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

男のご飯−803

今日は久しぶりのアメリカン。先ずはオニオンのクリームスープ、ガーリックで軽く炒めてコンソメでじっくり煮込みミルクと塩胡椒で仕上げていただく。生クリームが入らない事で喉越しがサッパリして旨い。次はフィッシャーマンズサラダ、レタス・ベビーリーフ・パプリカ・セロリ・キューリ・アボガドとオレンジに鮪・サーモンといくらを加えブラックペッパーとマヨドレでいただく。野菜と魚介類にオレンジの甘さがマッチして美味しい。三品目は鮪とチキンベーコンのバーベキュー、鮪のトロに玉ネギとチキンベーコンに下仁田ネギを夫々交互に串刺しにし塩胡椒・ガーリックとミックスハーブを振り掛けて網焼きにしレモンをたっぷり搾っていただく。トロの脂は乗り々で玉ねぎと相性が良くチキンとベーコンも塩気がバッチリ決まってどちらも甲乙つけがたくて旨い。四品目はスペアーリブの網焼き、塩胡椒とガーリックを振り掛けてワイン・ブイヨンとカルダモンのタレに浸け込んで網焼きにし、バターコーン・マッシュルーム・トマトとパセリを添えてレモンを搾っていただく。ガーリックとハーブの利いたリブはジューシーでバターコーンはとても甘く大平原を思い起こす位美味しーい。最後はアメリカンクラブハウスサンド、トーストに辛しバターを塗りレタス・キューリ・トマトにチキンとベーコンを溢れんばかりに挟みレモンを搾ってケチャップでいただく。一言具沢山で旨ーい。今日の〆のデザートはイチゴとコーヒーで美味しい々アメリカンでした。

1、オニオンのクリームスープ
2、フィッシャーマンズサラダ
3、鮪とチキンベーコンのバーベキュー
4、スペアーリブの網焼き
5、アメリカンクラブハウスサンド
6、イチゴとコーヒー

Img_19862jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

男のご飯−802

今日はクリスマスでフレンチ。先ずは生ハムメロン、熟れ々メロンに生ハムをこれでもかと言う位乗せてチャービルとパセリを飾りブラックペッパーとオリーブオイルでいただく。マスクメロンの甘さと生ハムの塩気がベストマッチで美味しい。次はコーンポタージュスープ、ガーリックを利かせたコンソメで煮込んでミキサーに掛けてたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。トロミ加減が良いあんばいで温かくて旨い。三品目はオマール海老のクリームソース、エシャロットとガーリックで軽く蒸したオマール海老を味噌と一緒に白ワインを利かせてバターで炒め、ブイヨン・塩胡椒とたっぷりの生クリームで仕上げたソースにレモンを搾っていただく。メリークリスマスと言いたくなる位美味しーい。四品目はスモーク合鴨のマスタードソース、取り置きしておいたフランス直輸入の合鴨のもも肉を何も手を掛けづにレモンを搾って粒マスタードでいただく。皮も身も超スモーキーで旨ーい。最後はスペアーリブのソテー、塩胡椒・ガーリックとローズマリーの葉でソテーして蕪・人参・ヤングコーン・マッシュルーム・ペコロスのバターソテーとトマトを添えレモンを搾っていただく。美味しいとしか言いようがおまへん。今日の〆のデザートはマスカルポーネのイチゴスフレとコーヒーで美味しい々フレンチでした。

1、生ハムメロン
2、コーンポタージュスープ
3、オマール海老のクリームソース
4、スモーク合鴨のマスタードソース
5、スペアーリブのソテー
6、マスカルポーネのイチゴスフレとコーヒー

Img_19402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

男のご飯−801

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドと半熟卵のサラダ、ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリか・トマトと一緒にマヨドレでいただく。寄り集まった総合力で褒めたい位旨い。次は寒鰤蕪大根、塩をして刻み生姜をたっぷり乗せて吟醸酒だけで煮込んでポン酢で仕上げ、鰹だしで煮込んだ蕪・しめじと豆腐に柚子を刻んでいただく。寒鰤は脂乗り々でポン酢と生姜が決って蕪はトロ々で美味しい。三品目はカレー風味のトンカツ。黒豚に塩胡椒とガーリックを振り掛けカレー粉を加えたパン粉をしっかりつけて胡麻油で揚げ、バターコーンとベビーリーフと一緒にレモンをたっぷり搾っていただく。細かく潰したパン粉がコンガリサク々でカレー風味のお肉はジューシーで旨ーい。四品目は地鶏の照り焼き、塩胡椒とガーリックだけで気持ちレアーに炒め、焼き汁で焼いた下仁田ネギとスライスキューリを添えレモンを搾っていただく。下仁田ネギは熱々で超甘く地鶏の皮はカリッとして身はジューシーでキューリもショキ々で美味しーい。最後は蕪と豆腐のお澄まし、人参としめじに下仁田ネギを加え炒り粉だし・酒・味醂とほんの少しの醤油で仕上げ刻み柚子をたっぷり入れていただく。柚子れ無い位仕上げには旨い。今日の〆のデザートはブルーベリーヨーグルトソースのアイスクリーム
とコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドと半熟卵のサラダ
2、寒鰤蕪大根
3、カレー風味のトンカツ
4、地鶏の照り焼き
5、蕪と豆腐のお澄まし
6、ブルーベリーヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_091412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

