« 男のご飯−715 | トップページ | 男のご飯−717 »

2010年9月 1日 (水)

男のご飯−716

今日は創作中華料理。先ずはサーモンといくらの皇帝風サラダ、ベビーリーフ・赤黄パプリカ・キューリと一緒にバラ盛りにしてミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。身も心もバラ色気分で美味しい。次はフカヒレスープの姿煮、鶏ガラスープにガーリックを利かせて酒と味醂でじっくり煮込んでパセリを振り掛けていただく。スープがフカヒレのゼラチンでトロ々して贅沢感いっぱいで旨い。三品目は焼豚と夏野菜のピクルス、餅豚に塩胡椒・ガーリックと五香粉を振り掛け脂をしっかり飛ばして炒め、二杯酢に漬けた焼き赤黄パプリカとキューりにブロッコリーとトマトを添えレモンを搾っていただく。餅豚とお酢の利いたピクルスとの一体感がバッチリ決まって色合いも良く美味しーい。四品目は真鯛のクリーム煮、塩胡椒・ガーリックと五香粉を振り掛けてほうれん草と一緒に炒め、鶏ガラとミルクにたっぷりの生クリームで仕上げレモンを搾っていただく。チンゲンサイとは一味違ってほうれん草も真鯛もクリーミーで旨ーい。最後は黒豚とカシューナッツのレタス巻き、塩胡椒とガーリックを振った豚バラのスライスに豚ブロックのサイコロ切りとカシューナッツを加えてオイスターソースで炒めレモンを搾ってレタスに包んでいただく。モチカリパリの三拍子が揃って美味しい。今日の〆のデザートはピオーネとマスカルポーネのアイスクリームにコーヒーで美味しい々中華でした。

1、サーモンといくらの皇帝風サラダ
2、フカヒレスープの姿煮
3、焼豚と夏野菜のピクルス
4、真鯛のクリーム煮
5、黒豚とカシューナッツのレタス巻き
6、ピオーネとマスカルポーネのアイスクリームにコーヒー

Img_180212

|

« 男のご飯−715 | トップページ | 男のご飯−717 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−716:

« 男のご飯−715 | トップページ | 男のご飯−717 »