« 男のご飯−733 | トップページ | 男のご飯−735 »

2010年9月25日 (土)

男のご飯−734

今日は創作中華料理。先ずは玉ねぎと生姜の卵スープ、鶏ガラスープで玉ねぎ・刻み生姜・椎茸と一緒にガーリックを利かせて煮込み卵を綴じてパクチーをトッピングしていただく。少し冷え込んだ朝晩には温まって生姜なく旨い。次は戻り鰹といくらの皇帝風サラダ、大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・白髪ネギとパクチーにミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。何時もながら笑ける位美味しい。三品目は海老チリ、剥き海老に塩胡椒とガーリックを振り掛け片栗粉と溶き卵をタップリつけてネギ・ニンニクと一緒に胡麻油で炒め、鶏ガラ・酒・味醂・花胡・ケチャップ・豆板醤・テンメンジャン・塩胡椒と片栗粉で仕上げ刻みネギをトッピングしていただく。ピリッとパンチが利いたソースがフワ々卵で包まれたプリ々の海老によく絡んで旨い。四品目は地鶏のアボガドとバナナの生春巻き、レタス・キューリ・白髪ネギ・パプリカとトマトを巻いて酢橘を搾りパクチーと一緒にテンメンジャンでいただく。アボガドもバナナもどちらも相性が良く美味しーい。最後はスペアリブの八宝菜、スペアリブは塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて炒めピーマン・パプリカ・人参・エリンギ・ヤングコーン・セロリ・鶉と海老を加え、鶏ガラ・酒・味醂・胡麻油・塩胡椒と片栗粉で仕上げレモンを搾ってパクチーと一緒にいただく。リブも野菜もボリュームタップリで食べ応えがあって旨ーい。今日の〆のデザートはバナナとバニラのアイスにコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、玉ねぎと生姜の卵スープ
2、戻り鰹といくらの皇帝風サラダ
3、海老チリ
4、地鶏のアボガドとバナナの生春巻き
5、スペアリブの八宝菜
6、バナナとバニラのアイスにコーヒー

Img_24682

|

« 男のご飯−733 | トップページ | 男のご飯−735 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−734:

« 男のご飯−733 | トップページ | 男のご飯−735 »