男のご飯−800

今日は到頭800回で創作中華料理。先ずは鮪と貝柱の皇帝風サラダ、脂乗り々の大トロと貝柱に白髪ネギ・大根・人参・パプリカ・セロリ・キューリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。噛む事も無く蕩けてしまう位甘くて美味しい。次はワンタンと春雨のサンラータン、鶏ガラスープにガーリックを利かせて蕪大根・人参・玉ねぎ・トマトと一緒に煮込みビネガーと胡麻油で仕上げパセリを刻んでいただく。トマトとビネガーの酸味が程よく胡麻ん足で旨い。三品目はマーボ茄子、ネギ・ニンニクと塩胡椒で黒毛和牛の切り落としを炒めて茄子を加え、鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・オイスターソース・豆板醤・花椒と片栗粉で仕上げパセリを飾っていただく。お肉も茄子もピリッとした中にテンメンジャンの甘さとオイスターソースのコクが加わって美味しい。四品目は下仁田ネギとささ身のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて焼き目をつけ鶏ガラスープ・酒とたっぷりの生クリームで煮込んでいただく。下仁田ネギは甘くトロ々でささ身も生クリームがしっかり染込んで超クリーミーで旨ーい。最後は八宝菜、餅豚に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶし玉ネギと一緒に胡麻油で軽く炒め、白菜・人参・しめじ・ピーマン・パプリカ・セロリ・ヤングコーン・木耳・鶉卵を加え鶏ガラ・酒・五香粉・塩胡椒と水溶き片栗粉で仕上げレモンを搾っていただく。お肉も野菜もトロミと塩加減が良いあんばいで具沢山で美味しーい。今日の〆のデザートは焼きたてマーマレードのパウンドケーキとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、鮪と貝柱の皇帝風サラダ
2、ワンタンと春雨のサンラータン
3、マーボ茄子
4、下仁田ネギとささ身のクリーム煮
5、八宝菜
6、焼きたてマーマレードのパウンドケーキとコーヒー

Img_08892

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

男のご飯−799

今日はイタリアン。先ずは生ハムメロン、超シンプルに熟れ々のメロンを生ハムで巻いてトマトとチャービルを添えブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。旨いとしか言いようが無い。次は蕪のクリームスープ、ブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。一言美味しい。三品目はベーコンとアボガドのミニピザ、焼売の生地にホールトマト・オニオン・ピーマン・マッシュルームと一緒にたっぷりのモッツァレラで焼いてパプリカを振り掛けていただく。生地が薄い分カリッと仕上がり具沢山で旨い。四品目は地鶏のソテー、静岡の地鶏に塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてソテーし蕪・人参・マッシュルーム・パプリカ・トマトにチャービルを飾りレモンをたっぷり搾っていただく。静岡の地鶏は味がシッカリしていて身は餅々ジューシーで美味しーい。最後は鱈の白子とイカ墨のスパゲティー、玉ねぎとニンニクでイカを軽く炒めコンソメ・白ワイン・ホールトマトで仕上げたソースをフェデリーニにたっぷり絡め、塩胡椒・ガーリック・タイムに小麦粉をまぶしバターでソテーした白子とチャービルを乗せパルミジャーノを削り掛けていただく。白子はカリッとネットリしてイカ墨でお歯黒になって笑ける位旨ーい。今日の〆のデザートはキャラメルのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムメロン
2、蕪のクリームスープ
3、ベーコンとアボガドのミニピザ
4、地鶏のソテー
5、鱈の白子とイカ墨のスパゲティー
6、キャラメルのアイスクリームとカプチーノ

Img_56242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

男のご飯−798

今日は創作日本料理。先ずは海老天とアボガドのサラダ、海老に塩胡椒をして溶き卵をたっぷりつけて揚げレタス・ミツバ・大根・人参・セロリ・パプリカ・キューリ・トマト・アボガドと一緒にマヨドレでいただく。海老がフワ々プリ々でショキ々した野菜との一体感が何とも言えず旨い。次は牛スジと野菜の煮物、塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒めだし・酒・味醂にハチミツと醤油でとことん煮込み、鰹だしで煮込んだ大根・人参・椎茸とミツバを添え柚の皮を刻んでいただく。お肉がトロ々してハチミツで良いあんばいに甘く野菜は鰹だしで素材の味が活きてこの調和が美味しい。三品目は連子鯛の姿焼き、塩だけで丸焼きにして焼きネギ・豆腐・人参とミツバを添えレモンを搾っていただく。お目目はドコサヘキサンして身はホク々で塩加減とレモンがバッチリで旨ーい。四品目は手羽中の胡麻唐揚げ、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶし煎り胡麻をタップリつけて揚げ、焼きブロッコリーを添えレモンを搾っていただく。煎り胡麻が香ばしく身はジューシーに揚がってレモンの酸味が程よく美味しーい。最後は具沢山のお味噌汁、大根・人参・玉ねぎ・椎茸・豆腐・白ネギを炒り粉だしで酒・味醂と白味噌で仕上げミツバをトッピングしていただく。寒い冬は味噌汁が温まって具沢山で旨い。今日の〆のデザートはミルクのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、海老天とアボガドのサラダ
2、牛スジと野菜の煮物
3、連子鯛の姿焼き
4、手羽中の胡麻唐揚げ
5、具沢山のお味噌汁
6、ミルクのアイスクリームとコーヒー

