« 男のご飯−731 | トップページ | 男のご飯−733 »

2010年9月22日 (水)

男のご飯−732

今日はイタリアン。先ずは帆立てと生ハムとアボガドのカルパッチョ、帆立とアボガドを生ハムで巻いてイクラとレモンをトッピングし、ベビーリーフとアーリーレッドを飾ってレモン汁とブラックペッパーでいただく。生々しく新鮮で旨い。次はかぼちゃのポタージュ、コンソメで煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げブラックペッパーとパセリを振り掛けていただく。今年のかぼちゃはとても甘く蕩けるくらいクリーミーで美味しい。三品目は鱈の白子の焦しチーズ焼き、塩胡椒・ガーリック・タイムを振り掛けてソテーしてまぶしたチーズが蕩けて焦げるくらいに仕上げ、アスパラガス・かぼちゃ・人参・エリンギにレッドアジアンマスタードを添えレモンをたっぷり搾っていただく。フワ々に仕上がった白子とトロカリのチーズとの一体感が絶妙で旨ーい。四品目はサルティンボッカ、塩胡椒・ガーリック・ローリエを振り掛けてソテーし生ハムをグルグル巻きにして、パプリカ・茄子・人参・アーリーレッド・アスパラガスを添えレモンを搾っていただく。生ハムはソテーしない事で夫々のお肉の味と食感が同時に楽しめて美味しーい。最後はイカ墨のスパゲティー、玉ねぎとニンニクを炒めて香りだしイカと墨を加えコンソメ・ホールトマトで仕上げてフェデリーニに絡め、貝柱のフリットとイクラをタップリ乗せてレモンを搾りパルミジャーノを振り掛けていただく。ただ一言旨い。今日の〆のデザートは焼きバナナとマスカルポーネのアイスクリームにカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、帆立てと生ハムとアボガドのカルパッチョ
2、かぼちゃのポタージュ
3、鱈の白子の焦しチーズ焼き
4、サルティンボッカ
5、イカ墨のスパゲティー
6、焼きバナナとマスカルポーネのアイスクリームにカプチーノ

Img_240112

|

« 男のご飯−731 | トップページ | 男のご飯−733 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−732:

« 男のご飯−731 | トップページ | 男のご飯−733 »