« 男のご飯−724 | トップページ | 男のご飯−726 »

2010年9月11日 (土)

男のご飯−725

今日は創作日本料理。先ずはアボガドとツナと半熟卵のサラダ、ミツバ・大根・人参・キューリ・パプリカ・セロリ・長芋・オクラ・トマトに半熟卵を盛り炒り胡麻をたっぷり掛けマヨネーズでいただく。トロミと粘りが絶妙に相まって胡麻かしよう無く旨い。次はからす鰈の煮付け、軽く塩を振り鰹だし・酒・砂糖・醤油でじっくり煮込み味醂で照りをつけ豆腐とミツバを添え酢橘を搾っていただく。身分厚で脂乗り々で猛暑疲れには甘めが美味しい。三品目は手羽中と夏野菜のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックとタイムを振り掛けて炒めズッキーニ・ブロッコリー・三色パプリカ・ピーマン・玉ねぎ・しめじを加え、コンソメ・酒・味醂でじっくり煮込みたっぷりの生クリームとブラックペッパーで仕上げていただく。鶏も野菜もクリーミーに仕上がって具沢山で旨ーい。四品目はカレー風味のチーズカツ、餅豚に塩胡椒とガーリックを振り蕩けるチーズを挟んで溶き卵をつけカレー粉とパン粉をしっかりまぶして揚げ、ほうれん草のバターソテーとトマトを添えレモンを搾っていただく。衣はコンガリカレーが利いてチーズたっぷりのお肉はジューシーで蕩ける位美味しーい。最後は豆腐と京薄上げと長芋のお吸い物、炒り粉だし・酒・味醂とほんの少しの醤油で仕上げレモンを搾ってミツバをたっぷり入れていただく。レモンの酸味が良いあんばいに爽やかで仕上げにはさっぱりして旨い。今日の〆のデザートはフルーツヨーグルトソースのアイスクリーミとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、アボガドとツナと半熟卵のサラダ
2、からす鰈の煮付け
3、羽中と夏野菜のクリーム煮
4、カレー風味のチーズカツ
5、豆腐と京薄上げと長芋のお吸い物
6、フルーツヨーグルトソースのアイスクリーミとコーヒー

Img_21392

|

« 男のご飯−724 | トップページ | 男のご飯−726 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−725:

« 男のご飯−724 | トップページ | 男のご飯−726 »