Img_559312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

男のご飯−797

今日は創作中華料理。先ずはモンゴイカの皇帝風サラダ、パクチー・白髪ネギ・大根・人参・キューリ・パプリか・セロリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。イカがとても甘く餅々でショキ々の野菜と相まって美味しい。次は海老ワンタンの鶏ガラトマトスープ。海老と合挽きとを包んだワンタンをガーリックを利かした鶏ガラスープで椎茸・白髪ねぎ・トマトと一緒に煮込みパクチーをたっぷり入れていただく。トロ々のワンタンと酸味の利いたトマトとパクチーの絶妙な一体感が旨い。三品目は車海老の天ぷら甘酢ソース、塩胡椒とガーリックを振り掛けて多めの卵を加えた衣をたっぷりつけて揚げ、砂糖・お酢・鷹の爪と白髪ネギで仕上げたソースを掛けていただく。多めの卵でフワ々になった衣に甘酸っぱくてほんの少しピリッとしたソースがマッチして海老がプリン々で美味しい。四品目は手羽先のピリ辛炒め、塩胡椒とガーリックを振り掛けネギとピーマンを加えて軽く炒め、鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・豆板醤と塩胡椒で仕上げパクチーをたっぷり刻んでいただく。寒さの増したこの時期でも汗が出る程ピリ々で温かくなって旨ーい。最後は餅豚と白菜のクリーム煮、塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶして炒めて白菜と一緒に鶏ガラ・酒・ミルクとたっぷりの生クリームで仕上げパクチーを飾っていただく。超クリーミーで何もかもが蕩ける位美味しーい。今日の〆のデザートはマスカルポーネのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、モンゴイカの皇帝風サラダ
2、海老ワンタンの鶏ガラトマトスープ
3、車海老の天ぷら甘酢ソース
4、手羽先のピリ辛炒め
5、餅豚と白菜のクリーム煮
6、マスカルポーネのアイスクリームにコーヒー

Img_55662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

男のご飯−796

今日は創作日本料理。先ずはサーモンとアボガドの胡麻サラダ、レタス・ミツバ・大根・人参・セロリ・キューリと一緒に煎り胡麻をたっぷり掛けてマヨドレでいただく。サーモンの脂が乗り々で熟れ々のアボガドと相まって美味しい。次は今日のメインのすき焼き、白菜・白ネギ・大根・人参・椎茸・しめじ・エノキ・エリンギ・菊菜・玉ねぎ・ミツバ・焼き豆腐・マロニーと但馬牛を特製割り下でいただく。何はともあれ先ずはお肉をレアーに焼いて割り下で仕上げ溶き卵をたっぷりつけていただく。気持ち甘めの割り下でレアーに焼き焦げたお肉がたまらなく旨ーい。三品目は牡蠣の味噌煮込み、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒めだし・酒・味醂・砂糖に白味噌を溶いて煮込み柚の皮と一緒にいただく。プリン々の牡蠣が甘めの味噌と良いあんばいに決まって柚れ無い位美味しーい。最後の〆はにゅー麺、炒り粉だし・酒・味醂と醤油で薄味に仕上げミツバと柚をトッピングしていただく。すき焼きのお肉でシッカリ仕上がったお腹には柚風味のサッパリ目のにゅー麺は滅茶苦茶旨い。今日の〆のデザートは熟れ々マスクメロンとコーヒーで美味しい々すき焼きでした。

1、サーモンとアボガドの胡麻サラダ
2、メインのすき焼き
3、牡蠣の味噌煮込み
4、にゅー麺
5、熟れ々マスクメロンとコーヒー

Img_548512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

男のご飯−795

今日はイタリアン。先ずは生ハムとアボガドとカマンベールのサラダ、アボガドを生ハムで巻いてカマンベールを乗せミツバとトマトを散らしブラックペッパーとバジルを振り掛けていただく。カマンとってと言いたくなる位旨い。次はキャロットのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛けミルクにバターを少し入れたっぷりの生クリームで仕上げていただく。バターが少し入る事でコクが出てクリーミーで美味しい。三品目はベーコンと茄子のミニピザ、焼売の皮にホールトマトをタップリ塗り玉ねぎ・マッシュルーム・ピーマン・セロリ・茄子とベーコンを乗せてたっぷりのチーズで焼きバジルとパプリカを振り掛けていただく。カリ々トロ々餅々でチーズが旨い。四品目は黒豚ソテーのバルサミコソース、塩胡椒・ガーリックとローリエを振り掛けてソテーし肉汁に白ワイン・バター・小麦粉とバルサミコを煮詰めたソースを掛け、カボチャ・人参・茄子・インゲン・ペコロス・トマトとバジルの葉を添えレモンを搾っていただく。酸味がたまらず滅茶苦茶美味しーい。最後は地鶏と茄子のトマトソースのパスタ、玉ねぎとニンニクを炒めて香り立て鶏と茄子にマッシュルーム・インゲン・ピーマンとパプリカを加え、コンソメ・白ワイン・ホールトマト・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたソースをフェデリーニにたっぷり絡めバジルとパルミジャーノを振り掛けていただく。お肉も野菜も申し分無く旨ーい。今日の〆のデザートはザクロとバニラのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムとアボガドとカマンベールのサラダ
2、キャロットのクリームスープ
3、ベーコンと茄子のミニピザ
4、黒豚ソテーのバルサミコソース
5、地鶏と茄子のトマトソースのパスタ
6、ザクロとバニラのアイスクリームとカプチーノ

Img_54572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

男のご飯−794

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、ミツバ・バビーリーフ・大根・人参・キューリ・セロリ・パプリカ・トマトに炒り胡麻をたっぷり振り掛けてマヨネーズでいただく。胡麻ん足で美味しい。次は鰻巻き、身部厚の鰻を卵でグル々に二重に巻きにしてパセリを飾り山椒を振り掛けていただく。溢れんばかりの鰻がフワ々で卵もトロ々で旨い。三品目は塩豚と野菜の煮物、餅豚に塩胡椒とガーリックを振り掛けて焼き目をつけ鰹だし・酒・味醂と塩でじっくり煮込み、鰹だしと酒・味醂と醤油で仕上げたチンゲンサイ・大根・筍と一緒にミツバと柚子の皮を添え粒マスタードでいただく。鰹風味の野菜は素材の味が活きてお肉は蕩ける位美味しーい。四品目はカレー風味の牡蠣フライ、塩胡椒と片栗粉をまぶして溶き卵をたっぷりつけ再度溶き卵をでカレー粉を加えたパン粉でカリッと揚げトマトとパセリを添えレモンを搾っていただく。カレー風味の衣はカリカリで身はプリン々で旨ーい。最後は具沢山の親子汁、炒り粉だし・酒・味醂に白味噌を溶き大根・人参・しめじ・エリンギ・白ネギ・豆腐に軽く炒めた地鶏を加えて卵を綴じミツバをトッピングしていただく。これが温まって卵はフワ々して親孝行で美味しい。今日の〆のデザートはキャラメルのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、鰻巻き
3、塩豚と野菜の煮物
4、カレー風味の牡蠣フライ
5、具沢山の親子汁
6、キャラメルのアイスクリームとコーヒー

Img_54112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

男のご飯−793

今日は創作中華料理。先ずはサーモンの胡麻マヨサラダ、シンプルにベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・白髪ネギと一緒に特製胡麻マヨドレでいただく。カシューナッツもイクラも無くてもサーモンの脂がしっかり乗っていてこれはこれで美味しい。次は昆布の卵スープ、鶏ガラスープにガーリックを利かせて煮込み卵を半熟に綴じていただく。身分厚の昆布の磯々しい香りが漂って卵はトロ々で旨い。三品目は海老焼売、合挽に白ネギ・ブロッコリーと生姜を練り込んだネタと一緒に海老を包んでいんげんを飾って蒸し、粒マスタードポン酢と胡麻油醤油の2バージョンでいただく。海老はプリン々で熱々でどちらのバージョンも美味しい。四品目はブロッコリーと地鶏のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて軽く炒めてブロッコリーを加え、鶏ガラ・酒・ミルクとたっぷりの生クリームとブラックペッパーで仕上げていただく。超クリーミーでブロッコリする位旨ーい。最後は青椒肉絲、餅豚に塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして炒め、筍・ピーマン・パプリカと一緒に鶏ガラ・酒・味醂とオイスターソースで仕上げパセリを刻んでいただく。ただ一言美味しーい。今日の〆のデザートはブルーベリーのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒーで美味しい々中華でした。

1、サーモンの胡麻マヨサラダ
2、昆布の卵スープ
3、海老焼売
4、ブロッコリーと地鶏のクリーム煮
5、青椒肉絲
6、ブルーベリーのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_53792

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

男のご飯−792

今日はイタリアン。先ずは昆布とペコロスのクリームスープ、チキンブイヨンで煮込んでミキサーに掛けミルクとたっぷりの生クリームで仕上げトロ々に煮込んだペコロスと一緒にいただく。磯の香りが漂ってペコロスともトロ々で美味しい。次はオレンジ生ハムとゴルゴンゾーラのクリームチーズのカルパッチョ、オレンジ生ハムに塩胡椒・ガーリックと生クリームでトロ々にしたゴルゴンクリーム・トマトとチャービルを盛りオリーブオイルとブラックペッパーでいただく。オレンジは超甘くハムの塩気とクリーミーなゴルゴンが相まって旨い。三品目は手羽元のサルティンボッカ、塩胡椒・ガーリックとローリエを振り掛けてオリーブオイルとバターで炒めて生ハムを巻き、人参・エリンギ・インゲンとペコロスの焼き野菜を添えてレモンを搾っていただく。バターで香ばしく焼けた鶏と生ハムの塩気がマッチして焼き野菜も甘くて美味しい。四品目はポークピカタ、塩胡椒とガーリックを振り掛けて片栗粉をまぶしチーズを加えた溶き卵をタップリ付けて焼き揚げ、ベビーリーフとトマトを添えてレモンを搾っていただく。餅々でジューシーなお肉にチーズの利いたフワフワ卵で柔らかく包まれた食感が何とも言えず旨ーい。最後はチヌと野菜のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて焼き目をつけカボチャ・人参・ピーマン・パプリカ・ブロッコリー・しめじ・エリンギにペコロスを加え、白ワイン・コンソメ・塩胡椒・ミルクとたっぷりの生クリームで仕上げてチャービルを飾りレモンを搾っていただく。身離れも良く何もかもがクリーミーにし上がってチヌ程美味しーい。今日の〆のデザートはキャラメルのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、昆布とペコロスのクリームスープ
2、オレンジ生ハムとゴルゴンゾーラのクリームチーズのカルパッチョ
3、手羽元のサルティンボッカ
4、ポークピカタ
5、チヌと野菜のクリーム煮
6、キャラメルのアイスクリームとカプチーノ

Img_530812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

男のご飯−791

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとカマンベールといくらのサラダ、ミツバ・ベビーリーフ・大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・トマトと一緒にマヨドレでいただく。ミツバが強調された野菜にクリーミーなチーズの円やかさとハムの塩気が相まって美味しい。次は牛スジと野菜の煮物、塩胡椒とガーリックを振り掛けて軽く炒めて長芋・カボチャ・エリンギ・いんげんを加え、だし・酒・味醂・砂糖と醤油でとことん煮込み鰹だしで煮た筍を添え柚子の皮とミツバをトッピングしていただく。牛スジがトロ々で甘く夫々の野菜がバランス良くコラボって旨い。三品目は茶碗蒸し、シンプルに百合ね・茸・鶏に卵を溶いて鰹だしを加えてじっくり蒸しミツバと柚子をトッピングしていただく。卵が多いためだしがプリンの様にプリン々に仕上がって鶏のだしが良く出てユリネが柔らかくて甘く柚子れ無い位旨ーい。四品目は地鶏のカレー風味のパン粉揚げ、塩胡椒をして溶き卵でカレー粉を混ぜたパン粉をしっかりつけて揚げ千切りキャベツとパセリを添えてレモンを搾っていただく。カレーの味がチキンとしてコンガリとジューシーで美味し−い。最後は具沢山の豚汁、炒り粉だし・酒・味醂に白味噌を溶き餅豚・長ネギ・エリンギ・大根・人参・白ネギ・豆腐と一緒に煮込み青ネギをトッピングしていただく。今日の〆のデザートはキャラメルのアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、生ハムとカマンベールといくらのサラダ
2、牛スジと野菜の煮物
3、茶碗蒸し
4、地鶏のカレー風味のパン粉揚げ
5、具沢山の豚汁
6、キャラメルのアイスクリームにコーヒー

Img_52472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

男のご飯−790

今日は創作中華料理。先ずはサーモンとイクラの皇帝風サラダ、ベビーリーフ・白髪ネギ・大根・人参・キューリ・パプリカと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。ほんまに親孝行で旨い。次は鶏ガラ卵スープ、筍・大根・人参・セロリ・白髪ネギ・エリンギ・木耳を鶏ガラスープとガーリックで煮込み、酒・味醂と塩胡椒で仕上げて卵を綴じパクチーをトッピングしていただく。卵はトロ々でパクチーてしまう位美味しい。三品目は牡蠣とチンゲンサイのクリーム煮、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶして軽く炒めてチンゲンサイを加え、鶏ガラ・酒・味醂・塩胡椒・ミルクとたっぷりの生クリームで仕上げていただく。牡蠣はプリ々でチンゲンサイ共々クリーミーで旨い。四品目は焼き餃子、合挽きに白ネギ・キャベツ・セロリを加え塩胡椒とガーリックを練り込んで包み、胡麻油と片栗粉の溶き汁で蒸し焼きにし、酢橘を搾ってテンメンジャン・ポン酢と定番のラー油ダレの3バージョンでいただく。カリ々ジューシーでどのバージョンも美味しーい。最後は酢豚、餅豚を塩胡椒とガーリックで炒め筍・人参・ピーマン・パプリカ・エリンギ・木耳・鶉とオレンジを加え、鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・砂糖・お酢・五香粉と塩胡椒で仕上げパクチーとパセリをトッピングしていただく。お肉は餅々でオレンジの甘さとお酢がバッチリ決まって旨ーい。今日の〆のデザートはブルーベリーヨーグルトソースとアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、サーモンとイクラの皇帝風サラダ
2、鶏ガラ卵スープ
3、牡蠣とチンゲンサイのクリーム煮
4、焼き餃子
5、酢豚
6、ブルーベリーヨーグルトソースとアイスクリームにコーヒー

Img_52132


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

男のご飯−789

今日は創作日本料理。先ずは鮭といくらの親子のサラダ、ミツバ・アボガド・大根・人参・パプリカ・セロリ・マッシュルーム・トマトと一緒に胡麻マヨドレでいただく。鮭は脂乗り々いくらはプリ々野菜はショキ々で美味しい。次は鰈の煮付け、塩を軽く振りだし・酒・味醂と砂糖で煮詰め醤油と味醂で照りをつけ長芋・春菊・豆腐と一緒に酢橘を搾っていただく。身離れも良く脂もしっかり乗って甘くて旨い。三品目はトンカツ、黒豚に塩胡椒とガーリックを振り掛けパン粉をしっかりつけて胡麻油で揚げ、刻みキャベツ・トマトにパセリを添えレモンを搾ってケチャップソースでいただく。カリッと揚がってお肉は餅々ジューシーで美味しーい。四品目は手羽先とオレンジの香草焼き、塩胡椒・ガーリックとローズマリーの葉で炒め焼きブロッコリーを添えてレモンを搾りオレンジと一緒にいただく。香草の風味が良く出て香ばしく甘いオレンジと相まって旨ーい。最後は蕪とミツバのお澄まし、茄子・人参・豆腐と一緒に炒り粉だし・酒・味醂と醤油で煮込まずに仕上げ柚子の皮をたっぷり入れていただく。このお澄ましはサッパリして野菜の歯応えも良く美味しくて柚子れまへん。今日の〆のデザートはオレンジとバニラアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、鮭といくらの親子のサラダ
2、鰈の煮付け
3、トンカツ
4、手羽先とオレンジの香草焼き
5、蕪とミツバのお澄まし
6、オレンジとバニラアイスクリームとコーヒー

Img_515012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

男のご飯−788

今日はイタリアン。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、ベビーリーフ・マッシュルーム・大根・人参・セロリ・パプリカ・トマトと一緒にチャービルを飾ってマヨドレいただく。スタートには申し分無く旨い。次はブロッコリーのクリームスープ、一口大にカットしてブイヨンでじっくり煮込みミルクと生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。そのまま飲み込める位柔らかくてクリーミーで美味しい。三品目はラムチョップのゴルゴンゾーラソース。塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてソテーしゴルゴンゾーラをミルク・ガーリック・パルミジャーノ・白ワイン・コンソメと塩胡椒で仕上げたソースをたっぷり塗って、焼きカボチャ・人参・長芋・マッシュルームとトマトを添えレッドアジアンマスタードを飾っていただく。塩気の利いたゴルゴンソースがコッテリとクリーミーでラムと焼き野菜が引き立て合って旨い。四品目は鱈のムニエルの野菜ビネガーソース、塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶしてローズマリーの葉と一緒にソテーし、カボチャ・人参・ピーマン・パプリカ・セロリ・マッシュルームと一緒に炒め白ワイン・ブイヨンとビネガーで仕上げたソースを掛けレモンを搾っていただく。淡白の鱈がビネガーの酸味と野菜の甘味と相まって美味しーい。最後はボンゴレロッソ、玉ねぎとガーリックでイカと一緒に軽く炒めマッシュルーム・ヒラタケ・アスパラと蕪を加えて白ワインで蒸し、コンソメ・ホールトマト・オレガノと塩胡椒で仕上げたソースにフェデリーニを絡めパルミジャーノとパセリをたっぷり振り掛けていただく。ただ一言旨ーい。今日の〆のデザートはキャラメルのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、ブロッコリーのクリームスープ
3、ラムチョップのゴルゴンゾーラソース
4、鱈のムニエルの野菜ビネガーソース
5、ボンゴレロッソ
6、キャラメルのアイスクリームとカプチーノ

Img_512312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

男のご飯−787

今日は創作中華料理。先ずは帆立といくらの皇帝風サラダ、ベビーリーフ・パクチー・大根・人参・三色パプリか・セロリ・キューリと一緒にカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。笑けて帆立ってしまう位美味しい。次は蕪とトマトのワンタンスープ、鶏ガラスープで煮込んでホールトマト・酒・ガーリックとブラックペッパーで仕上げパクチーをトッピングしていただく。蕪もワンタンもトロ々でトマトの酸味が程よくパクチーてしまう位旨い。三品目はアスパラと生ハムの春巻きクリーム煮、アスパラを軽く蒸して生ハムと春巻の皮で巻き鶏ガラにガーリックと酒で煮込み、たっぷりの生クリームで仕上げていただく。アスパラは柔らかくて甘く生ハムの塩気にトロ々になった皮がクリーミーで美味しい。四品目は餅豚の回鍋肉、塩胡椒・ガーリック・五香粉と片栗粉をまぶし3色パプリカ・キャベツと一緒に胡麻油で炒め、テンメンジャン・豆板醤と塩胡椒で仕上げてパクチーと一緒にいただく。見た目も味も彩り良くお肉は餅々ジューシーで野菜はショキ々で旨ーい。最後は地鶏のささ身と菊菜のオイスターソース、スジを丁寧に取って塩胡椒とガーリックを振り掛けて焼き目をつけ、セロリ・菊菜と一緒に鶏ガラ・酒・味醂・オイスターソースと片栗粉で仕上げパクチーを添えていただく。オイスターソースのあんが良く絡んで蕩ける位美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴとバニラのアイスクリームにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、帆立てといくらの皇帝風サラダ
2、蕪とトマトのワンタンスープ
3、アスパラと生ハムの春巻きクリーム煮
4、餅豚の回鍋肉
5、地鶏のささ身と菊菜のオイスターソース
6、イチゴとバニラのアイスクリームにコーヒー

Img_50742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

男のご飯−786

今日はイタリアン。先ずは生ハムイチゴ、シンプルに生ハムで巻いてチャービルを飾りオリーブオイルとブラックペッパーだけでいただく。これから旬を迎えるイチゴは甘さ控えめで生ハムとの相性も良く美味しい。次は蕪のポタージュスープ、コンソメとブイヨンをミックスして煮詰めミキサーに掛けてたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。クリーミーで蕩ける位甘くて旨い。三品目は生ハムのミニピザ、餃子の皮にホールトマト・オニオン・マッシュルーム・ピーマンと一緒にたっぷりのモッツァレラチーズで焼いてパプリカとバジルを振り掛けていただく。チーズがコンガリ焼けしかもトロ々して具沢山で美味しい。四品目は太刀魚のムニエルとラムチョップのビネガソース、太刀魚は塩胡椒・ガーリックと片栗粉をまぶしてバターでソテーし、ラムは塩胡椒・ガーリックとローリエを振り掛けてソテーしてビネガーで仕上げ定番のカポナータ・ヒラタケ・アスパラ・長芋とベビーリーフを添え酢橘を搾っていただく。自家製でこそできるバターとビネガーのコラボは夫々の素材を引き立て甲乙つけがたく美味しーい。最後は鱈の白子とニョッキのゴルゴンゾーラソース、玉ねぎ・ガーリック・マッシュルーム・ヒラタケを白ワインとコンソメで仕上げたニュッキの上に塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶしてコンガリ焼いた白子にウニとイクラを乗せて生クリーム・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたゴルゴンソースをたっぷり掛けていただく。ニョキ々カリ々トロ々で贅沢極まり無い位旨ーい。今日の〆のデザートはイチゴにバニラとキャラメルのアイスクリームにコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムイチゴ
2、蕪のポタージュスープ
3、生ハムのミニピザ
4、太刀魚のムニエルとラムチョップのビネガソース
5、鱈の白子とニョッキのゴルゴンゾーラソース
6、イチゴにバニラとキャラメルのアイスクリームにコーヒー

Img_505612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

男のご飯−785

今日は創作日本料理。先ずは半熟卵といくらとアボガドの胡麻サラダ、ミツバ・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトと一緒に炒り胡麻をたっぷり掛けマヨドレでいただく。トロプチショキッとしてセサミンのパワーで旨い。次は白菜と餅豚の重ね鍋、一枚々白菜と餅豚を重ねてギュウ々に鍋に詰めミツバ・菊菜・大根・人参・椎茸・エノキ・ごぼう・白ネギ・豆腐と一緒に昆布だしで煮込みポン酢に酢橘をたっぷり搾っていただく。白菜もお肉もトロ々に煮えて酢橘が利いて熱々で美味しい。三品目はだし巻き、卵にだしを少なめに溶き一気に流し込んで半熟気味に丁寧に巻きミツバと一緒にいただく。シンプルイズベストで旨い。四品目は鯛骨の唐揚げピリ辛甘酢ソース、塩胡椒と片栗粉をまぶしてしっかり目に唐揚げ甘めの二杯酢に鷹の爪を加えたソースを掛けて刻みねぎと酢橘を搾っていただく。衣も骨もカリ々身はホク々で甘辛くて美味しーい。最後は焼き鳥のニュー麺、名古屋コーチンは塩胡椒とガーリックでコンガリ焼き鰹だしで仕上げた筍に絹さや・ミツバと一緒に炒り粉だしで仕上げただしで柚子を搾っていただく。鰹の利いた筍とジューシーな鶏に酢橘が良いあんばいでツルッと喉越しが良く旨ーい。今日の〆のデザートはイチゴヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、半熟卵といくらとアボガドの胡麻サラダ
2、白菜と餅豚の重ね鍋
3、だし巻き
4、鯛骨の唐揚げピリ辛甘酢ソース
5、焼き鳥のニュー面
6、イチゴヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_502812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

男のご飯−784

今日は創作中華料理。先ずは水餃子のトマトスープ、合挽きとキャベツの種を包んだ餃子に蕪・人参・椎茸・しめじとエノキを加え、鶏ガラ・酒・トマト・塩胡椒と一緒に煮込みパクチーをトッピングしていただく。トマトの酸味が良く染みてトロ々で旨い。次はサーモンといくらの親子の皇帝風サラダ、ベビーリーフ・大根・人参・白髪ネギ・キューリ・セロリと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。ほんまに親孝行で美味しい。三品目は麻婆茄子豆腐、白ネギ・ニンニクと鷹の爪で合挽きと茄子を炒めて豆腐を加え、鶏ガラ・酒・味醂・テンメンジャン・豆板醤・塩胡椒・胡麻油・花椒と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。唐辛子のピリットした中にテンメンジャンの甘さが相まって旨い。四品目は牡蠣と白菜のクリーム煮、塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶして軽く炒めて白菜と一緒に鶏ガラと酒でじっくり煮込み、たっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。牡蠣はプリン々で白菜はトロ々で蕩ける位美味しーい。最後は地鶏の回鍋肉、塩胡椒・ガーリック・五香粉を振り掛けてキャベツ・ピーマン・セロリと一一緒に炒め、鶏ガラ・酒・味醂・オイスターソースと塩胡椒で仕上げパクチーと一緒にいただく。キャベツもピーマンもショキ々で鶏とめない位旨ーい。今日の〆のデザートはフルーツミックスのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、水餃子のトマトスープ
2、サーモンといくらの親子の皇帝風サラダ
3、麻婆茄子豆腐
4、牡蠣と白菜のクリーム煮
5、地鶏の回鍋肉
6、フルーツミックスのヨーグルトソースのアイスクリームとコーヒー

Img_49592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

男のご飯−783

今日はイタリアン。先ずは生ハムイチゴ、大粒のイチゴを生ハムで巻いてアボガドとベビーリーフを盛りブラックペッパーだけでいただく。あまおう独有の甘さの中にほんの少しの酸っぱさが程よく生ハムとマッチして旨い。次はキャベツのクリームスープ、炒めた玉ねぎと一緒にコンソメで煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げパセリとブラックペッパーを振り掛けていただく。超クリーミーで温かくて美味しい。三品目は手羽先と茸のトマト煮、塩胡椒とガーリックを振り掛けて炒め玉ねぎ・マッシュルーム・しめじ・エノキ・人参・ピーマン・パプリカ・セロリを加え、ブイヨン・白ワイン・ホールトマト・塩胡椒・ガーリックにオレガノを利かせて煮込みパセリを飾っていただく。カポナータとは一味違いしっかりソースが染み込んで旨い。四品目は鱧のムニエル、塩胡椒・ガーリック・タイムと片栗粉をまぶしてバターでソテーし焼き人参・パプリカ・ピーマン・絹さやにトマトとベビーリーフを飾りレモンを搾っていただく。周りはカリッと香ばしく身はホク々で焼き野菜と良いあんばいにハモって美味しーい。最後は茸とパンチェッタのゴルゴンゾーラのスパゲティー、塩胡椒とガーリックで玉ねぎ・マッシュルーム・しめじ・エノキ・舞茸と一緒に炒め、白ワイン・コンソメ・パルミジャーノと生クリームで溶いたゴルゴンゾーラで仕上げパセリとパルミジャーノを振り掛けていただく。クリーミーなゴルゴンは旨ーいとしか言いようが無い。今日の〆のデザートはイチゴとキャラメルのアイスクリームとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムイチゴ
2、キャベツのクリームスープ
3、手羽先と茸のトマト煮
4、鱧のムニエル
5、茸とパンチェッタのゴルゴンゾーラのスパゲティー
6、イチゴとキャラメルのアイスクリームとカプチーノ

Img_491612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

男のご飯−782

今日は創作日本料理。先ずはアボガドと半熟卵のサラダ、ベビーリーフ・ミツバ・大根・人参・セロリ・キューリ・トマトにいくらをトッピングしてマヨドレでしただく。トロ々の黄身にプチ々のいくらの塩気が良いあんばいで野菜が旨い。次はロールキャベツの茸トマトソース煮、合挽き・キャベツと芯・ナツメグ・ガーリック・塩胡椒を練り込み湯がいたキャベツで包んで蒸し、だし・酒・味醂・醤油とホールトマトで椎茸・舞茸・しめじ・エノキと一緒に煮込んでいただく。蒸し煮する事でとても柔らかくトマトソースが良く染みて茸も美味しい。三品目は真鯛の骨焼き、三枚に下ろしたしっかり身のついた骨を塩だけで網焼きにしトマトとパセリを飾りたっぷりレモンを搾っていただく。昔はこれを捨てていたなんて信じられない位旨い。四品目は餅豚の白菜と生姜の炒め物、塩胡椒とガーリックを振り掛けて刻み生姜・だし・酒・味醂と醤油に漬け込み漬け汁ごと白菜と一緒に炒めパセリと一緒にいただく。薄目のだしが良いあんばいに染み込んで白菜もショキ々して生姜無い位美味しーい。最後は粕汁、炒り粉だし・酒・味醂で白味噌と粕を溶き大根・人参・しめじ・エノキ・舞茸・白ねぎ・ごぼう・絹さや・豆腐と一緒に煮込んでミツバをトッピングしていただく。具沢山でトロミ加減が良いあんばいで温かくて滅茶苦茶旨ーい。今日の〆のデザートはブルーベリーソースのアイスクリームとコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、アボガドと半熟卵のサラダ
2、ロールキャベツの茸トマトソース煮
3、真鯛の骨焼き
4、餅豚の白菜と生姜の炒め物
5、粕汁
6、ブルーベリーソースのアイスクリームとコーヒー

Img_489311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

男のご飯−781

今日はイタリアン。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、半熟れのアボガドを生ハムで巻いてレモンとイクラを乗せ、ベビーリーフを散らしブラックペッパーとオリーブオイルでいただく。アボガドの適度な歯応えにイクラと生ハムの塩気が良いあんばいで旨い。次は蕪のクリームスープ、コンソメでトロ々に煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。温かくてクリーミーで美味しい。三品目はベーコンと野菜のミニピザ、餃子の皮にピザソースを塗りオニオン・セロリ・ピーマン・茄子・トマトと一緒にたっぷりのチーズで焼きパプリカを振り掛けていただく。カリッとした生地と相まって蕩ける位具沢山で旨い。四品目はラムのミラノ風カツレツ、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けてチーズをパンパンに挟んでパセリとパン粉をしっかりつけて揚げ、蕪・キャベツ・人参・絹さや・ヤングコーンの蒸し野菜を添えてレモンを搾っていただく。蒸し野菜はオリーブオイルだけでとても甘くお肉は香草で風味良く蕩ける位美味しーい。最後は茸のトマトソースのニョッキ、玉ねぎとニンニクでマッシュルーム・しめじ・舞茸と一緒に炒めブイヨン・白ワイン・ホールトマト・パルミジャーノと塩胡椒で仕上げたたっぷりのソース絡めパセリとパルミジャーノを振り掛けていただく。トマトの酸味とチーズがマッチしてニョキ々して旨ーい。今日の〆のデザートはキャラメルのジェラートとカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、蕪のクリームスープ
3、ベーコンと野菜のミニピザ
4、ラムのミラノ風カツレツ
5、茸のトマトソースのニョッキ
6、キャラメルのジェラートとカプチーノ

Img_48332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »